もうメイク選びに迷わない!パーソナルカラータイプ別似合うメイク法を紹介!

「雑誌のモデルさんが使ってて綺麗だったから」「今流行りの色だから」と自分も同じメイクをしてみたものの、「なんだか自分には似合わない・・・」、コスメ売り場で数えきれないほどのコスメの種類に、「何を買っていいのかわからない」こんなことありませんか?

そこで役に立つのがパーソナルカラーです。パーソナルカラー=自分に似合う色が分かれば、自分に似合うファッションやメイクをすることができるようになります。

今回はパーソナルカラーのタイプ別、特徴やおすすめメイク法を詳しく紹介しています。自分に似合う色がわからなかった方、今のメイクがしっくりこない方はぜひ参考になさってくださいね。

パーソナルカラーとは

パーソナルカラーって聞いたことありませんか?おしゃれに興味のある方ならき耳にしたことがあるかと思いますが、パーソナルカラーとは、自分が持って生まれたボディーカラー(肌・髪・瞳・唇・頬)と調和した色=自分に似合う色のことを言います。

パーソナルカラーを、ファッション・メイク・ヘアカラーなどに取り入れると、自分に似合うスタイルができるようになり、自分の魅力をさらに引き出すことができるので、周りからの印象も良くなり自信もつきます。

パーソナルカラーは、まず肌の色味からイエローベースブルーベースに分けられ、さらに明度(明るいか暗いか)と彩度(鮮やかか落ち着いているか)・質感・印象がソフトかハードかなどからイエローベース・スプリング、ブルーベース・サマー、イエローベース・オータム、ブルーベース・ウィンターの4タイプに分けられます。

パーソナルカラーを知るには、プロのカラーアナリストに診てもらうのが一番ですが、多くのパーソナルカラー関連のサイトで無料の自己診断を載せていますので、まだご自分のパーソナルカラーを知らない方は、チェックしてみてくださいね。

似合うメイクをするメリット

パーソナルカラーを取り入れた自分に似合うメイクをすると、以下のようなさまざまなメリットが得られます。

・肌につやがあり輝いて見える

・健康的に見える

・若々しく見える

・小顔に見える

・顔立ちがはっきりする

・魅力度がアップする

パーソナルカラータイプ別・特徴とおすすめメイク法

次に、パーソナルカラー4タイプ別それぞれの特徴と似合うカラーやメイクを紹介していますので、メイクの参考になさってくださいね。

スプリングタイプの特徴とおすすめメイク

【特徴】

明るく元気で可愛らしい印象のスプリングタイプは、年齢より若く見られることが多いのも特徴。肌は皮膚が薄く明るいベージュで、ツヤ感があり血色が感じられます。髪は明るめのブラウンかソフトなブラックで細くツヤがあり、瞳は明るいブラウンでガラスのようにキラキラ輝いて見えます。血色感があるので、唇と頬は明るいピンク色をしています。

【おすすめメイク】

明るく可愛らしい印象のスプリングタイプのメイクには、本来持っている肌のツヤ感を活かして、クリアーで明るい色を使ったナチュラルメイクがおすすめです。

似合う色は、コーラルピンクやオレンジ・グリーンなど明るくポップな色。逆に青味の強い色や暗い色は不健康そうに見えてしまうので避けた方がいいでしょう。

ファンデーション・・・ツヤのある肌を活かしたベージュ~オークルが合わせやすいです。ただし、青味のあるピンクベージュやオークルピンクは、イエローベースの肌には馴染まないので避けた方がいいでしょう。

アイシャドウ・・・オレンジ・ゴールド・ライトグリーンなど明るいカラーがおすすめ。ナチュラルに仕上げたい時には、ブラウン系でまとめて。ベージュやライトブラウン・ピーチブラウンなど明るめのブラウンをアイホールに乗せて、アイライン代わりにダークブラウンを目の際に使うとナチュラルな目元が完成。

チーク・・・コーラルピンクやオレンジなどクリアで明るい色味のものは、スプリングタイプのツヤのある肌を引き立たせてくれるのでおすすめです。青味のあるものやくすんだ色は顔色を悪く見せてしまうので避けましょう。

リップ・・・コーラルピンクやピーチピンク・オレンジで、ツヤ感のあるものやパール・ラメの入ったものがおすすめです。

サマータイプの特徴とおすすめメイク

【特徴】

上品でエレガントな印象のサマータイプは、ピンクがかったキメの細かい透明感のある肌をしています。髪は、細くて柔らかくソフトなブラック。瞳は赤味のあるブラウンで白目と黒目のコントラストは柔らかく、優しい印象を与えます。唇と頬は、ピンク・ローズ系です。

お得なクーポンはこちらから↓

【おすすめメイク】

上品でエレガントな印象のサマータイプには、はっきりとした色より淡いトーンのものがおすすめ。メイクの配色は、一つ一つにポイントを置くより全体に統一感を持たせた方がまとまります。似合う色は、ラベンダー・スモーキーピンク・グレイッシュブルーなどくすんだパステルカラー。黄味の強い色や暗い色は、顔がくすんで疲れているように見えてしまうので避けた方がいいでしょう。

