効率よく筋肉をつけるために!ダイエット中の食事で気をつけたいポイントとは

あなたは、ダイエット中の食事はどうしていますか?

なるべくカロリーを控えめに...甘いものは厳禁...夜ご飯は食べない...など、様々なことをしていることでしょう。

しかし、カロリーを控えたりご飯を食べなかったりすると、あなたの筋肉が落ちてしまい、どんどん痩せづらい体になってしまう可能性も!

そこで今回は、ダイエット中の食事で気をつけたいポイントについて4つ紹介します。

ぜひあなたも、しっかり筋肉をつけてダイエットをし、痩せやすいリバウンドしない体を作ってくださいね!

効率よく筋肉をつけるために!ダイエット中の食事で気をつけたいポイントとは

では、ダイエット中の食事で気をつけたいポイントを4つ紹介します。

ダイエット中の食事で気をつけるべき点は、いかに筋肉を落とさないかということが重要!

筋肉がなければダイエットは成功しません。

ぜひあなたの食生活を見直して、効率よくダイエットをしていきましょう!

1:食事は小分けにすること

まず1つ目は「食事は小分けにする」こと。

摂取カロリーを控えたいからと、朝ごはんを抜いて1日2食にしたり、1日1食でしのいだり...そんな食生活はリバウンドの原因に。

なぜなら、一度に多くの糖質を摂取することで血糖値を急上昇させて体脂肪を蓄積しやすくしてしまうから。

糖質を多くとると、インスリンが過剰分泌されて体脂肪の分解を抑制し、体脂肪を体に蓄えやすくなってしまいます。

糖質は小分けにしてとることで、太りにくい体を作ることができます。

さらに、小分けに食事をしないと、たんぱく質が不足してしまいます。

たんぱく質は、体に長く貯蔵することができないため、こまめに摂取しなければいけません。

1日に4回くらいに分けて食事をすることが、ダイエット中の理想な食生活と言えるでしょう。

2:夜遅くの食事は控える

そして2つ目は「夜遅くの食事は控える」こと。

夜寝る直前にご飯を食べて寝てしまうと、胃の中に食べ物が残った状態になってしまい、体が休まらず成長ホルモンの分泌を阻害してしまいます。

成長ホルモンは、筋肉をしっかり成長させるために重要なホルモン。

寝る時に胃の中に食べ物が残っていると、この成長ホルモンが分泌されずに太りやすくなってしまうのです。

最低でも寝る3時間前には食事を済ませ、胃の中に食べ物が残っていない状態で寝るようにしましょう。

3:筋トレ前後には糖質とたんぱく質を摂取する

そして3つ目は「筋トレ前後には糖質とたんぱく質を摂取する」こと。

筋トレ後にたんぱく質を摂取するというのは有名ですが、糖質も摂取するのがオススメです。

筋トレ前にはおにぎり1個程度の糖質を摂取することでエネルギー補給になり、トレーニングの質が高まります。

筋トレ後には、筋肉の合成が活発になっているため、たんぱく質を多めに摂取しつつ糖質を同時に摂取することで、インスリンを分泌させることが重要です。

普段の食事ではインスリンを出す食事は控えるべきですが、インスリンには筋肉にたんぱく質を運び込んで筋肉量をアップさせる効果が期待できるのです。

なので、筋トレ後にはたんぱく質と一緒に糖質をしっかり摂取しましょう!

4:チートデイも定期的に取り入れる

そして4つ目は「チートデイも定期的に取り入れる」こと。

ダイエットをしていると、体重がなかなか減っていかない停滞期になってしまう女性も多いでしょう。

そこで、2週間に1度程度しっかりとカロリーを摂取するチートデイを設けることで、体が刺激を受けて再び代謝が活発になります。

代謝が活発になることで痩せやすくなり、日頃のダイエットのストレスを発散することも可能です。

取り入れ過ぎも良くありませんが、2週間に1度程度のチートデイは問題なし。

ぜひあなたもチートデイをうまく取り入れてみて!

まとめ:ダイエット中の食事管理をしっかりしよう!

今回は、ダイエット中の食事で気をつけたいポイントを4つ紹介しました。

ぜひあなたも、食事管理をしっかりこなして、リバウンドのしない綺麗な体を手に入れましょう!