ダイエット中に食べ過ぎちゃう人必見!食べ過ぎを防止するための秘策とは

あなたは「ダイエット中なのについつい食べ過ぎちゃう...」と悩んではいませんか?

ダイエット中の食事制限は、慣れていないとツライものですよね。

「この一口がダメなんだけど...!」と頭の中でわかっていても、ついつい「まあいっか」と自分を甘やかしてしまう女性も多いのではないでしょうか。

もちろんジムトレーナーさんや体が仕上がっている人のように、自己管理がしっかりできている人であればそんな欲求に打ち勝つこともできるでしょう。

しかし、ダイエット初心者の人からすると欲求に勝つのも大変ですよね...

そこで今回は、ダイエット中の食べ過ぎを防止するための秘策を4つ紹介します。

欲求に打ち勝てるようになるまでは、ちょっとしたテクニックを使って食べ過ぎを防止していきましょう!

良くも悪くもその一口が、あなたの体を大きく変化させますよ!

ダイエット中に食べ過ぎちゃう人必見!食べ過ぎを防止するための秘策とは

では、ダイエット中に食べ過ぎを防止するための秘策を4つ紹介していきます。

食べ過ぎた後はどうしても後悔してしまうもの...

そんな後悔をする前に、ぜひ4つのテクニックで食べ過ぎを防止してみてくださいね♡

1:食事の前に炭酸水を飲む

まず1つ目は「食事の前に炭酸水を飲む」こと。

「お腹が空いた〜!」と空腹状態で美味しい食べ物を目の前にすると、どうしても食べ過ぎてしまうものですよね。

そこでまずは、食事の前にある程度お腹を満たしておくことが必要です。

そんな時に役立つのが炭酸水。

炭酸水は食事の前に飲むことで胃が膨れ、満腹中枢を刺激して空腹感を和らげることができます。

さらに炭酸水は血行を促進してくれる効果が期待できるため、基礎代謝もアップしますよ!

炭酸水を飲む時には、ジュースではなく無糖のものを選びましょう!

2:よく噛んで食べる

そして2つ目は「よく噛んで食べる」こと。

よくあまり噛まずに丸呑みにしてしまう、早食いをしてしまうという人がいますよね。

しかし、よく噛まずに食べてしまうと、過食の原因となることも。

それは満腹中枢をしっかり刺激する前に、ご飯を食べ終えてしまうのが原因です。

食欲抑制のホルモンは、よく噛んで食べないと分泌されません。

一口食べたら箸を置くくらいの気持ちで、よく噛んでゆっくり食べましょう。

3:お皿を小さいものに変える

そして3つ目は「お皿を小さいものに変える」こと。

こちらは普段使っているお皿より一回りほど小さいお皿を使い、食べる量を減らす方法です。

普段と同じお皿で同じ量をよそって「少し残そう!」と思っても、日本人のもったいない精神で残すことができないもの。

なので、最初からお皿を小さくして食べる量を減らしていきましょう。

最初は「お腹が満たされない」という人もいるかもしれませんが、よく噛んで食べたり炭酸水をのんだりと並行して行うことでどんどんその量に慣れていきますよ♪

家族で大皿を使っているという人も、ダイエット中は小皿に分けるなど家族に協力してもらうのもアリですね♪

4:ながら食べをしない

そして4つ目は「ながら食べをしない」こと。

普段ご飯を食べる時、テレビを見たりスマホを見たりしていませんか?

もちろん娯楽としてテレビやスマホを見たりするのはいいですが、食事中は避けるのがベスト。

ながら食べをすることで食事に意識が集中せず、ついつい食べ過ぎてしまう傾向が大。

食事の時には食事に集中することで、満腹中枢もしっかり満たされて食べ過ぎを防止することができますよ。

普段からながら食べをしてしまうという人は、一度テレビを切ったりスマホを遠いところに置いたりと、工夫してみてくださいね♡

まとめ:ちょっとしたテクニックで食べ過ぎを防止して!

今回は、ダイエット中の食べ過ぎを防止する秘策を4つ紹介しました。

ダイエット中の過食は後悔しか残りません。

ぜひあなたも、ダイエット中の食べ過ぎを防止して、ダイエット成功への道を辿りましょう!