コンプレックス解消!パーツごとにできる脂肪溶解注射で小顔治療

今美容好きの方に人気の脂肪溶解注射。昔に比べて手軽に美容クリニックでできるようになりました。脂肪溶解注射って痛いの?顔に打ちたいけど術後が心配。など、不安に思う方も多いのではないでしょうか。そこで、脂肪溶解注射にまつわる情報をまとめてみました。

脂肪溶解注射ってなに?

顔や体の皮下脂肪に薬剤を注入し、脂肪細胞を破壊して溶解する仕組みです。別名メソセラピーと呼ばれ、痩身治療の一種です。運動や食事制限などのダイエットをしても、中々落ちない顎下の脂肪やたるんだ頬などに脂肪溶解注射をするだけで小顔効果があります。

脂肪溶解注射のメリット

・ダウンタイムが少ない

・顔に脂肪溶解注射をしても、当日からバレずに外出ができる

・顔のパーツごとに治療ができる

・リバウンドの心配が少ない

・体への負担が少ない

手術などの大掛かりな治療になってしまうと、会社を休んだり予定を変更したり、すぐ治療をすることは難しいですが、脂肪溶解注射はダウンタイムが少なく嬉しいメリットが多いのが特徴です。特にパーツごとに痩身治療を受けることができるので、気になる部分をピンポイントで治療をすることができます。

脂肪溶解注射の成分って安全?

体内に入っても副作用が極力ない成分を使って脂肪を溶解します。

フォスファチジルコリン(PPC)

脂肪溶解注射の主成分となることが多く、大豆から抽出されるアミノ酸の一種であるレシチンと呼ばれる成分です。水に親しみにくいコレステロールや脂肪酸と一緒になることで溶けやすくなるという役割があります。体の不必要な物質を排泄する役目もあり、脂肪を溶解して体の外へ出す働きを担っています。

デオキシコール酸 (DOC)

人の胆汁に含まれる胆汁酸の一種で、脂肪部位に注入すると脂肪の細胞膜を破壊する成分と言われています。脂肪溶解効果があるとされ、アメリカのFDA(米国食品医薬品局)から認可がおりている医薬成分です。

※個人差はありますが、PPCとDOCは吸収の関係で、多少の腫れや炎症などのダウンタイムがあります。

植物抽出成分などの脂肪溶解薬剤

顔の注射に使われることが多く、PPCやDOCよりも炎症が少ないとされています。1週間おきに注入ができ、腫れなどの副作用も比較的少ないのが特徴です。

現在美容クリニックで導入の多いBNLS(BN リポスカルプティング注射)は、植物由来のメディカルハーブを中心とした有効成分によって、ダウンタイムが少なく3日ほどで効果も実感できると人気の薬剤です。リピートする方も多く、韓国のDr.YOON先生によって開発されたPPCやDOCを含まない脂肪溶解注射です。

顔の部分痩せができる脂肪溶解注射の人気パーツ

ふっくらした頬の引き締めに

ダイエットをしても中々頬のお肉が取れないという方におすすめです。痩せにくい頬に定期的に脂肪溶解注射を行うと、ほうれい線などもすっきりして横顔もキレイでシャープな印象を与えることができます。もちろんやればやるほど脂肪細胞が減少するため、やり過ぎてしまうと顔がこけたように見えてしまいますので、ドクターに相談してキレイなフェイスラインを手に入れましょう。

鼻筋(団子鼻)をシャープに

だんご鼻やもったりしている鼻先に脂肪溶解注射をすると、鼻筋がすっきりして鼻先も小さくすることができます。意外と鼻をコンプレックスに思っている方は多く、整形までするのはちょっと怖い。という方にはおすすめの治療です。

二重顎やフェイスラインなどのたるみ

加齢によってたるんだ厚みのある皮膚をすっきりさせたいという方におすすめ。たるみが気になる方は数回に分けて受けると腫れなどのダウンタイムが少なく小顔治療をすることができます。

まぶたの厚み

お顔の中でも目立つ腫れぼったい頑固な瞼の厚みは、ダイエットなどをしても中々すぐに改善できるものではありません。目元は二重治療をしても大きく腫れたりダウンタイムがあることが多いです。脂肪溶解注射で瞼の厚みを軽減できるので、部分ごとの痩身治療でも人気のパーツ部位です。

脂肪溶解注射の術後ケア

マッサージ

脂肪溶解注射のケアとして、マッサージをすることが有効とされています。血行促進効果と脂肪細胞の分解を早め排出を促し、より脂肪溶解注射をした効果が上がります。腫れや痛みが出ている場合は落ち着いてからゆっくりマッサージをすることをおすすめします。

美容点滴やサプリメントの服用

脂肪の排出を促進するために、点滴やサプリメントを服用すると効果が出やすいです。漢方なども体に負担が少ないので、術後ケアとして内側からのケアもしていきましょう。

適度な運動と食事

脂肪溶解注射後はリバウンドは少ないですが、日頃から食べすぎてしまう方は要注意です。しっかり体を動かすことで血行促進にも繋がり、代謝が上がり脂肪細胞も効率よく排出されます。脂肪溶解注射をした後も規則正しい生活を心がけましょう!

おわりに

脂肪がある場所ならどこでもできる脂肪溶解注射。お顔の表情筋を鍛える事で浮腫みや脂肪のたるみを改善することができる一方、発達しすぎるとエラが張ってしまい逆効果になってしまうこともあります。脂肪溶解注射は副作用なく即効性があり、手軽にできるので、お近くの美容クリニックへぜひ一度相談してみて下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

アパレル販売員を経験し、コスメやメイク、スキンケアなどをより詳しく学びたいと思い、下記資格を取得。 ・日本化粧品検定1級、2級 ・コスメコンシェルジュ 美容医療に携わり、美容の知識をつけるため、現在も化粧品の成分やメイク、コスメなどを勉強中です。 美容は「継続は力なり」ということわざがあるように、努力を惜しまず続ければ、誰でも必ず結果として現れます。 私は「美容は楽しんでやる」をモットーに、毎日のスキンケアもメイクも楽しんで行うように心がけています。 女性はいつまで経っても若々しく綺麗でいたいものです。 美容の知識をたくさんつけ、皆さんへより良い情報を届けられるよう、たくさん発信していきます。