野菜食べてる?ダイエット中の野菜不足を解消する方法とは

あなたは、ダイエット中に「野菜を食べなきゃ...」と思いつつも、あまり食べられなくて悩んでいませんか?

朝ご飯にはパッと食べられるパンを食べ、忙しいランチ時間にはワンプレートで食べられるもの、そして疲れて帰ってきた夜ご飯はインスタント...

そう考えてみると、あまり野菜を食べる機会って少なかったりするものですよね。

しかし、ダイエット中の野菜不足はビタミンやミネラルなどが不足し、体の調子が整わず痩せづらい体を作ってしまう原因になります。

そこで今回は、ダイエット中の野菜不足を解消する方法を5つ紹介していきます。

ダイエット中に野菜をたくさん食べたい!という人は、次の5つの食べ方をチョイスしてみてくださいね。

野菜食べてる?ダイエット中の野菜不足を解消する方法とは

では、ダイエット中の野菜不足を解消する方法を5つ紹介していきます。

「毎日サラダを食べるのが大変!」という人でも、この5つの食べ方なら野菜不足を解消できますよ♪

ぜひ、今日からたくさんの野菜を食べていきましょう!

1:調理をしてカサを減らす

1つ目は「調理をしてカサを減らす」こと。

生の野菜サラダで野菜を食べようとすると、どうしてもカサが増えて思ったより食べられなかったりしますよね。

そんな時にオススメなのが「調理をしてカサを減らす」こと。

キャベツなどを蒸せばカサが減り、たくさんの量を食べることができますよね。

他にも、お肉を減らす代わりに野菜をたくさん入れて野菜炒めにすれば、野菜をたっぷり食べることができますよ♪

2:スープに入れて食べる

2つめは「スープに入れて食べる」こと。

野菜をスープに入れて食べることで、たくさんの量を食べることができます。

キャベツやセロリ、トマトホール缶などを混ぜて作れば、脂肪燃焼スープが完成しますし、味噌汁などにも野菜をたっぷり入れて食べれば、とってもヘルシーなおかずに大変身♪

普段野菜が足りない...と思っている人は、冷蔵庫に余っている野菜を入れて、スープにして食べましょう♪

ヘルシーなのにお腹がいっぱいになるため、ダイエット効果もバッチリですよ!

3:トッピングで野菜をつける

3つ目は「トッピングで野菜をつける」こと。

外食などで食べ物を注文する時、トッピングで野菜をつけることで野菜を食べることができます♪

ラーメンだとしても、ほうれん草やコーンなどをトッピングしたり、牛丼などでも合う野菜をトッピングしたり。

普段野菜をあまり食べられないという人は、外食をする際にも少しずつでもいいので野菜を取り入れるようにしましょう。

4:野菜を使った常備菜を作る

4つ目は「野菜を使った常備菜を作る」こと。

なかなか忙しくて平日は自炊をする時間がない...という人は、お休みの日を使って野菜を使った常備菜を作りましょう。

調理方法や日持ちする野菜を使えば、冷蔵庫で4、5日持つものもありますし、何より毎日野菜が食べられるので健康的にも○。

いちいちコンビニやスーパーなどで惣菜を買うよりも安上がりですし、いつでも野菜が食べられてオススメです♡

ぜひ、常備菜のストックを準備して、毎日のご飯に彩りを添えましょう!

5:おやつに野菜スティックを

5つ目は「おやつに野菜スティックを」です。

普段何気なく食べているおやつを野菜スティックにすれば、日頃の野菜不足を解消することができるでしょう。

キュウリやニンジン、ダイコン、キャベツなど、手軽に食べられる野菜をスティック状にあらかじめ切っておけば、いつでもおやつに野菜を食べることができますね♡

みそにつけて食べたり、わさび醤油などをつけて食べたり...

自分の好みの食べ方で、野菜スティックを食べてみて♡

まとめ:日頃から少しずつ野菜を増やしていこう

今回は、ダイエット中の野菜不足を解消する方法を紹介しました。

最近の人は野菜不足の人が多く、どうしても栄養が偏りがち。

ぜひあなたも、野菜をプラスして健康にダイエットをしましょう♪