ファンデーション・・・青味がかったピンクやベージュ~ライトオークルが合います。下地にラベンダーカラーを使うと、ブルーベースの透明感のある肌をより引き立たせます。

アイシャドウ・・・ラベンダー・ライトブルー・スモーキーピンクなどブルーベースのくすんだパステルカラーがおすすめ。

チーク・・・黄味のないピンクやローズがおすすめです。オレンジは、ブルーベースの肌には馴染みが悪くくすんで見えてしまいます。

リップ・・・ライトピンク・ローズピンク・フューシャピンクなど青味のあるピンク系で、ツヤのあるもの・ラメではなくパールの入ってるものがおすすめです。

オータムタイプの特徴とおすすめメイク

【特徴】

落ち着いた、またゴージャスな大人の雰囲気を持ったオータムタイプ。肌は、オークル系でマットな質感、くすみやすい人もいます。日焼しやすく戻りづらいのも特徴です。

髪は、ダークブラウン。瞳はダークブラウンかブラックで、白目と黒目のコントラストは柔らかく優しい印象を与えます。人によっては黒目が深い緑色に見えることがあります。口唇と頬は、血色感があまりがないオレンジかベージュです。

【おすすめメイク】

落ち着いた、またゴージャスな雰囲気を持つオータムタイプには、大人っぽいメイクが似合います。似合う色は、オレンジ・ゴールド・ブラウン・ベージュなど落ち着いた色味のナチュラルなアースカラー。肌質がマットなので、パール感のあるものを使ってツヤ感を出すのがおすすめです。青味の強いものは、顔色を悪く見せてしまうので避けた方がいいでしょう。

ファンデーション・・・オークル系。

アイシャドウ・・・ブラウン・オレンジ・ゴールドなどスモーキーカラーがおすすめ。ナチュラルに仕上げたい時はイエローブラウンやオレンジ系のブラウン、華やかに仕上げたい時はアイホールにゴールドを乗せアクセントにパープルやネイビーを使うと〇。

チーク・・・オレンジやベージュ・黄みがかったサーモンピンクがおすすめです。青味の強いピンクはオークルの肌には馴染まないので避けた方がいいでしょう。

リップ・・・サーモンピンクやベージュ、深みのあるレッドやブラウン、オレンジやテラコッタがおすすめです。

ウィンタータイプの特徴とおすすめメイク

【特徴】

クールでシャープな印象のウィンタータイプは、個性的な人が多いのも特徴です。肌は、ピンク系の白肌か地黒。ツヤはあるけれど血色は感じません。髪は、コシとツヤのある黒髪。瞳はブラックかダークブラウンで、白目と黒目のコントラストがはっきりしていて、目力が強い人が多いです。唇と頬はローズ系で血色がなく、青ざめて見えることもあります。

【おすすめメイク】

クールでシャープな印象のウィンタータイプには、目元や口元にポイントを置くなどシャープでメリハリのあるメイクがおすすめです。レッド・グレー・シルバーなど鮮やかでくすみがなくインパクトのあるカラーが似合います。

ファンデーション・・・ブルーベースの肌に合うのは、ピンクベージュ~ピンクオークル系。

アイシャドウ・・・パープル・ラベンダー・ブルーなど青味のあるはっきりした色味が似合います。また、スモ-キーピンク・グレイッシュブルーといった青味のあるスモーキーパステルも合います。シャープな仕上がりにしたい時は、黒やネイビーのラインで引き締めて。

あまりシャープさやクールさを強調したくない場合には、シルバーやラメの入ったシルバーピンクをアイホールに乗せ、目尻目頭のみにネイビーやパープルを入れると女性らしさのある仕上がりになります。ナチュラルに仕上げたい時には、ピンクベージュやココアブラウンがおすすめです。

チーク・・・ブルーベースの色白の肌には、青味のあるローズ系や鮮やかなピンクが合います。目もとや口元にポイントを置いて、チークはあまり強く入れず、つやのあるきれいな肌を活かすメイクが○。

リップ・・・青味のある鮮やかなローズ・レッド・フューシャピン、深みのあるワインレッドなどが似合います。ナチュラルに仕上げたい時は、唇の中央にのみ濃い色を乗せ全体にグロスを塗るのがおすすめ。華やかに見せたい時は、リップペンシルで輪郭を取り、マットなカラーをきちんと塗って軽くティッシュオフした後、上からグロスを重ねます。

まとめ

今回は、パーソナルカラータイプ別のおすすめメイク法をご紹介しました。苦手カラーも載せかしたが、合わないといわれたけどこの色を使いたい!ということもありますよね。

タイプ別のカラー分け通りに、はじめから合う・合わないと色分けするのではなく、例えばベースを似合うカラーにして苦手カラーはポイント的に使ったり、似合うカラートーンに合わせたりと苦手カラーもうまく取り入れて、ご自分の魅力を引きだ出すメイク法を見つけてくださいね。

大人気美白化粧水hakuの詳細はこちらから

今人気のクリスタルトマトの詳細はこちらから

ABOUTこの記事をかいた人

美容に関することが大好きで、メイクやスキンケアといった外から美しくなる事ももちろん、中からも綺麗になれることを心がけています。薬膳マイスターの資格を持っており、メイクやファションでより美しくなるための綺麗なお身体を作ることにも取り組んでいます。 これからも女性が美しくなれるあらゆる知識を広げながら、読者の皆様に楽しく興味を持って読んでもらえる記事をたくさん書いていきたいと思っています。 どうぞよろしくお願いいたします!