今話題のパーソナルケアを徹底解説!ワンランク上の身だしなみへ!

身だしなみを整えるためのお手入れといわれているパーソナルケア。普段のケアに加えてプラスワンのお手入れをすることで、ステップアップした身だしなみを手に入れることができます。パーソナルケアを始めるにあたって心がけておきたいことや美容分野における定番のパーソナルケア商品もご紹介していきます!

今注目のパーソナルケアってなに?

「パーソナルケア」という言葉をご存知でしょうか?パーソナルケアとは、身だしなみを整えることを目的とした自分自身に合ったお手入れのことをさします。美容分野では、一般的なお手入れにくわえて個人の悩みや好みに合わせた自分だけの「スペシャルケア」や「ビューティーケア」ともいいます。

パーソナルケアに使われる商品は、リップクリームやボディクリームなどのスキンケア商品、シャンプーやリンスなどのヘアケア商品、医薬品、ヘアカラー、シェービング、入浴剤など幅広い分野ののものが挙げられ、「トイレタリー」と表現されることもあります。

しかしはっきりとした定義はないため、個人の身だしなみを整えるものという認識で捉えるとわかりやすいと思います。

パーソナルケアをはじめるには?

パーソナルケアは「必要不可欠なケア」というよりも「プラスワンのケア」を指すため、追い求めれば追い求めるほどキリがありません。全てを取り入れようとしてしまうとお金もかかってしまいますし、続かない可能性も出てきてしまいます。

まずは自分にとって何が必要なのかを見極め、優先順位を決めてパーソナルケアを取り入れるようにしましょう。

外に出る機会の多い人は日焼け止めが必要と思う一方、エアコンの元にいる時間が長い人は乾燥対策のためにハンドクリームを必要とするかもしれません。それぞれの環境によって取り入れるケアが違うということがわかると思います。パーソナルケアについて考えることで、今一度自分の生活を振り返ってみるいい機会にもなりますよ!

美容分野の定番パーソナルケア商品!

1.クレンジング

引用:https://www.instagram.com/p/BtneFYUACql/?utm_source=ig_web_copy_link

クレンジングは必要不可欠のものでは?と思うかもしれませんが、メイクをしない人にとっては不要なものなのでパーソナルケア商品として考えられています。クレンジングの中でも仕上がり感にこだわりたいという方や、自分の肌質に合ったものを選びたいという方に分かれますよね。

仕上がり感や肌タイプ別におすすめのクレンジングオイルもご紹介していきます!

①メイクをしっかり落としてさっぱりと仕上げたい方におすすめのファンケルのマイルドクレンジングオイル

アイメイクなどのポイントメイクをしっかり落とし、毛穴の汚れも洗い流してくれます。洗い流した後はさっぱりとした仕上がりですが、適度なうるおいを残してくれるので肌がつっぱることはありません。

②敏感肌の方には低刺激で肌に優しいノブIIIクレンジングクリーム

敏感肌向けに作られたクレンジングクリームです。無香料・無着色・アルコールフリーで肌への刺激を減らし、抗炎症効果のある成分が配合されていて肌の炎症を落ち着かせてくれます。

③洗い上がりもしっとり!保湿力が欲しい乾燥肌の方にはルルルンのクレンジングバーム

バームタイプのクレンジングは洗い上がりがつっぱることなく、しっとりとした肌の状態を保ってくれます。古い角質を取り除いて明るい肌に導いてくれるロイヤルエピジェンや毛穴を目立ちにくくしてくれるミニポリるなど美容成分もたっぷり入っていておすすめです!

ルルルン クレンジングバーム 90g ※お一人様10点限り

2.シートマスク

引用:https://www.instagram.com/p/B6SefkSALdw/?utm_source=ig_web_copy_link

スペシャルケアの定番といえばフェイスパックではないでしょうか。お風呂上がりや朝のメイク前に使用することで水分のあるぷるんとした肌に仕上がりますよね。

①肌の鎮静にはメディヒールのティーツリーケア

鎮静効果のあるティーツリー葉オイルがストレスを受けた肌を落ち着かせてくれます。ニキビなどの肌あれの時も肌に負担なく使えるシートパックです。

②肌トーンをあげたい方にはポーラのホワイトショット

美容液のたっぷりと入った小さいサイズのシートマスクがメラニンの生成を抑えて、シミやそばかすができるのを防いでくれます。即効性があることにも定評があります。

嗜好に合わせたケアを

身だしなみを整えることを目的としたパーソナルケア。既に取り入れているお手入れから今後取り入れてみたいお手入れなど様々なパーソナルケアがあると思います。今取り入れているケアでも「自分の悩みを解決してくれるケアなのか」「肌質にあったケアなのか」もう一度考え直して新しいものを取り入れてみると、想像以上の仕上がりが手に入れられるかもしれません。

今回ご紹介したパーソナルケア商品は極一部です。ご自身の生活や嗜好に合わせて、普段のケアにプラスワンでどんなお手入れを取り入れたいか検討してぜひ取り入れてみてくださいね!