プロテイン置き換えダイエットの正しい方法とおすすめプロテイン5選

「置き換えダイエット」が流行る中、鉄板はプロテインですよね!「置き換えるタイミングは?」「メリットやおすすめプロテインが知りたい!」などの疑問を解決すべく、今回はプロテイン置き換えダイエットの解説とおすすめプロテインを5つ厳選しました!

プロテイン置き換えダイエットの効果

①短期間で痩せる

置き換えダイエットの最大の特徴は短期集中ダイエットです。普段摂ってた1食分のカロリーを最大限抑えることで、短期間で成果を発揮できます。〜までに何kg、減量期の体重管理にも向いているダイエット方法です!

ただし、カラダのことやコスパを考えると永久には続かないダイエットなので、期間を定めて取り組みましょう。

②栄養たっぷりで健康的に

プロテイン=たんぱく質ですが、プロテインはたんぱく質以外にもビタミンやミネラルなどの栄養素がたくさん入っています。プロテイン置き換えダイエットを継続的にすることで足りない栄養が補給され、「寝起きが良くなる」「活動的になる」など健康面のメリットもたくさんあります。

特に海外製のプロテインはコスパ抜群で栄養価も高いのでおすすめですよ♪

③お肌や髪など美容にも効果発揮

たんぱく質は肌や髪、爪を作る重要な栄養素なので、飲み続けることによって美肌が保たれたり髪質、爪を丈夫にしてくれます。最近はモデルや芸能人が美容目的でプロテインを飲んでいることもあり、トレーニングをしていなくてもプロテインが身近になってきましたよね。

大豆を主成分にしたソイプロテインビーガンプロテインなど、美容効果の高いプロテインもあります。ダイエットをしながら美容も磨ける一石二鳥の置き換えダイエットです!

プロテイン置き換えダイエットの正しいやり方

・置き換えのタイミング

プロテインの置き換えダイエットでまず初めに悩むのが、置き換えるタイミングですよね。置き換えるタイミングに正解はありませんが、夜ご飯をプロテインに置き換えるのがベターです。摂取するカロリーが1番多くなる食事をプロテインに置き換えるのが基本的な考えで、ほとんどの人が夜ご飯に当てはまりますよね。

特に夜ご飯は脂質が多くなりがちなので、プロテインに置き換えるにはピッタリなのです!「夜はいつもヘルシーだけど、間食しちゃう」こんな人は間食をプロテインに置き換えてもOKです!

・置き換える量と頻度

何から何までプロテインに置き換えるのは間違ったやり方で、栄養の偏りやタンパク質の過剰摂取になってしまいます。あくまでもバランスの良い食事は大前提で、プロテインに置き換えるのは1日1~2回までにしておきましょう。

摂取する量については、メーカーが推奨する1回分の量で十分です。1度に多くのプロテインを摂取すると栄養の過剰摂取になったり、吸収しきれずに脂肪に変わってしまいます。

・運動・筋トレで相乗効果

プロテイン置き換えダイエットに運動筋トレも取り入れることで、ただ痩せるだけではなくメリハリのあるカラダを目指すことができます。特に筋トレ後のプロテイン置き換えで、筋肉をキープしつつ脂肪を落とすのがこのダイエットの最大の魅力!ボディメイクの楽しさも同時に覚えるかもしれませんよ♪

正しい置き換えダイエットのやり方と相乗効果で、理想のカラダを手に入れましょう!

プロテイン置き換えダイエットのメリット

①豊富なフレーバーから選び放題

メリットの1つ目は、プロテインはフレーバーが豊富にあることです。特に最近のプロテインは品質はもちろん、ユーザー目線で作られたものが多く味が美味しいです。メーカーによっても味は様々なので、置き換えダイエット期間に何種類かのフレーバーを試して楽しむこともこのダイエットの醍醐味です。

②手間がかからない

何よりも手間がかからないのが最大のメリットですよね!シェイカーに1杯入れて水に溶かしシェイクすれば完成しちゃうので。色々なダイエットを試して続かない人は、ダイエットをするために何かを準備する行為が面倒で続かないパターンも多いです。プロテインなら3分もあれば作れるので、面倒な準備は何もありません。

③知識不要

特別な知識も必要ありません。カロリーの計算や1日の食事内容で足りていない栄養などは知っておいたほうがダイエットの効果をさらに高めることができますが、専門的な知識をつける必要はないです。バランスの良い食事に1食置き換える、これだけで十分です♪

プロテイン置き換えダイエットのデメリット

①リバウンドしやすい

プロテイン置き換えダイエットの弱点はリバウンドです。置き換えダイエットや食事制限の宿命ですね。リバウンドしてしまう原因は想像がつくと思いますが、プロテインから普段の食事に戻すと脂質、炭水化物ともに摂取量が戻りカロリーも増えます。さらに、人間のカラダは元に戻ろうとする働きがあるので、短期間で瘦せた体重は短期間で戻ってしまうのです。

