効率よく痩せるなら!チートデイのダイエット効果や取り入れ方とは?

あなたはダイエット中に「なかなか体重が減らない」「こないだまで順調に減っていたのに...」と、悩んでしまったことはありませんか?

それはあなたが、ダイエットが順調に進んでいる証拠であり、ダイエット中の誰もがぶち当たる「停滞期」というもの。

停滞期はあなただけでなく、ダイエット中の人であれば必ず通る道なので、安心してください。

しかし、停滞期を乗り越えるにはどうしたら... と悩む人のために、今回はチートデイについてお話ししていきます。

ぜひダイエット中はチートデイをうまく取り入れて、効率よくダイエットをしていきましょう!

そもそもチートデイとは?

まずはそもそもチートデイとはなんなのか、説明していきます。

チートデイとは簡単にいうと、「ダイエット中だけで我慢せずになんでも食べていい日」のことを指します。

ダイエット中は、「揚げ物はダメ」「炭水化物もダメ」と我慢が続き、何かとストレスの溜まる日々を送っているのんではないでしょうか。

確かに食べる量を減らせば体重は減っていきますが、その変化に体が「これ以上痩せると危険だ!」と危険信号を出し、自然と痩せづらい体を作ってしまいます。

この危険信号を出す機能が「ホメオスタシス」と呼ばれるもので、誰もがこの機能を持ち合わせています。

このホメオスタシスの機能を解除するのに必要なのがチートデイ。

一時的に摂取カロリーを増やして体に「痩せても危険じゃないですよ〜」とこちらからサインを送ってあげることで、この機能は解除されてあなたの体重はまた減少していきます。

我慢をするだけが効率のいいダイエットではないということがわかりますね。

チートデイの取り入れ方は?

ではチートデイの取り入れ方や食べてもいいもの、そしてチートデイの頻度などを紹介していきます。

我慢だけのダイエットは避け、チートデイを上手に取り入れつつダイエットをしていきましょう!

チートデイを取り入れる時は「停滞期」

まず、チートデイを取り入れる時期について。

ズバリチートデイを取り入れる時期は「停滞期」です。

ダイエットをしている女性にとって、停滞期というのは非常にツライもの。

「こんなに頑張っているのに...」とストレスが溜まってしまうこともあるでしょう。

そんな停滞期はまず、体の低燃費状態を解除することが必要なので、この時にチートデイを取り入れて体に気が状態じゃないことを知らせてあげましょう。

そうすることで体の低燃費状態はもちろん、体のストレスも解消でき、あなたのダイエットはスムーズにいきますよ。

チートデイは何を食べてもいいの?

そしてチートデイの食べ物ですが、基本的に何を食べてもOKです。

我慢していた唐揚げなどの揚げ物、炭水化物であるお米など、自分の好きなものを食べましょう。

しかし、チートデイは「暴飲暴食をしていい日」ではありません。

自分の栄養バランスを考えながら献立を立て、普段の食事で足りないものを補うようにしましょう。

チートデイの頻度はどれくらい?

そしてチートデイの頻度ですが、チートデイの頻度の目安は1週間に1度程度。

体脂肪によってもチートデイの頻度を変えるという方法もあるため、自分にあった方法を選びましょう。

体脂肪でチートデイの頻度を変える場合には次の通り。

 

  • 30〜35%未満・・・2週間に1度
  • 25〜30%未満・・・10日に1度
  • 20〜25%未満・・・1週間に1度
  • 20%未満・・・4日に1度

 

体脂肪が多い場合には、あまりチートデイを入れなくてもダイエットはスムーズに進むことでしょう。

ぜひ一度、自分の体脂肪をしっかり把握し、チートデイの計画を立ててみてはいかがでしょうか?

まとめ:チートデイを取り入れて効率よくダイエットを行おう

今回は、ダイエットの味方であるチートデイについてお話ししました。

チートデイは、あなたのダイエットを後押しするために必要な時間です。

ぜひ一度、あなたもチートデイを正しく取り入れてダイエットをしてみてくださいね!