肌がキレイになると人生が変わる!↓




VIO脱毛は痛い?費用やメリットデメリットを徹底解説!

女性の間でデリケートゾーンの脱毛(VIO脱毛)が流行っています。デリケートゾーンは通気性の悪い部位なので、毛の量を減らして蒸れやにおいを軽減させる目的で施術をする女性が多いようです。

VIO脱毛は痛いと噂ですが、どの程度の痛みなのでしょうか?今回の記事では、VIO脱毛の痛みやメリット・デメリット、費用のことまで徹底的に解説をしていきます。

VIO脱毛とは?

VIO脱毛はデリケートゾーンの脱毛です。毛の量や形は好きなものを選べます。元の形は残しつつ毛量だけ減らしていく「ナチュラルタイプ」と、全て脱毛してしまう「ハイジニーナ」の2つが特に人気です。

気になるのはVIO脱毛の痛みや回数ですよね。脱毛は「医療脱毛」と「エステ脱毛」の二種類があり、どちらで施術を受けるかによって痛みや回数は変わります。

痛み 回数
医療VIO脱毛 かなり痛い(麻酔可) 5~6回以上
(1年~1年半以上)
エステVIO脱毛 あまり痛くない 12~18回以上
(2年~2年半以上)

医療VIO脱毛はレーザーを使った脱毛になるため、かなり強い痛みを感じます。デリケートゾーンは毛が濃い部位なので、全身の中で一番痛みを感じやすいのです。ただしオプションで麻酔クリームの塗布をしてもらえるので、痛みをある程度軽減させることは可能です。

エステ脱毛はレーザーよりも出力の弱い「光」を使って脱毛をします。使用している脱毛機器にもよりますが、強い痛みを感じることはほとんどありません。出力が弱い分、脱毛が完了するまでの期間が長いのが難点です。

痛みを気にせず早く脱毛を終わらせたいのなら医療脱毛時間が掛かっても痛くない施術を望むのならエステ脱毛がおすすめです。

VIO脱毛に向いている人

  • デリケートゾーンの蒸れやにおいが気になる人
  • デリケートゾーンの毛量を減らしたい人
  • デリケートゾーンをツルツルにしてしまいたい人

VIO脱毛の目的はデリケートゾーンを清潔にするという部分が大きいのではないかと思います。そのため、デリケートゾーンの清潔感が気になる人に向いています。

VIO脱毛に向いていない人

  • 施術を受けるのが恥ずかしいと感じてしまう人

施術の担当者はもちろん女性ですが、脱毛をするためにはデリケートゾーンがどうしても露わになる瞬間があります。それが恥ずかしくて耐えられないという人にはあまり向かないかもしれません。

VIO脱毛のメリット

  • デリケートゾーンが清潔になる
  • 生理のときの不快感が激減する
  • 水着が着やすくなる
  • デリケートゾーンの黒ずみが薄くなる

VIO脱毛をするとデリケートゾーンが清潔になるのはもちろん、黒ずみが徐々に薄くなる効果もあります。カミソリで毛を剃っていると肌が傷ついて黒ずみが余計に濃くなってしまうのですが、脱毛をしてしまえばそういった心配もなくなります。

VIO脱毛のデメリット

  • 痛みを伴うことがある
  • 脱毛が終わるまで時間が掛かる

VIO脱毛のデメリットとしては、医療脱毛の場合は強い痛みを感じることや、脱毛が完了するまで最低1年以上の時間が掛かるということが挙げられます。

VIO脱毛の施術手順

VIO脱毛は、医療機関かエステのどちらかで施術を受けることになります。エステの場合でしたら初回お試しプランで通常よりも安くVIO脱毛が試せるので、ぜひ一度やってみてください。

VIO脱毛の施術手順について解説をしていきます。

①着替える

VIO脱毛の場合、ボトムスとショーツを脱いでクリニック指定の紙パンツに履き替えます。トップスやブラジャーはそのままでOKです。

履き替えた後はタオル地のガウンを身にまとい、施術が始まるのを待ちます。

②脱毛前の準備

脱毛前の準備として、マーキングと剃り残しがないかの確認が行われます。剃り残しがあったときの対応として、剃毛をしてくれるクリニックとしてもらえないクリニックがあります。

OラインやIラインなどは自分では剃りにくい部位なので、剃毛を手伝ってもらえるクリニックの方がおすすめです。

マーキングと剃り残しの確認が終わったら麻酔クリームの塗布(希望者のみ)が行われます。エステの場合は麻酔クリームは使用できないため、保冷剤などで照射部位を冷やして痛みを感じにくくするための処置が行われます。

③脱毛機器の照射

準備が整ったら専用の脱毛機器による照射が始まります。照射中はタオルやサングラスなどで目元が保護されます。

Vライン、Iライン、Oラインと順番に照射が行われていきます。OラインやIラインは特に痛みを感じやすい部位です。医療脱毛で麻酔なしの場合はかなり強い痛みを覚悟しておいた方がいいかもしれません。

④脱毛後の過ごし方

脱毛後はデリケートゾーンに赤みが出る可能性がありますが、痛みが残ることはほとんどありません。医療脱毛の場合は赤みを抑えるための薬を処方してもらえます。

シャワーはOKですが、当日の入浴は基本的に禁止です。脱毛後の過ごし方はクリニックの指示に従いましょう。

VIO脱毛の費用感

医療脱毛(5回) 100,000円~150,000円
エステ脱毛(12回) 120,000円~130,000円

VIO脱毛の費用はクリニックやエステによって異なります。1回ずつ料金を支払うよりは、コースで申し込んだ方がお得です。

ハイジニーナにする場合は更に通う回数が増えるため、1.5倍~2倍程度の費用が掛かります。

まとめ

VIO脱毛はメリットの大きい施術です。デリケートゾーンの清潔感というのは女性の悩みの種の一つでもありますが、脱毛をすることでその悩みはかなり軽減されるのではないかと思います。

いきなりコース契約をするのが不安な人は、試しに1回だけ受けてみたりエステ脱毛のお試しコースをぜひ利用してみてください。

肌がキレイになると人生が変わる!↓
iOSアプリダウンロードはこちらから↓