無理しないで!ダイエット中の生理期間にすべきことや運動を紹介

あなたは、ダイエット中の生理期間をどのように過ごしたらいいのか悩んだことはありませんか?

男性と違い、女性は生理に大きく左右されてしまうもの。

むくんだり腹痛や腰痛が起きたり、PMSと呼ばれる症状が起きたりと、なかなかうまく日常を過ごせない時もあるでしょう。

さらにダイエット面で言えば、食欲が旺盛になったり甘いものが食べたくなったりと、生理前はダイエットを挫折してしまう人が多いもの...

そこで今回は、ダイエット中の生理期間にすべきことやストレッチ動画などを紹介します。

ぜひ、生理期間中は無理せずできることをできる範囲でおこなってくださいね!

無理しないで!ダイエット中の生理期間にすべきこととは?

ではまずは、ダイエット中の生理期間にすべきことを4つ紹介します。

ぜひ次の4つのことを行いながら、次の痩せ期への準備を行いましょう!

1:身体を温めること

まず1つ目は「身体を温めること」です。

生理中は腹痛や腰痛が起こりやすく、どうしても普段と同じように生活ができないものですよね。

そんな生理痛を緩和させるためにも、身体をしっかり温めるのがオススメです。

しっかり湯船に浸かって身体を温めたり、レッグウォーマーや腹巻きなどをして身体を温めると、子宮の筋肉が緩んで生理痛が緩和されます。

さらに、身体を温めることで血流も良くなり、下がりがちな基礎代謝もしっかりキープできますよ。

2:普段より軽めの運動

そして2つ目は「普段より軽めの運動」です。

普段はがっつり運動をしているかもしれませんが、生理中はゆったりと普段より軽めの運動を行いましょう。

生理中だからと言って運動はNG!ということではないので、「運動しても大丈夫なの?」と不安な人も安心してくださいね。

しかし、やはり生理中は少し体が動かしにくいものなので、できる範囲でストレッチやウォーキングなどを行ってみるのが○!

生理中のいい気分転換にもなってオススメですよ。

3:食事は鉄分を多めに摂る

そして3つ目は「食事は鉄分を多めに摂る」こと。

生理中は普段よりも特に栄養バランスを気にして食事をとることが重要ですが、その中でも特に貧血対策の鉄分を多めに摂ることがオススメです。

鉄分が減ると、めまいや頭痛の原因にもなるため、ほうれん草やレバー、ひじき、ワカメなどでしっかりと栄養を摂取!

身体がだるくなるのを防ぐことができますよ。

4:ストレッチやヨガ

そして4つ目は「ストレッチやヨガ」です。

ストレッチをすることで、生理中に固まってしまった身体をほぐすことができますし、ヨガには生理痛を緩和してくれるポーズも♪

特に骨盤周りの筋肉をほぐしてあげることで、生理痛を緩和したり血流が良くなったりするためオススメですよ!

生理中は無理のない程度に身体を動かし、体重や体脂肪が増えないように気をつけていきましょう。

ダイエット中にオススメのストレッチ動画

では、ダイエット中にオススメのストレッチ動画を紹介します。

無理のない範囲で身体を動かすことで、生理中でも体重や体脂肪をキープすることができますよ。

生理が終わりかけになったら、痩せ期に突入します。

スタートダッシュが切れるように、今から身体をほぐしておきましょう!

1:ストレッチルーティン動画

まず1つ目は、竹脇まりなさんのストレッチルーティン動画です。

引用 YouTube

30秒ごとに1つのストレッチ動作を行っていく動画なので、初めての人でも簡単に行えますし、生理中でも無理なく行うことができますよ♪

全身をしっかりほぐすことができるので、身体が楽になるのを感じることができるでしょう。

生理痛やむくみなどが気になる人は、ぜひ取り入れてみてくださいね!

2:ベッドの上でできるリラックスヨガ

そして2つ目は、ベッドの上でできるリラックスヨガです。

引用 YouTube

朝なかなかおきられない時や、生理の痛みがひどい時などにも効果的なリラックスヨガです。

生理の日だけでなく、疲れている時や自分をいたわってあげたい時にも効果的なので、ぜひ試してみてくださいね♡

まとめ:生理中は無理のない程度に身体を動かして♡

今回は、ダイエット中の生理期間の過ごし方についてお話ししました。

生理は女性にしかない特有の期間ですが、上手く付き合いながらダイエットを進めていきましょう♡