30代以降は要注意!あなたが突然痩せなくなった理由5つとは?

あなたは、「なんだか20代の時に比べて痩せにくくなった」「同じ生活をしているのにどんどん太っていく」と感じたことはありませんか?

20代の頃は少しダイエットをすれば元に戻った体重や体型も、30代になると簡単に戻らなくなります。

それは加齢による様々な原因があり、あなたの体は日々老化しているから...

そこで今回は、30代以降に多い突然痩せなくなった理由5つを紹介します。

もし、なかなか痩せないと感じたり、どうしたら痩せるのか悩んでいる人は、参考にしてみてくださいね。

あなたのダイエットの改善ヒントになるかもしれませんよ。

30代以降は要注意!あなたが突然痩せなくなった理由5つとは?

では、30代に入り、あなたが突然痩せなくなった理由を5つ紹介します。

30代になると、20代の時と同じような体型管理では追いつきません。

次の5つの理由を覚えて、ダイエットに役立ててくださいね♡

1:基礎代謝の低下

まず1つ目は「基礎代謝の低下」です。

基礎代謝とは、人間が安静にした状態で消費することができるカロリーのことを指します。

10代20代は何もしなくともそこそこあった基礎代謝ですが、30代以降になると日々低下...

あれよあれよと言う間に、100kcal以上下がっていってしまうんです。

その原因は、加齢による筋肉の低下によるもの。

基礎代謝は筋肉の増減により増えたり減ったりするものですが、30代以降になると運動をしなければ1年に0.7%ずつ筋肉は衰えていきます。

その結果、運動をしなければどんどん基礎代謝が下がり、太りやすく脂肪がつきやすい体になってしまうんですね。

2:ホルモンバランスの崩れ

そして2つ目は「ホルモンバランスの崩れ」です。

女性ホルモンには「エストロゲン」「プロゲステロン」の2つがありますが、このバランスが崩れることで体型も崩れがちに。

エストロゲンの分泌量が30代以降になると急降下し、筋肉量の低下や内臓脂肪を蓄えやすくなります。

その結果、太りやすくなったり痩せにくくなったりと、体型がどんどん崩れていってしまう原因に...

さらに、プロゲステロンの分泌が乱れることで、脂肪や水分を蓄えやすくなってしまい、むくみを引き起こしたり太りやすい体型を作ってしまいます。

3:妊娠・出産などによる体型の崩れ

そして3つ目は「妊娠・出産などによる体型の崩れ」です。

30代以降になると、妊娠や出産を経験する人が多くなることでしょう。

妊娠や出産で体型が崩れて元に戻らないと言う話は、よく耳にする話。

それは骨盤がゆがんでしまい、老廃物が溜まってしまったり基礎代謝が下がってしまうことが原因です。

骨盤が歪むと、お腹や背中などの上半身はもちろん、腰回りにも肉がつきやすくなるので注意が必要ですね。

4:ストレスや寝不足

そして4つ目は「ストレスや寝不足」です。

30代になると仕事が一気に忙しくなり、残業などで寝不足になったりストレスが溜まったりすることもあるでしょう。

寝不足になると、食欲増進ホルモンが増えて食欲が止まらなくなります。

さらに、ストレスがたまるとイライラホルモンであるコルチゾールが分泌され、筋肉を壊したり基礎代謝が低下する原因に。

ストレスや寝不足は、女性の天敵ですね。

5:冷えや腹筋低下による便秘

そして5つ目は「冷えや腹筋低下による便秘」です。

30代以降になると、便秘に悩まされる人も多いのではないでしょうか。

そんな便秘は、体の冷えや腹筋が低下することによって引き起こされます。

運動不足がたたって体が冷えたり、踏ん張るための腹筋が衰えたりすると、どうしても便秘になりがちです。

ぜひ、体を温めるために白湯を飲んだり腹筋を取り入れたりして、便秘を解消していきましょう。

まとめ:30代になったら普段の生活を見直して!

今回は、30代以降になって痩せにくくなる理由を5つ紹介しました。

20代と30代では、体の内部がとても変化しています。

ちょっとした変化を見逃さず対応できると、あなたの体も良い方向に向かっていきますよ!