食べると幸せになれる?ダイエットにもオススメなバナナの効果とは

過去にも有名になった朝バナナダイエット。

あなたも試したことがあるのではないでしょうか?

バナナはスーパーでいつでも買えるお手軽フルーツで、毎日家の常備しているという人も多いもの。

そんなバナナは、ダイエット効果も抜群ですし、メンタルや睡眠などにも様々な効果をもたらします♪

そこで今回は、バナナにまつわる効果を5つ紹介していきます♪

ぜひあなたも、バナナを毎日食べてみませんか?

食べると幸せになれる?ダイエットにもオススメなバナナの効果とは

では、ダイエットにもオススメなバナナの効果を5つ紹介します。

バナナはダイエットの効果だけでなく、あなたの健康にとてもいい効果をもたらしてくれますよ♪

ぜひ毎日バナナを食べる習慣を身につけてみてはいかがでしょうか?

1:幸せホルモンが分泌

1つ目は「幸せホルモンが分泌」されること。

幸せホルモンという言葉をご存知でしょうか?

幸せホルモンとは「セロトニン」と呼ばれる物質で、バナナを食べることでこのセロトニンが作られると言われています。

セロトニンが分泌されると、不安定な心が安定したり、心が前向きになれたりと健康にいい効果をもたらしてくれるんですね。

そんなセロトニンを分泌するためにはトリプトファンとビタミンB6、炭水化物の3つが必要なのですが、その3つが効率よく摂取できるのがバナナ。

朝バナナを食べて太陽の光を浴びることで、効率よくセロトニンを生成できるというわけなんですね♪

ダイエットのメンタルを保つためにも、朝バナナは非常に効果的と言えるでしょう♡

2:睡眠の質が良くなる

2つ目は「睡眠の質が良くなる」こと。

朝にセロトニンが分泌されると、夜にメラトニンという物質が分泌されるようになります。

メラトニンがしっかり分泌されるようになると、睡眠の質が向上する効果が期待できるんですね。

ダイエットと睡眠に深い関係があるため、睡眠の質はしっかりと確保しなければいけません。

睡眠不足になると食欲ホルモンが増加してしまうため、朝にバナナを食べてセロトニンを増加させ、深い睡眠を手に入れましょう♡

3:カリウムでむくみ解消

3つ目は「カリウムでむくみ解消効果」です。

バナナにはカリウムが豊富に含まれているので、むくみ解消の効果も期待できます。

体の余分な水分を体外に排出することで、パンパンだった足や顔もスッキリし、ほっそりした体を手に入れることができます♪

日頃からなかなかむくみケアができないという人は、ぜひカリウムが豊富なバナナを食べてむくみを解消していきましょう。

4:筋トレ前の効率の良いエネルギー補給に

4つ目は「筋トレ前の効率の良いエネルギー補給」になること。

バナナは食べてから体内までの吸収が早く、エネルギーに早く変換される特性があります。

そのため、筋トレ前の栄養補給にバナナを食べることで、効率よく筋トレ前のエネルギー補給ができ、筋トレに100%の力が出し切れるわけなんですね。

さらに、バナナは筋トレ後にもオススメで、筋肉を効率よく作るための栄養補給にぴったり

筋トレ後はたんぱく質を効率よく吸収させるために糖質も必要ですが、脂質も低くビタミンやミネラルがたっぷり含まれるバナナは糖質補給にとてもオススメなんですね。

5:食物繊維で便秘解消

5つ目は「食物繊維で便秘解消」です。

バナナには食物繊維が豊富に含まれており、便秘解消にも効果抜群。

バナナの食物繊維量は熟し方によって違い、皮の青いバナナの方が熟したバナナより食物繊維が豊富と言われています。

もし、便秘解消のためにバナナを食べるという場合には、熟したものより若く青いバナナがオススメです♪

ぜひスーパーで若く青いバナナを探してみてくださいね♡

まとめ:幸せになれるバナナを食べよう♡

今回は、バナナにまつわる効果を5つ紹介しました。

ぜひあなたも、バナナを食べる習慣を身につけてみてはいかがでしょうか?