肌がキレイになると人生が変わる!↓




新宿で多汗症治療ならココ!おすすめクリニック4院を紹介

大量の汗が出てしまう多汗症。服の汗染みや見た目が恥ずかしかったり、滴る汗が気になって仕事や勉強に集中できないなど、時に日常生活に支障をきたすこともあります。さらには、気にするあまりうつになってしまったり、人間関係が悪化してしまったということも少なくありません。

そんなお悩みを抱えているなら、専門医のいるクリニックで相談してみるのがおすすめです。お悩みや生活スタイルに合わせた治療が受けられ、保険適用の治療もあります。

今回は、多汗症の基本的な治療法と、新宿にある多汗症の治療で人気のおすすめクリニック4選をご紹介します。多汗症でお悩みの方はぜひ参考にしてくださいね。

サムネイル:池袋フェミークリニック公式リンク

多汗症とは

引用元:ヴェリタス静岡曲金クリニック公式リンク

過剰に汗をかく病気を多汗症と言います。多汗症には全身の汗が増える「全身性多汗症」と体の一部の汗が増える「局所性多汗症」があって、局所性多汗症では、手のひら・足の裏・脇・顔など汗腺が密集している場所に汗をかきやすいです。

また、全身性多汗症にも局所性多汗症にも、他の病気が原因で過剰な発汗を起こす場合と特に原因がないのに過剰な発汗を起こす場合があります。

多汗症は、10代~30代と若い世代層に比較的多くみられます。原因不明な多汗状態が6カ月以上続いた場合、以下の6項目のうちの2項目以上当てはまるものがあれば、多汗症と診断されます。

・最初の発症年齢が25歳以下

・左右対称に汗をかく

・睡眠中は発汗しない

・週に1回以上多汗の症状が出る

・家族にも多汗の人がいる

・過剰発汗の症状によって日常生活に支障をきたしている

ただし、これはあくまでも診断基準であって、自分が不快だと感じればそれは十分治療対になります。

多汗症の原因

多汗症は、他の病気が原因で起こる場合があり、主な原因として考えられるものには、甲状腺亢進症・感染症・褐色細胞腫・悪性腫瘍・低血糖・更年期障害・薬剤や薬物によるものなどが挙げられます。この場合には、元となる病気を治療すると治まることが多いです。

しかし多汗症には、特に病気がないのに過剰な発汗を起こすものもあって、原因ははっきりとは解明されていないのですが、発汗を促す交感神経が人よりも興奮しやすいのではないかと考えられています。また、家族内発症のケースも多く、遺伝性もあると考えられています。

多汗症の症状

通常汗をかかないような状況でも大量の汗をかき、それは日常生活に支障をきたすほどです。症状が重い場合には滴り落ちるほどの量や、手足に水ぶくれができたり、皮がむけやすくなったり、濡れた指先が冷たくなったり、足や脇などでは異臭がしたりします。

また日常生活の中でも、多汗症の症状のために仕事や勉強に悪影響を及ぼしたり、見た目を気にするあまり対人関係に支障をきたしたりすることもあります。精神的ストレスがあまりにも大きい場合は、うつ病などの精神疾患を発症することもあります。

多汗症の治療

引用元:大阪梅田フェミークリニック公式リンク

病気が原因の場合には、まずは基礎疾患の治療を優先します。原因不明の多汗症の治療には、手のひら・足の裏・脇・頭部と顔に対しての治療ガイドラインが定められています。

手のひら・足の裏

手のひらと足の裏には、まず第一選択として、外用薬塩化アルミニウムの塗布か水の入った容器の中に手足を浸して微弱の電流を流す治療法イオントフォレーシスを行います。効果の持続時間が数日~数週間と短めなため、継続して治療する必要があります。

外用薬またはイオントフォレーシスで効果がない場合には、第二選択としてA型ボツリヌスト毒素の注射を行います。効果は6ヶ月ほど持続しますが、保険適用外となっているため自己負担となり費用がかかります。

これらの治療法では効果が出ない重症例では、手のひらの多汗症にのみ内視鏡で胸部の交感神経を遮断する手術を選択することもできます。ただし、副作用として背部や代替部など発汗が増える代償性発汗が高率で起こるとされています。

脇の多汗症では、まず塩化アルミニウム外用薬を用いて、効果がないが場合にはボツリヌスト毒素の注射を行います。脇のボツリヌスト毒素注射は2012年に保険適応となりました。

