デパコスのおすすめシェーディング5選!気になる色や仕上がりは?

引用:https://www.instagram.com/p/B_o0VLYg3nQ/?utm_source=ig_web_copy_link

もっと顔を立体的に見せたい!小顔に見せたい!という時に使えるシェーディングですが、その種類の多さやカラー選びに悩んでしまうという方も多いのではないでしょうか?今回はデパコスの中でもおすすめのシェーディングをご紹介していきます!質感や色の出方も合わせてチェックしていきましょう!

シェーディングとは?

顔に影を作ることで立体感を与えたり、小顔に見せたりすることができるシェーディング。主に輪郭やおでこ、頬、鼻筋に自分の肌よりトーンの暗い色で影を入れることでその効果を発揮します。今回はクリームタイプ、パウダータイプ、スティックタイプのおすすめのデパコスシェーディングをご紹介していきます!

この3種類のシェーディングの特徴は、落ちにくくポイントで入れやすいがクリームタイプぼかしがききやすいので初めての方でも使いやすいのがパウダータイプ細かいところにもシェーディングを入れられるのがスティックタイプです。種類によって仕上がりの特徴も異なるので、お好みの仕上がりも視野に入れながら自分に合ったものを選ぶのがおすすめです!

おすすめのデパコスシェーディング

①スリー シマリング グロー デュオ 02

スリーのシマリンググローデュオは、クリームのテクスチャーが肌にのせた途端パウダーに変わる不思議なシェーディングです。02番ピンクブラウンは血色感のある肌馴染みのいい色味で、パール感が強くないので自然な艶肌に仕上がりになります。頬や顔の輪郭に沿って塗り、ぼかして使うことで小顔効果もバッチリです!

シェーディングとハイライトが一つになっているので、両方を使って顔に立体感を与えられるのが特徴です。シェーディング部分のカラーはヌーディーなメイクをするときのチークとしても使うことができます!

②ナーズ ブロンズパウダー

ナーズのブロンズパウダーは微細な粒子が肌に密着し、ゴールデンシマーが上品な仕上がりにしてくれます。色は2色展開で、ナチュラルな陰影をつけることができる5172番は黄色みのあるブラウン5173番はより色が濃くはっきりと陰影をつけることができる少し赤みの入ったディープブラウンとなっています。

2020年4月にはパッケージがリニューアルされ、マットな質感のものも登場しました。マットタイプはオリジナルのものよりも自然な仕上がりで肌に陰影をつけることができます。

③クリニーク パウダー ポップ フラワー ブロンザー

2020年5月に発売されたばかりのクリニークのパウダータイプのシェーディングです。パウダータイプですが、粉っぽくなることなく細かいパールがほんのり艶感を出してくれます。一見かなり濃いめのブラウンですが、実際にブラシで肌にのせてみるとふんわりとしたブラウンの自然な発色で顔に立体感が出ます!

透明なケース越しに咲き乱れるガーベラの模様がとても可愛いですよね!手のひらくらいの大きめなサイズなので、長く愛用できそうなシェーディングです。

④ルナソル コントゥアリングスティック

ルナソルのスティックタイプのシェーディングは、仕上がりも乾燥しないしっとりとしたテクスチャーとなっています。影を入れたいところに線を引いて指でぼかすことで、簡単に肌に馴染んでいきます。肌から浮かないナチュラルなカラーなので自然な影が出来ると人気の商品です!

角度をつけることで細かいところにも入れやすいので、これ1本で頬や輪郭、鼻のシェーディングまでできます!オイルが入っているためパウダーで仕上げると1日のメイク持ちがよくなりそうです。

⑤ナーズ ベルベットマット ファンデーションスティック

ナーズのスティックタイプのファンデーションは、色展開が豊富でシェーディングとして活躍できる色味があります。日本で発売されている中で1番濃い6551番の色味はゴールデンベースの肌の方に合わせて作られたファンデーションで、シェーディングとして使用すると自然な陰影をつけることができます。後ろについているスポンジを使って肌に馴染ませることもできます。

直接塗ると色付きが濃いと感じることもあるので、スティックから別のスポンジにとって顔周りに馴染ませると簡単に影を作ることができます。クリーミーなテクスチャーですが、肌に馴染ませていくとマットな仕上がりとなります。

おわりに

今回はおすすめのデパコスシェーディングをご紹介しました!シェーディングの種類は様々ですが仕上がりの質感を意識しつつ、初めての方はパウダータイプ、落ちにくいものをという方はクリームタイプ、ピンポイントでシェーディングを入れたい方はスティックタイプがおすすめです。カラーは自然な仕上がりがお好みの場合は比較的明るめのトーンを、はっきりと立体感を出したいという場合は濃いトーンの色味を選ぶといいでしょう。

デパコスのシェーディングは粒子の細かいものや細かなパールが入っていたりと、やはりプチプラから一線を画すリッチで上品な仕上がりになります!皆様のお気に入りのシェーディングが見つかりますように!