白米を食べるならおかゆがいい?!おかゆのダイエット効果とは?

突然ですが、あなたの腸内環境は良好ですか?

「最近便秘気味で...」「そんなに腸内環境は良くない気がする...」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

ダイエットをする際に重要なポイント、それは腸内環境を整えること。

腸内環境の良し悪しが、ダイエットを左右すると言っても過言ではありません。

今回はそんな、腸内環境をデトックスしてくれる身近な食べ物「おかゆ」のダイエット効果を紹介します。

ぜひあなたも、腸内環境が悪いと感じた時には、おかゆを食事に取り入れてみて♪

白米を食べるならおかゆがいい?!おかゆのダイエット効果とは?

では、おかゆのダイエット効果を5つ紹介していきます。

ぜひあなたも、腸内環境を良くしたい!と思った時や、白米が食べたいと思った時には、おかゆをチョイスしてみてください。

きっとあなたのダイエットも、うまくいくこと間違いなしですよ♪

1:糖質・カロリーオフ

1つ目は「糖質・カロリーオフ」です。

おかゆというのは、白米を水分で何倍にも伸ばしたもの。

どろっとした食感が特徴の食べ物で、体調が良くない時などによく食べますよね。

そんなおかゆは通常の白米よりも糖質やカロリーが低く、ダイエットにぴったりの食べ物です。

おかゆだけではちょっと味気ない...なんて時には、鮭や梅干し、昆布などをトッピングすればOK!

飽きずに食べることができますし、栄養もプラスすることができてオススメですよ♡

2:腸内環境が良くなる

2つ目は「腸内環境が良くなる」こと。

腸内環境を良くするためには、たっぷりの水分が必要です。

おかゆは水分を豊富に含んでいるため、腸内をきれいに洗い流してくれる効果が期待でき、腸内環境がUP!

腸内環境が良くなることで、体脂肪が落ちやすい体となり、痩せやすい体作りをすることができるんですね。

3:基礎代謝アップ

3つ目は「基礎代謝アップ」です。

おかゆが腸内をきれいに洗い流し、腸内環境がアップすることで、基礎代謝もアップしていきます。

ダイエット中に重要なポイントは、基礎代謝をいかに下げないように生活するか。

基礎代謝が下がれば、普段と同じ量を食べていてもエネルギーが消費しきれず、エネルギーが余って蓄えられてしまう原因に。

エネルギーが蓄えられれば、その分体脂肪の蓄積につながり、太りやすい体になってしまいます。

温かいおかゆを食べることで、体の冷えも改善できますし、腸内環境をきれいにして基礎代謝もアップ!

おかゆはいいことだらけの食べ物と言えますね。

4:空腹感を感じづらい

4つ目は「空腹感を感じづらい」こと。

食べ物には「GI値」というものがあり、このGI値が高ければ高いほど体脂肪が蓄積されやすい食べ物と言えます。

それは、GI値が高い食べ物を食べることで、血糖値の上昇を招き、インスリンの過剰分泌が引き起こされるから。

インスリンが過剰分泌されて血糖値が急激に下がると、短い間隔で空腹感を感じてしまうのです。

おかゆと白米のGI値を比較すると、白米が84なのに比べ、おかゆのGI値は57と低GI値。

さらに、白米でなく玄米のおかゆにすれば、白米のおかゆよりも低い47という数値に抑えることができます

白米が食べたいという時には、おかゆにして食べ過ぎを回避し、ダイエットしてみてはいかがでしょうか?

おかゆの作り方

おかゆの作り方はとても簡単。

材料は白米と水と塩だけなので、ご家庭にあるものでいつでも簡単に作ることができます♪

ダイエットだけでなく、体調が悪い時にも役立つので、ぜひレシピを覚えてみてくださいね♡

お好みで鮭や梅干しなど、お好きなトッピングをして♡

引用 YouTube

まとめ:おかゆで無理なくダイエットをしてみよう♡

今回は、おかゆのダイエット効果やおかゆの作り方を紹介しました。

ぜひあなたも、腸内環境をアップするためにおかゆでダイエットをしてみてはいかがでしょうか?