頭部・顔

頭部・顔では、まずは塩化アルミニウム外用薬または抗コリン薬などの内服治療を行い、効果がなければボツリヌスト毒素注射を行います。

最近では、切らずに短時間で行えてダウンタイムもほぼないレーザー治療や、半永久的に効果のある汗腺を取り除く手術など新しい治療法もあり、症状や生活スタイルに合わせた治療法の選択肢も増えてきました。

ただし、高い効果を謳って高額の費用を取るところもありますので、クリニック選びには十分に注意しましょう。

新宿で多汗症治療のできるおすすめクリニック4選

1.しらゆりビューティークリニック

しらゆりビューティークリニックは、新宿で開業15年以上の実績のあるクリニックです。夜も賑わう新宿にあってか、夜間祝日診療をしているのも、時間を気にせず予約をとれるのでうれしいですね。

多汗症治療では、ボツリヌスト菌・ボトックス®の注入治療を行っています。注射器での注入に加え、針を使わないでボツリヌストキ菌を注入するメドジェット療法もあります。メドジェットは痛みがほとんどなく、薬剤を患部に均一に注入出来るので、より高い効果を得られます。

原発性腋窩多汗症(脇汗)に対してのボトックス注射は、保険適用が可能です。脇意外の部位(手のひら・足の裏など)も、自由診療ですが治療可能です。

■価格

【多汗症 脇ボツリヌスト菌・ボトックスⓇ注入】

通常価格(税別) SBM価格(税別)
リジェノックス(両脇 麻酔クリーム付き) 105,000円 84,000円
ゼオミン(両脇 麻酔クリーム付き) 105,000円 84,000円
アラガン(両脇 麻酔クリーム付き) 105,000円 84,000円

【多汗症 脇メドジェットによる注入】

通常価格(税別) SBM価格
メドジェット使用1回 10,000円

※SBM価格についてはこちらをご参照ください→SBM価格について

■アクセス

住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿二丁目11-14(東京メトロ丸の内線「新宿三丁目駅」より徒歩3分 /JR新宿駅より徒歩10分)

電話番号:予約専用ダイヤル:03-5361-6855/クリニック直通:03-5361-6851(電話受付時間:11:00〜24:00)

完全予約制

診療科目:美肌治療・形成外科・頭蓋顎顔面外科・体表四肢外科

診療時間:11:00~26:00(翌朝2:00)/保険診療 平日13:00~18:00 ※担当医師のスケジュールで診察時間が異なります。詳しくはHPでご確認ください。

休診日:無休

クリニック公式HP:しらゆりビューティークリニック公式リンク

2.新宿マリアクリニック

マリアクリニックでは、患者様お一人おひとりにじっくり向き合うことを大切にしていて、治療前のカウンセリングに特に力を入れています。カウンセリングは無料で時間制限なし。納得のいくまでじっくり話を聞いてくれます。

マリアクリニックでは、数ある美容医療施術の中で「多汗症・ワキガ」治療に特に力を入れていて、多汗症治療・ワキガ手術の経験豊富な医師が、ご要望やライフスタイルに沿った最適な治療法を提案してくれます。

特に、皮膚を切らず多汗症・ワキガ治療を行える「ミラドライ」は、傷跡が残らない・ダウンタイムが短い・効果をすぐに実感できる・治療効果は半永久的といった、さまざまなメリットのある嬉しい治療法です。術後には無料で定期検診を行ってくれるのも安心ポイントですね。

■価格(税別)

【多汗症・ワキガ ミラドライによる治療】

通常プラン 両脇1回 300,000円
保証付きプラン 両脇1回+1回保証 400,000円

※診察料・アフターケアの薬代等治療に必要な費用全て込み

ミラドライ治療では症例研究のためモニターを募集。料金はモニター割引価格となります。詳細はお問い合わせください。

【多汗症 ボトックス注入】

両脇 70,000円

■アクセス

住所:東京都新宿区新宿2-12-4 アコード新宿8F(東京メトロ 丸の内線 副都心線 都営新宿線 新宿三丁目駅より徒歩1分/JR線 新宿駅 東口より徒歩8分)

電話番号:0120-51-1929

完全予約制

診療科目:美容皮膚科

診療時間:月・火・木・金・土・日・祝 10:00~19:00

休診日:水

クリニック公式:新宿マリアクリニック公式リンク

3.城本クリニック新宿院

城本クリニックは、全国に25院あり、開業30年の実績を持つ日本最大手の美容クリニックです。在籍するすべての医師と看護師は医療従事者としての資格を持ち、安全性や効果を十分に確認した医療材料・医療機器のみを使用して、各分野専門の医師が治療にあたってくれます。

