プロテーゼとは?!失敗しない理想な鼻筋を作るプロテーゼ(隆鼻術)について

鼻を高くしたいな…と思った時、よく「プロテーゼ」という言葉を耳にしたことはありませんか?プロテーゼとは、シリコン素材でできた型を用いいて、鼻を美しく綺麗な形に整えることができる隆鼻術で使用されるものです。外人さんのような綺麗な鼻筋は憧れますよね。そこで今回は鼻整形を考えている方必見!プロテーゼのことについて詳しくご紹介いたします。

プロテーゼとは

プロテーゼは人間の軟骨に近い性質の医療材料を使用しています。シリコンプロテーゼは、心臓弁や人工関節などの治療でも使われている安全な性が高いものです。鼻の内側から入れるので、外観に傷が付くことなくできるのも嬉しいポイントです。一度入れたプロテーゼは、大きな変形や変質もないので半永久的に形を整えることができます。

形は大きく分けて3型あり、I型、L型、バード型があります。理想の鼻筋を作るためにカウンセリングをして、どの型が一番合うかどうかを決めていきます。

プロテーゼをおすすめする方

・鼻筋をきれいに見せたい

・鼻に高さを出したい

・半永久的に鼻の形を整えたい

・離れ目を改善したい など

このような方にはプロテーゼの隆鼻術をすることがおすすめです。メガネが落ちてくる、お顔の立体感的に見せたい、横顔をきれいに見せたい。など、コンプレックスのお悩みを解決できます。

プロテーゼの型の特徴

I型プロテーゼの特徴

・離れ目の方

・鼻を高くして鼻筋をシャープにしたい方

鼻筋をきれいにしたい、鼻を高くしたい方におすすめの形です。鼻先の皮膚に負担がかからずに綺麗な鼻筋を作ることができます。他の施術(団子鼻の修正や鼻尖形性)を併用することで、より立体感が生まれてシャープな鼻筋を作ることができます。

L型プロテーゼの特徴

・離れ目の方

・鼻先までしっかり高さを出したい

・団子鼻をすっきりさせたい方

鼻筋から鼻先まで綺麗に高さを出すことができるので、横から見てもバランスが良く見えるのが特徴です。鼻先の丸い団子鼻でコンプレックスを持っている方にもおすすめです。鼻先までプロテーゼを入れると、その分皮膚が伸ばされるため、術後は少し違和感があるかもしれませんが少しずつ落ち着いてきます。

バード型プロテーゼの特徴

・鼻筋を綺麗に見せたい方

・自然な高さのある鼻先を作りたい方

1番人気で自然な形を作ることができるのがバード型で、L型と比べてより自然に鼻先の高さを出すことができる、皮膚に負担がかからないなどのメリットがあります。

L型は鼻筋から鼻先まで立体感な形を1番出すことができますが、鼻先からプロテーゼが露出してしまったりすることもあります。バード型はそういった心配もなく、プロテーゼの形が鼻先は少し丸みを帯びているので、皮膚に負担も少ないのも特徴です。

プロテーゼのダウンタイムは?

プロテーゼを入れた後のダウンタイムは少なく、麻酔をして鼻の内側からプロテーゼを挿入していきます。麻酔が切れても大きな痛みはなく、ジンジンする程度な痛みほどしかないため安心して受けることができます。

一時的に赤みや腫れ、内出血などが起こる方もいらっしゃいますが、プロテーゼを入れた直後は1番腫れは出るものの、 2〜3日で徐々に引いていきます。

綺麗な鼻筋を作るポイント

プロテーゼを入れる時に失敗しない、綺麗な鼻筋を作りには「Eライン」を整えることです。Eラインとは、お顔を横から見て鼻と顎を結ぶラインのこと。このEラインの中に唇が収まっていると「横顔美人」と呼ばれる綺麗な黄金比を作ることができます。

プロテーゼを使った隆鼻術と併せて、鼻尖縮小(団子鼻の修正)、鼻尖形性(鼻の穴を目立たなくする)、顎の高さを調整、場合によっては歯科矯正など、お顔のトータルバランスを良くして美しさを叶える施術をすることもおすすめです。

画像引用元:https://www.biyougeka.com/contents/face/jaw/implant/

プロテーゼを抜去する必要があるとき

プロテーゼを入れて何か違和感を感じたりする場合もあります。無理にずっと入れておく必要はなく、場合によっては抜去することもあります。

仕上がりに納得がいかないとき

基本はカウンセリングをしてからプロテーゼを入れますが、術後に確認して想像してよりも鼻筋が低かったり、鼻先の高さが出ていなかったりすることも稀にあります。そんな時は必ずドクターに相談して、希望通りの施術をしてもらうようにしましょう。プロテーゼの抜去と入れ替えは同じ日に対応可能なことが多いので、必ずその日に相談をしてみて下さい。

感染が疑われるとき

プロテーゼを入れた後に痛みや赤みが中々引かなかったり、腫れてきてしまった場合はプロテーゼが感染してしまっている可能性があります。極めて低い症例ですが、その時はプロテーゼを抜去して約1ヶ月ほど置いてまた施術することをおすすめいたします。

鼻先からプロテーゼが露出してまったとき

皮膚に負担がかかりすぎてしまい、赤みがひどくなりプロテーゼが露出してしまうこともあります。露出をしてしまった場合は感染リスクも高くなるため、抜去する必要があります。鼻先までプロテーゼがあるL型やバード型にみられることが稀にあります。

画像引用元:https://www.304783.com/sp01/

プロテーゼが曲がったり動いてしまうとき

プロテーゼを挿入するとき、基本的には骨膜下に入れますが、稀に皮下に挿入してしまってプロテーゼが動いてしまう場合があります。不安定で鼻に違和感が残るため、抜去して正しい位置に修正してもらう必要があります。

画像引用元:https://www.taide-bc.com/2019/08/

おわりに

プロテーゼって失敗するのが怖かったり、鼻が変形してしまうのではないか。と悩んでいた方も多いはず。ご自身のお鼻の特徴に合わせたプロテーゼの形があるので、しっかりカウンセリングをして安心して施術を受けることができます。プロテーゼを考えている方は、ぜひ美容クリニックの症例写真なども確認して、一度カウンセリングを受けてみて下さい!

iOSアプリダウンロードはこちらから↓

ABOUTこの記事をかいた人

アパレル販売員を経験し、コスメやメイク、スキンケアなどをより詳しく学びたいと思い、下記資格を取得。 ・日本化粧品検定1級、2級 ・コスメコンシェルジュ 美容医療に携わり、美容の知識をつけるため、現在も化粧品の成分やメイク、コスメなどを勉強中です。 美容は「継続は力なり」ということわざがあるように、努力を惜しまず続ければ、誰でも必ず結果として現れます。 私は「美容は楽しんでやる」をモットーに、毎日のスキンケアもメイクも楽しんで行うように心がけています。 女性はいつまで経っても若々しく綺麗でいたいものです。 美容の知識をたくさんつけ、皆さんへより良い情報を届けられるよう、たくさん発信していきます。