トリートメントは週に何回?あなたにあった頻度を紹介!

「トリートメントをする頻度を知っていますか?」と聞かれたら悩んでしまいませんか?この記事では、どんな方法でケアしていけばいいのか、なぜトリートメントの頻度は曖昧なのか解説します。

記事内容参考にし、あなたのヘアスタイルや髪のダメージに合わせ、トリートメントでケアしてみてください。サラサラした魅力的な髪質を目指しましょう!

なぜトリートメントをする頻度は曖昧なの?

なぜトリートメントをする頻度が曖昧なのかというと、人によって髪質や髪のダメージが異なるからです。髪を染めている方や、ヘアアイロンなどでダメージを受けている方など様々です。

もっともベストな方法としては、あなたが普段行っている美容院のプロにしっかりと髪の状態を見てもらい、どのくらいの頻度でトリートメントすれば良いのか聞きましょう。

ネット上の情報を見ると「週に1〜2回が目安です!」と書いてあったり、「毎日やるのがオススメですよ!」と書かれていたりしますが、結論それは間違いです。

ネットで書かれている情報は、あなたの髪質をしっかりと見て、正しい情報を提供しているわけではないので、あまり信じないようにしましょう。

そもそもトリートメントの役割は?

あなたは、トリートメントをすることのメリットをご存知でしょうか?トリートメントをすることで髪の毛が得られる効果は、主に2つあるので紹介します。

1.髪の毛の内側に栄養成分を浸透させる

2.髪の毛のダメージを補修する

上記で紹介した2つの効果が、トリートメントをするメリットです。しかし、正しいやり方でトリートメントをしないと、髪の毛に悪影響を及ぼすことに繋がります。

トリートメントをする際のケア方法

ここでは、トリートメントをする際のケア方法についてご紹介します。日々のヘアケアの参考にし、サラサラな髪質を目指しましょう!トリートメントをする際のポイントは3つあります。

1.少量ずつ使う

2.頭皮につかないようにする

3.髪の毛が長い方はコームを使うのがオススメ

上記の3つのポイントです。ひとつずつ解説していきます。

初めに「少量ずつ使う」ことですが、トリートメントをつけ過ぎてしまうと髪の毛がベタつきやすくなります。ですがトリートメントの種類によっては、時間を置いた方が効果的な物と、すぐに洗い流したほうが良い物があるので気をつけましょう。

次に「頭皮につかないようにする」ことですが、頭皮にトリートメントがついてしまうと、毛穴が詰まる原因になります。するとニキビや抜け毛の原因に繋がり、最悪の場合頭皮が炎症を起こします

なので、トリートメントをつける際のイメージとしては、生えている髪の毛の半分から毛先までを目安にするのがオススメです!

最後に「髪の毛が長い方はコームを使うのがオススメ」ということですが、面倒な方は手ぐしでも大丈夫です。コームを使用してトリートメントをすることで、髪の毛一本いっぽんに綺麗に馴染んでくれます。

そうすることでサラサラとした仕上がりになり、ケア後には髪の毛が守られている状態になっています。

短髪の髪型の人はどうすれば良い?

短髪の髪型の方のケア方法としては、結論髪の毛を揉んでいくだけで大丈夫です。最近は、女性の方でもツーブロックをされている方が多いので、とにかく頭皮に付かないように揉むようにして馴染ませましょう。

この方法でトリートメントするだけでも、かなりの効果を実感できるので、ぜひ試してみてください。

筆者オススメのトリートメント&頻度

ここでは、筆者オススメのトリートメントを2つ紹介します。あなた現在抱えているの髪のトラブルを、解決してくれそうな商品を探してみてください。

①ヘアカラーやパーマで傷んだ髪には「Diane」

1つ目は「Diane」です。11種類以上ものオーガニックオイルを配合しており、髪の毛のダメージ部分にすぐ吸着して、あなたの髪の毛を守ってくれます。また、アミノ酸不足の髪内部に潤いを与え、健康的な髪にさせます。

カラーやパーマをしていない方は、週に1回の目安がオススメ。しかしカラーやパーマをされている方は、週に3回を目安にしましょう!

フローラル&ベリーの香りでリラックスすることもできるので、1日の終わりに使うのがオススメ!ぜひチェックしてみてください。

②髪の広がりが気になる方にオススメの「LUX」

2つ目は「LUX」です。髪のダメージによって、広がってしまいやすい方にオススメのトリートメントです。Diane同様、ヘアカラーやパーマで傷んでしまった髪にも良いので、オススメの商品です。

髪の毛が広がってしまう時点で、髪の毛はかなり傷んでいます。カラーやパーマをしていない方は週に2回、カラーやパーマをされている方は週4回ほどがオススメ!

毛髪補修成分のアルギニンや、リシンHCl配合などが多く配合されているので、ダメージ部分に集中的にアプローチできます。ヘアアイロンなどをよく使う方にオススメです。ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

この記事では、なぜトリートメントをする頻度は曖昧なのかや、正しいトリートメントのケア方法を紹介しました。トリートメントの知識を深めていただけたのではないでしょうか?

また筆者オススメのトリートメントを紹介した中で、気になるトリートメントを見つけることができましたか?2つとも評価の高い商品なので、ぜひ購入する際の参考にしてください。

最後まで読み進めていただき、ありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

スキンケアやコスメアイテムが大好きな美容ライター。 男性目線で執筆する記事だからこそ、女性が知りたい情報をご提供いたします。いつまでも美しくいたいと願う女性の皆さんに、少しでもお力添えできると嬉しいです!