簡単で夏にぴったり!レモン水のダイエット効果や取り入れ方とは?

暑い夏が近づく5月末。

毎日暑くて喉が乾く日々が続きますよね。

水分補給はダイエット中にもとっても重要なポイント。

水、烏龍茶、麦茶、緑茶...あなたはいつも何を飲んでいますか?

今回は、ダイエット効果もあるレモン水についてお話しします。

レモン水を飲むことで口の中もさっぱりし、口臭予防効果などにも期待ができますよ♡

マスク生活が長い今、レモン水は非常にオススメです♪

夏にぴったりのレモン水のダイエット効果と、作り方や取り入れ方を紹介しますね!

レモン水のダイエット効果とは?

では、レモン水のダイエット効果を紹介します。

レモン水のダイエット効果は大きく分けて3つ。

では早速、詳しくみていきましょう!

1:むくみ解消効果

1つ目は「むくみ解消効果」です。

レモンにはむくみ解消に効果的なカリウムがたっぷり含まれ、むくみを解消する効果が期待できます。

カリウムを摂取することで、体内の余分な塩分や水分を体外に排出する効果が期待できるため、スッキリした足を手に入れることができますよ♪

夕方になると足がパンパンになってしまうという人は、ぜひレモン水をこまめに摂取してみてはいかがでしょうか?

2:便秘解消効果

2つ目は「便秘解消効果」です。

レモンには酸っぱさを感じさせるクエン酸というものが含まれていますが、このクエン酸が便秘解消に効果抜群。

このクエン酸が腸内を刺激してくれるため、腸の活動が活発になり便秘解消を促してくれるんですね。

さらに、食物繊維も含まれているため、便秘解消にはうってつけ!

口の中もさっぱりして、腸の中も綺麗になって、一石二鳥の飲み物ですね♪

3:疲労回復効果

3つ目は「疲労回復効果」です。

クエン酸には疲労を回復してくれる効果が期待できます。

そのため、日頃の運動前後に飲むことで、疲労の回復を早めてくれますよ♪

疲労が溜まってしまうと、運動にも100%の力が発揮できず、なかなかダイエットがうまくいかないもの。

日頃の疲れを感じたら、クエン酸を取るようにしてみてくださいね。

レモン水の作り方と取り入れ方は?

では、レモン水の作り方や取り入れ方を紹介します。

レモン水の作り方はとても簡単なので、ぜひ作ってみてくださいね!

1:作り方はとっても簡単!

では、レモン水の作り方を紹介します。

レモン水の作り方はとても簡単で、コップ一杯の水にレモンを1/2個、もしくはレモン果汁を小さじ2杯ほど入れるだけ♪

皮ごと使いたい時には、国産の無農薬レモンを使って輪切りにしてIN!

農薬が使われているものを皮ごと使ってしまうと危険なので、外国産のものなどは果汁だけを使うのがオススメですよ♪

もちろん、ポッカレモンなどの果汁を使うのも手軽でオススメ!

自分にあった作り方をチョイスしてみてくださいね!

2:朝1番のレモン水

朝一番のレモン水は、便秘解消に効果抜群♪

朝一番にレモン水を飲むことで、腸をしっかり刺激することができ、排便を促すことができますよ♡

起きた後の水分摂取はとっても重要なので、レモン水をチョイスしてみてくださいね♪

3:運動中や運動後もオススメ

運動中や運動後に飲むのもオススメです♪

クエン酸で疲労回復効果が期待できるため、運動中や運動後に飲むことで疲労回復を早める効果が期待できます!

しかし、空腹時に大量に飲んでしまうと、胃が荒れてしまう可能性があるため、飲むすぎには注意が必要です。

1日に2〜3杯を目安に、少しずつ飲むようにしましょう♪

まとめ:レモン水でさっぱりダイエットしよう♪

今回は、レモン水のダイエット効果や取り入れ方を紹介しました。

レモン水は口臭対策にもなるため、コロナの今は特に取り入れたい飲み物です♪

ぜひあなたも、レモン水で口をさっぱりさせながら綺麗にダイエットしてみましょう!