【丸顔さん向け】チークの基本の入れ方から雰囲気別までご紹介!

引用:https://www.instagram.com/p/B9YHZxOnmq4/?igshid=b48ku0ax8y9a

今回は丸フェイスタイプの方に特化したチークの入れ方をご紹介します!顔の輪郭のタイプによってチークを入れる位置が変わってくることはご存知でしょうか?基本的な入れ方から丸フェイスタイプの方でもスタイリッシュな印象になるチークの入れ方や可愛らしい印象をさらに引き立たせられるような方法もご紹介していきます!

丸顔さん向けの基本のチークの入れ方

チークを選ぶ際にどんなカラーやどんな質感のものを選ぶかとても悩みますよね。いざ購入してみたもののあまり似合わなかったという経験やイメージと違ったと感じたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?そんな時は自分の顔の形に合ったチークの入れ方を研究してみるとまた印象が変わるかもしれません!今回は丸フェイスタイプの方向けのチークの入れ方をご紹介していきます!

丸フェイスタイプの方基本的なチークの入れ方のポイントがこちらです。

引用:https://www.nissen.co.jp/s/smileland/colorear/article/health/18090301/

  • 縦にチークを入れるイメージ

こめかみから頬骨の一番高い位置に向かって斜め下に、縦を意識して入れることで丸顔を強調することなく、シャープさが加わりバランスの良い仕上がりになります。

  • チークを入れる幅は狭く

チークを丸く入れてしまうと全体的に丸い印象になり、顔も大きく見えてしまいます。幅を狭くして入れることで引き締まった印象になります。

  • 小鼻より下には入れない

小鼻よりも下にチークを入れてしまうと顔が下がって見えてしまうので注意が必要です。

丸顔さん向け雰囲気別のチークの入れ方

女性らしい印象や幼い印象を持たれやすいのが丸フェイスタイプの方の特徴です。基本のチークの入れ方を抑えておくと、雰囲気を変えたい時に応用することで違った印象を作ることができます。雰囲気を変えて大人っぽい印象になりたい時や、可愛い印象をさらに引き立たせたいという時のチークの入れ方もご紹介したいと思います!

①スタイリッシュで大人っぽい雰囲気

引用:https://makey.asia/column.php?id=630

丸フェイスタイプの芸能人としてあげられるのが石原さとみさんです。笑顔がとてもキュートなイメージがありますが、雰囲気ががらっと変わりかっこいい大人の女性の一面もありますよね。スタイリッシュな雰囲気を目指すためのチークの入れ方のポイントを抑えましょう!

  • 「くの字」

まずは基本の入れ方と同様に、こめかみから頬骨の高い位置に入れます。その後色が濃くなりすぎないよう、ブラシに残ったチークでこめかみから目尻の上辺りまで入れますくの字に入れることでシェーディング効果が得られます。

  • 入れる位置は黒目まで

チークは顔の外側の方に入れることでスタイリッシュな印象になるので、入れる位置はこめかみから黒目辺りまでにしましょう。内側に入れすぎてしまうと可愛らしい印象になってしまうので注意してください。

  • おすすめのチークカラーは「ベージュ」

大人っぽい印象を出したい時には、ベージュ系の落ち着いた色味がおすすめです。自然に顔の濃淡をつけてくれるので、引き締め効果が狙えます!シェーディングとしても使いたい場合は、ラメは控えめなものの方が使いやすいです。

ガーベラのデザインが可愛いクリニークのチークポップの05番ヌードポップは、ナチュラルな発色で落ち着いたベージュの色味がとても可愛いです!ラメは入っておらずパールで上品な仕上がりになるので、スタイリッシュな印象に見せたい時におすすめのチークです。

②女の子らしい可愛い雰囲気

引用:https://www.biteki.com/life-style/others/342194

多くの世代から人気を集める有村架純さんも丸フェイスタイプです。雰囲気が柔らかく、いつも可愛らしいイメージですよね。有村架純さんのような可愛らしい印象になるためのチークの入れ方をマスターしましょう!

  • 「ジグザグ」

鼻から指一本くらいを空けて、目の下方頬骨の一番高いところまで線を結び、そのままに左右にジグザグと下向かってチークを入れていきます。スタイリッシュな雰囲気を目指す時とは逆で、顔の内側に入れれば入れるほどキュートな印象になります。

  • 逆三角形を意識

ジグザグと下に向かってチークを入れる時は、逆三角形を描くように意識します。下にいくにつれてジグザグの範囲を狭めて、小鼻の横くらいでストップするのがベストです。基本のチークの入れ方と同じで、丸は描かないように注意しましょう。

  • おすすめのチークカラーは「ピンク」

可愛らしい印象を目指す際には、女の子らしいピンク系のカラーがおすすめです。ピンク系の色は、顔色を華やかにしてくれる上に自然と血色感をアップしてくれます。

マックのミネラライズブラッシュのディンティというカラーは、コーラルがかったピンクなのでイエベタイプでもブルベタイプでも使いやすい色味となっています。狙いすぎないあたたかいピンクの色味が可愛さを引き立たせてくれます!

おわりに

今回は丸フェイスタイプの方向けのチークの入れ方をご紹介しました!チークは丸く入れず、幅を狭めにして縦を意識するなど基本を抑えておくことでチークの入れ方は応用が利きます。大人っぽい雰囲気や可愛らしい雰囲気など、チークのカラーだけでなくチークの入れ方1つでもとても印象が変わるのでぜひ研究してみてくださいね!