痩せないのは反り腰が原因かも?!反り腰が引き起こす症状や解消法は?

あなたは、「食事制限も筋トレも頑張っているのに全然痩せない...」と悩んでいませんか?

せっかく頑張っているのになかなか痩せず、見た目も全く変わらないとどうしてもダイエットのモチベーションは下がってしまいがち。

しかし、その痩せない原因はあなたの努力不足ではなく「反り腰」が原因かもしれません。

今回は、痩せない原因の一つである反り腰の状態や引き起こす症状、そして解消法などをお伝えしていきますね♡

反り腰ってどんな状態?

反り腰とは、いったいどんな状態なのでしょうか。

反り腰とは、言葉の通り「腰が通常より反れている」状態のことを言います。

極端に言えば、横から見ると体全体が「S字」になっているような状態ですね。

反り腰は骨盤が横に開いている状態を引き起こすため、体に様々な不調をもたらしてしまいます。

簡単なチェック方法としては、壁に頭と踵をくっつけ、腰のあたりにどれくらい隙間が空くかどうかを調べること。

拳一つ分以上空くようであれば、反り腰だと考えていいでしょう。

反り腰が引き起こす症状とは?

では、反り腰が引き起こす症状を3つ紹介していきます。

ぜひあなたも当てはまっていないか、確認してみてくださいね。

1:下半身太り

1つ目は「下半身太り」です。

反り腰の場合、姿勢が悪くなってしまい、体の重心が前に傾いてしまいがち。

そのせいで無意識に足に力が入り、足に余計な筋肉がついて筋肉太りを起こしてしまったり、足が張った状態になったり...

もしそこまで運動をしていないのにもかかわらず、足だけがっちりしている場合には、反り腰を疑うのが良さそうです。

2:ぽっこりお腹

2つ目は「ぽっこりお腹」です。

反り腰になると骨盤が横に開いた状態になり、内臓が下に下がってしまいます。

本来あった位置から内臓が下がることで、ダイエットを頑張っているのにぽっこりお腹だけ治らない...という状態を引き起こしてしまう原因に。

さらに、腰が反れてしまっているため、どうしてもお腹が無意識に出る姿勢になりがちです。

ぽっこりお腹がなかなか治らないという人は、一度腰の状態をチェックしましょう。

3:腰痛

3つ目は「腰痛」です。

体がS字に曲がっていることから、体に負担がかかって腰痛を引き起こしてしまう原因に。

その腰痛をかばおうとしてさらに姿勢が歪み、どんどん体の代謝も下がって痩せづらい体になってしまいます。

他にも頭痛や肩こりが出たり、骨盤がどんどん歪んでしまったり...

骨盤が歪めば代謝が落ち、老廃物も滞ってしまうためダイエットの効果も半減してしまう原因に。

できれば反り腰は早めに治すようにしましょう。

反り腰を解消するストレッチを紹介

では、反り腰を解消するストレッチを2つ紹介していきます。

自宅で簡単にできるものを選びましたので、ぜひやってみてくださいね!

1:反り腰解消ヨガ

まず1つ目は「反り腰解消ヨガ」です。

引用 YouTube

前傾してしまっている骨盤を戻す骨盤調整のヨガや、下半身太りに悩む女性の前もものストレッチなどが紹介されています♡

ヨガであれば、初心者の方でも簡単に取り組めるため、自宅で時間のあるときにオススメですよ♪

動作がゆっくりなため、テレビを見ながらでも行えるのも嬉しいですね♪

2:10秒で反り腰を治すストレッチ

2つ目は「10秒で反り腰を治すストレッチ」です。

引用 YouTube

こちらは、整体の先生が教えてくれる反り腰を治すストレッチです。

忙しい人でも簡単できる、10秒間キープするだけの簡単なストレッチ♪

朝起きた時、夜寝る前など、ちょっとした隙間時間にできるのでオススメです♡

ぜひあなたも、10秒で反り腰を治してみてくださいね

まとめ:反り腰を直して痩せやすい体に♪

今回は、反り腰が引き起こす症状や解消法を紹介しました。

女性はどうしても反り腰になりがちです。

ぜひ、反り腰を自宅でケアしてダイエットに励んでみてくださいね♡