多汗症治療では、皮膚の下にあるアポクリン汗腺、皮脂腺、エクリン汗腺を一つずつ確認しながら取り除く直視下摘除法と、ボトックス注入法を行っています。直視下摘除法は、臭い・汗ともに改善できて、再発の可能性は極めて低く、おまけに永久脱毛効果もあるという、改善効果がとても高いと言われる方法です。メスを入れるのが怖いという方には、簡単・お手軽で安全なボトックス注入がおすすめです。

城本クリニックでは、無料カウンセリングを行っていますので、気になる方は、まずは相談をしてみましょう。

■価格

【多汗症 ボトックス注射】

ボトックス注射 ライト 29,800円
ボトックス注射 レギュラー 58,000円

【多汗症・ワキガ 直視下摘除法】

女性 240,000円
男性 300,000円

■アクセス

住所:〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-4-2 141ビル6F(JR・京王線・小田急線 新宿駅西口より徒歩2分)

電話番号:03-5909-5380

完全予約制

診療科目:美容外科・美容整形

診療時間:10:00~19:00

休診日:無休(土・日・祝日も診療)

クリニック公式HP:城本クリニック新宿院公式サイト

4.ガーデンクリニック新宿院

ガーデンクリニックは、日本美容外科医師会の適正医院に認定されていて、日本形成外科学会専門医、日本外科学会専門医、日本レーザー医学会会員、日本泌尿器科学会専門医等、さまざまな科の専門医・認定医が多数在籍しているスペシャリスト集団のクリニックです。

ガーデンクリニックの多汗症治療では、ワキガ・多汗症治療専用機器ビューホットによる切らない治療をはじめ、ボトックス療法、手術療法など、症状やお悩みに応じた治療方法が選択できます。

■価格

【多汗症・ワキガ ビューホット】

通常料金 モニター価格
ビューホット (麻酔・処置代込み)

切らないワキガ・多汗症治療法

350,000円 300,000円

※ビューホットは、ニオイや汗の元となる汗腺だけを効率的に破壊するワキガ・多汗症治療専用の機器です。

【多汗症 ボトックス注入】

通常料金 モニター価格
8㎝×4㎝ (REGENOX) 40,000円 25,000円
8㎝×4㎝ (Allergan) 70,000円 60,000円

【多汗症・ワキガ トリートメント法】

通常料金 モニター価格
コンプリートトリートメント法

直視摘除法で汗腺を直接取り除く方法

700,000円
ダブルトリートメント法

脇に小さな穴を開け、吸引管(カニューレ)を使って汗腺を取り除く方法※中等症状の方向け

400,000円

※施術法については、公式HP「ワキガ・多汗症」のページに詳しく記載してありますのでご確認ください

 

■アクセス

住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿3-33-10 新宿モリエールビル5F(新宿駅南口より徒歩5分)

電話番号:0800‐813‐9290

完全予約制

診療科目:美容外科・歯科

診療時間:10:00〜19:00

休診日:年中無休

クリニック公式HP:ガーデンクリニック新宿院

まとめ

汗をかくことは体温を下げるための自然現象ですが、多汗症では汗が出る状況ではない時にも汗が出て、さまざまなことに支障をきたしてしまいます。しかし、多汗症はデリケートな悩みなのでクリニックに行くことをためらう人も多いです。

今回は、「多汗症に特化した専門医がいる」「時間をかけてカウンセリングをしてくれる」「痛みやダウンタイムがほぼない治療ができる」など、多汗症治療を得意としていて、特におすすめのクリニックを厳選して紹介しました。多汗症でお悩みの方は、ご自分に合ったクリニックを見つけて多汗症のお悩みとさよならしてくださいね。

肌がキレイになると人生が変わる!↓
iOSアプリダウンロードはこちらから↓

ABOUTこの記事をかいた人

美容に関することが大好きで、メイクやスキンケアといった外から美しくなる事ももちろん、中からも綺麗になれることを心がけています。薬膳マイスターの資格を持っており、メイクやファションでより美しくなるための綺麗なお身体を作ることにも取り組んでいます。 これからも女性が美しくなれるあらゆる知識を広げながら、読者の皆様に楽しく興味を持って読んでもらえる記事をたくさん書いていきたいと思っています。 どうぞよろしくお願いいたします!