リバウンドを少しでも抑えるには運動、筋トレを継続することです。特に筋トレはカロリーを消費しながら代謝を上げることができるので積極的に取り組みたいですね。

②金銭的負担が大きい

食事量を減らしたり運動をしてダイエットするのと違い、プロテインの購入費がかかります。どんなに安くても1ヶ月に5,000円前後はかかりますし、他のサプリメントと併用したりすると万単位でお金がかかります。これが生活の負担になりダイエットが続かないこともしばしば…。期間と金銭面で計画的に取り組む必要がありますね。

③挫折しやすい

置き換えダイエットの最大の敵は空腹です。1食を低カロリーのプロテインに置き換えるのですから、当然空腹感に襲われます。置き換える前の食事が多ければ多いほど、空腹感は増していきます。特に夜ご飯を置き換える場合は空腹感でなかなか眠れないなんてことも。

空腹に慣れるか慣れないかで、ダイエットが続くかどうかと言っても過言ではありません。

④筋肉量が減ってしまう

極端に摂取カロリーを抑えることで脂肪は落ちますが、同時に筋肉量も減ってしまいます。炭水化物やカロリーが足りないとカラダのエネルギーが不足し、筋肉が分解されてエネルギーに変換されてしまう=カタボリックしてしまいます。筋肉量が減ると代謝が下がるので、ダイエットをやめた後に脂肪がつきやすくリバウンドの原因にも繋がります。

なので置き換えダイエットと筋トレは並行して取り組むべきなのです!

⑤一生続けることができない

残念ながら、置き換えダイエットは一生続けることができません。何度も言いますが、短期集中ダイエットです。体重は落ちるとこまで落ちたらマンネリ化してそれ以上はなかなか落ちてくれません。かと言って置き換える回数を増やすと栄養が偏り健康を害します。金銭的にもかなりの負担です。

そして何よりもモチベーションが続かないですよね。毎日夜ご飯に食べたいものが食べれないのは誰だって耐えられません。年に数回、夏に向けて、結婚式前などメリハリをつけてダイエットしましょう!

おすすめプロテイン5選

①Optimum Nutrition, Gold Standard(ゴールドスタンダード)

プロテインの代名詞と言えばオプチマムのゴールドスタンダードです。海外製のプロテインで、付属スプーン1杯でプロテイン24g、BCAA5.5g(筋肉のエネルギー源である必須アミノ酸)、120キロカロリーと素晴らしい栄養価を誇ります。約20種類のフレーバーから選べるのも魅力で、美味しいと評判♪安心のブランド力もあり、置き換えダイエットやトレーニ―に愛用されているプロテインです!

②エクスプロージョン ホエイプロテイン

国産のコスパ最強プロテインと言えばエクスプロ―ジョンのホエイプロテインです。大容量3㎏100食分で5,000円を切る国産のプロテインはなかなかありません。100%ナチュラルホエイアミノ酸スコア100と品質も十分で味も美味しいと評価が高いです。トレーニーに好まれることが多いプロテインですが、高品質低コスパなので置き換えダイエットにもピッタリですよ!

③ビーレジェンド ホエイプロテイン

ビーレジェンドのホエイプロテインは、豊富なフレーバーとアニメとコラボしたパッケージが特徴の国産プロテインです。既存のフレーバーはなんと20種類以上で、定期的に新しいフレーバーが追加されるので色々な味を楽しめます、国産プロテインの中ではコスパが良いほうで、アミノ酸スコア100たんぱく質含有量20g以上と品質も申し分ありません。モンドセレクション最高金賞を受賞したこともあり、認知度もある高品質プロテインです!

④明治 ザバス(SAVAS) ソイプロテイン100

1番身近なプロテインと言えば明治のSAVASシリーズですよね。スーパーやコンビニでも販売されているので1度は見たことがあるでしょう。他のプロテインと違う点は、大豆を主成分にしたソイプロテインです。脂質が少なくアミノ酸が豊富に含まれている、ホエイプロテインに比べて吸収スピードが遅いことが特徴です。ドロッとしたプロテインで腹持ちが良いので、置き換えダイエットや原料にはピッタリなのです!

⑤ザバス(SAVAS) ホエイプロテイン100+ビタミン

安心安全のSAVASホエイプロテインに、ビタミンB1,B2,B6,C,Dと豊富なビタミンが配合されているプロテインです。たんぱく質同様、ビタミンはカラダ作りに必須で健康的な置き換えダイエットを可能にします。溶けやすく飲みやすいのも魅力。迷ったらまずSAVASのホエイプロテインから入るのが間違いないですよ。

まとめ

今回はプロテイン置き換えダイエットの解説とおすすめプロテインを紹介していきました。フィットネスブームもあり人気のダイエット方法ですが、間違ったやり方で逆効果にならないようにしっかりとこの記事を読んでダイエットに励んでくださいね!