セルフで簡単に垢抜け眉に!眉毛の脱色で人気のクリーム比較

眉毛は顔の印象がガラッと変わるパーツの一つです。毛の色が明るめの眉毛だと柔らかい雰囲気や垢抜けた印象になるので、脱色したいという方も多いかと思います。今回はセルフで眉毛を脱色する際に、おすすめのクリームを比較してみました!やり方と注意事項もまとめてみましたので、これから脱色を考えている方は是非参考にしてみてくださいね♪

簡単垢抜け眉!眉毛脱色のメリットとは?

眉毛の脱色をする事でどういうメリットがあるのかを紹介していきます。

・髪よりワントーン明るいと一気に垢抜け顔に!

眉毛の色が髪の毛よりワントーン明るいだけで一気に垢抜けた印象になります。柔らかいナチュラルメイクもしやすくなるので雰囲気を変えたい方は是非挑戦してみてくださいね♪

・アイブロウメイクがしやすくなる

眉毛が黒い方や剛毛の方はアイブロウペンシルやアイブロウパウダーを明るめのもので書いても、書いた部分だけが浮いてしまいます。その時に、眉毛自体が明るいと馴染みもよくなりアイブロウメイクもしやすくなります。眉の濃淡もつけやすくなるので立体的にみえるメイクもでき小顔に見える効果も!

・眉マスカラの色が発色しやすくなる

黒々した眉毛だと眉マスカラが発色しにくいことがあります。綺麗な発色を目指すなら脱色している眉がおすすめです!

市販で買える眉毛脱色におすすめの脱色剤

①眉毛用脱色剤『ジョレンクリームブリーチ』

創業80年の歴史あるアメリカ発の眉毛専用脱色剤です。こっくりとしたクリームで液だれしにくく初めてセルフ脱色を行う方も使用しやすいブリーチ剤です。クリームにアロエが配合されていて肌への刺激が少ないので敏感肌さんにも!

②エピラット『敏感肌用 脱色クリーム』

自然なゴールドに仕上がると人気なエピラットの脱色クリームは足や腕用の脱色剤ですが、敏感肌用は眉毛の脱色に使用する方も多いです。アンモニアフリーで無臭なので顔にも無理なく使用できます。カモミールエキスや植物性スクワラン配合で肌を優しく保護しながら脱色でき、必要な分だけ使用できるチューブ型なので、使いすぎずに経済的なのが魅力的です。

眉脱色を行うときの注意点

①使用前にパッチテストを行う

どんなに肌に優しいクリームといっていても、肌に合うかどうかわからないので、必ずパッチテストしてください。二の腕の裏側の皮膚が薄い部分で行うとわかりやすいので、おすすめです!

②お風呂上りの状態で使用しない

お風呂上りの状態で使用すると毛穴が開いて肌が敏感になっているので肌荒れを起こす危険があるので避けてください。

③肌荒れ、傷があるなど敏感になっている時は使用しない

刺激を感じてしまうので完全に治癒するまで使用を延期しましょう。

④使用中ピリつきや痒みを感じた場合は中断する

使用中にピリつきや痒みがあったなど異変を感じた場合は、すぐに使用を中断しましょう。

⑤1回の脱色時間を長い時間行わない

1回の脱色時間を長くしてしまうと肌への負担が大きくなってしまうので、規定どおりの時間で行ってくださいね♪

『ジョレンクリームブリーチ』を使用して脱色する方法

JOLEN JAPAN -ジョレンジャパン- 公式HPより引用

①準備するもの

  • ジョレンクリームブリーチ
  • ワセリンやニベアなどの保湿剤
  • 綿棒
  • コットン
  • ラップ

②眉周りの肌に保湿剤を薄く塗る

アイブロウメイクを落とした素の肌で眉毛が乾いている状態で行っていきます。眉周りの肌にワセリンやニベアなどを薄く塗って保護します。

③ジョレンクリームを眉毛にのせる

ジョレンクリームの指示通りにクリームを作っていきます。スパチュラを使用し、毛を覆うようにクリームを伸ばしていきます。眉毛以外の場所についてしまった場合は綿棒を使用し素早くふき取ります。毛量が多い場合は毛流れに逆らいながら伸ばしてき、塗り終わったら毛流れを元に戻します。

④10分放置する

眉毛全体にクリームを塗ったら、10分放置します。液垂れが気になる場合はラップやコットンを眉毛に覆うようにして貼っていきます。10分経ったらスパチュラでクリームを取り除き毛の脱色加減をチェックします。色落ちが充分な場合は濡れたコットンを使用しクリームをふき取ってから顔を水で洗い流します。脱色が充分でない場合はあと5分~10分放置して同じように色加減をチェックしてから拭き取りましょう。

⑤眉毛のビフォー・アフターをチェック

脱色する前と脱色した後の色の確認をしてみてくださいね♪

眉脱色をする頻度は?

眉脱色は髪の脱色と違いリタッチができません。眉が全部生え変わってきたというタイミングで行うとよいでしょう。個人差はありますが、大体2ヶ月前後といわれています。まだ脱色した部分が残っているタイミングで再び脱色してしまうと色ムラになってしまう可能性があるので気をつけてくださいね。

まとめ

今回は眉脱色の方法とおすすめのクリームを紹介してきました。眉脱色を行うことで、ふんわりとした優しい雰囲気の眉になり一気に顔が垢抜けた印象になります。脱色を行っている際に万が一、目に薬剤が入ってしまった場合は無理せず眼科を受診してくださいね!