睡眠時間が短いと太る?睡眠とダイエットの深い関係性とは

あなたは、しっかりと睡眠を取れていますか?

残業続きで...つい夜更かしをしちゃって...と睡眠時間が4、5時間しか取れていないなんて人も多いのではないでしょうか?

しかし、睡眠不足ではなかなか痩せることができず、「こんなに頑張ってるのに!」とストレスが溜まってしまう可能性も。

そこで今回は、睡眠時間とダイエットの深い関係性をお伝えします。

ダイエットをしているけど睡眠時間が短いという人は、睡眠時間をしっかり確保できるようにしましょう。

睡眠時間が短いと太るってほんと?

実際、睡眠時間が短いと太るというのは本当なのでしょうか?

それはズバリ「YES」です。

実際、とある研究で平均睡眠時間が6時間の人は7時間の人に比べて肥満になる率が23%高く、もっと短い5時間の人は7時間睡眠の人に比べて50%、そして4時間の人は7時間睡眠の人に比べて73%もアップするという結果が出ています。

これを見ると、睡眠時間が短くなればなるほど肥満率がアップしているのがよくわかりますね。

睡眠時間が減るとどうなるの?

では睡眠時間が減ると、体ではどのようなことが起こっているのでしょうか。

睡眠時間が減ると、体の中では「インスリン抵抗性」というものを引き起こしています。このインスリン抵抗性というのは、食後の血糖値がうまくコントロールできなくなることを指します。

血糖値が上昇、急降下を繰り返すと体調にも変化が現れ、空腹感が増したりお腹が空いていないのに「何か食べたい」というような症状を引き起こす原因に。そのため、睡眠不足の時には「何か食べたいなあ」という感情がよく現れるんですね。

レプチンとグレリンって?

そして睡眠不足になると「レプチン」と「グレリン」というホルモンにも影響を与えます。

レプチンというのは「食欲を抑えてくれるホルモン」のことで、逆にグレリンは「食欲を増加させるホルモン」のこと。睡眠不足になるとこの食欲を抑えるレプチンが減る代わりに、食欲を増加させるグレリンが増加してしまいます。そのため、睡眠不足になると無意識のうちに食欲が増加し、体重も増えてしまう原因となるわけですね。

睡眠不足は運動量低下にも

そして、睡眠不足は食欲だけでなく日頃の運動量にも関係してきます。

睡眠不足になると体の疲れがたまり、どうしてもなかなか動けずに運動量が低下してしまいます。

筋トレなどをしても力が出ずにパフォーマンス力が下がり、うまく筋肉をつけることができないということも。

そしてその運動不足が基礎代謝の低下、日頃の消費エネルギーの低下につながり、摂取カロリーよりも消費カロリーが下回ってしまいどんどん太る原因に...。

睡眠不足になることで食欲、運動量、消費エネルギーなど、様々な部分に影響を与えているのがわかりますね。

睡眠時間は何時間がベスト?ねれない時の対処法は?

では、実際何時間寝るのがベストなのでしょうか?

「たくさん寝たほうがいいんでしょ?」と10時間、12時間も寝てしまうのは実は間違いで、適切な睡眠時間は、18歳以上は7時間から9時間、65歳以上は7時間から8時間と言われています。

あまり多く寝すぎてしまうと、病気になる確率が上がるという研究結果も出ているため、適切な睡眠時間を守ることが重要です。

「不眠症であまり寝付けない」「なかなか寝られない」という人は、毎日運動をするという習慣をつけるのがベスト。

筋トレや有酸素運動は、睡眠の質を改善してくれる効果が期待できるため、毎日朝30分ほどの散歩を取り入れたり家でできる筋トレを取り入れたりなど、自分にあった運動方法を取り入れるようにしてみましょう。

まとめ:睡眠とダイエットには大きな関係性あり!

今回は、ダイエットと睡眠の深い関係性についてお話ししました。

寝不足が引き起こす太る原因がお分かりいただけたでしょうか。

ぜひ一度、自分の生活習慣を見つめ直し、早寝早起きをする習慣をつけてみてはいかがでしょうか?

毛穴が無いように見せてくれる、無色のファンデ。期間限定のお得情報♪[PR]
まだ間に合う!お年玉キャンペーン!✨