ダイエット中の正しい運動とは?運動をする際に気をつけるべき5つのこと

あなたは、「ダイエットのために毎日運動しなくちゃ!」と思っていませんか?

ダイエットをするためにハードなトレーニングをしたり、息があがるほどの運動をしてみたり...

それではあなたの体が悲鳴を上げ、ダイエットが成功する前に体が壊れてしまうかもしれません...

今回は、ダイエット中の正しい運動についてお話ししていきます。

ダイエットをするにあたって、運動をすることは非常に重要です。

しかし、間違った運動をしてしまうと、体調を崩してしまう原因となります。

ぜひ運動をする際には次の5つのことに気をつけて、取り組んでいきましょう。

ダイエット中の正しい運動とは?運動をする際に気をつけるべき5つのこと

では、ダイエット中の正しい運動についてお話ししていきます。

「ダイエットのために運動しなきゃ!」と、毎日激しい運動をしなければいけないというわけではありません。

次の5つのことを守って、体を守りながらダイエットに取り組んでみてくださいね。

1:自分の体力にあった運動をする

1つ目は「自分の体力にあった運動をする」こと。

今まで運動をしてこなかったという人が、いきなり「今日から10キロ走るぞ!」というような高すぎる目標を立てたらどうなるでしょうか?

きっと1日でつらくてギブアップ...となってしまい、次の日から運動すること自体が嫌になってしまうことでしょう。

ダイエットのための運動は、毎日継続できることが非常に重要です。

そのためには、いきなりハードな運動ではなく、自分の体力にあった運動から始めていくのがオススメです。

ジョギングやランニングであれば「まず30分から!」とハードルを低くし、楽しめる範囲でやるようにしましょう。

2:体調を見て休む日も作る

2つ目は「体調を見て休む日も作る」こと。

「ダイエットのために運動をしなくちゃ...」と体調が悪い日にも運動をしていませんか?

体調が悪い日に無理をしてしまうと、次の日に疲れが残ったり、怪我をしてしまったりする原因に。

ダイエットのために運動をすることはとても重要ですが、それ以上に休むこともとても重要です。

3:無理をしない

3つ目は「無理をしない」こと。

ダイエットは無理をした時点で続きません。

「無理な運動」「無理な目標設定」「無理な食事制限」など、我慢しすぎたり頑張り過ぎたりしては、なかなかダイエットはうまくいきません。

ダイエットは無理せず自分の健康のために行うもの。

無理をしない程度にマイペースで行なっていくことが、ダイエットを成功させる秘訣ですよ。

4:水分補給しながら運動をする

4つ目は「水分補給をしながら運動をする」こと。

運動に夢中になるあまり、水分補給を忘れてしまうなんてことはありませんか?

運動中に「喉が渇いたな」と感じたら、それは脱水症状を起こしかけている証拠です。

そのため、運動中にはこまめに水分を補給しなければ、とても危険なのです。

スポーツドリンクや水など、自分にあった水分を補給しながら運動に取り組みましょう。

特に暑い日には熱中症になってしまうこともあるため、よりこまめな水分補給が重要ですよ。

5:体の不調を感じたら中止する

5つ目は「体の不調を感じたら中止する」こと。

「今日は○分運動するぞ!」と頑張っていても、途中で気分が悪くなったらその場で中止しましょう。

「まだノルマをクリアしてないから...」と無理して行なってしまうと、体調を崩してしまう原因になります。

運動中に感じる不調の代表は、めまい・吐き気・関節の痛み・冷や汗・呼吸が苦しいなど。

もし、「なんだか体調が悪いな...」と感じたら、1日の目標を達成していなくても一旦中止してください。

自分の健康が第一ですよ。

まとめ:無理な運動は絶対にやめて

今回は、ダイエット中の正しい運動についてお話ししました。

ぜひ、自分の健康を守るためにも、運動の際に注意すべき点は守って行動してくださいね。