身体の温度があがるといいことだらけ!温活にベストな飲み物とは??

身体の冷えは女性の身体の悩みの中でも多く、冷えが原因で引き起こされる身体の不調は肩こりや不眠、慢性的な疲労感など様々な症状があります。身体の冷えに対し日々改善する行いをすることを「温活」といいますが、1番簡単な温活は温活に適切な飲み物を飲むことです。今回は温活にベストな飲み物で冷えを改善する方法を紹介していきます。冷えに悩んでいる方は参考にしてみてくださいね♪

「温活」とは?

「温活」とは、冷えを感じたときに温めるのではなく日々継続的に身体を温める行いをしていることです。継続的に身体を温めることで冷えによる身体の不調を予防する目的があります。

「冷え」とは?

手や足、腹部など体のどこかに冷えを感じ、不快や苦痛に感じている状態です。気温が高いときや室内が暖かい状態でも冷えを感じたり、寒いときに人より冷えを感じたりする状態です。

冷えの原因は様々ですが、主に睡眠不足や食生活の乱れ、ストレスなどによる自律神経の不調から引き起こされます。自律神経が乱れると血流が悪くなり、新鮮な血液が足先や指先まで送られなくなってしまうため「冷え」を感じることになります。

身体の冷えは何で起こるのか?

冷えの原因は毎日の飲み物や食べ物に潜んでいるといわれています。冷たい飲み物や食べ物を摂る事で、知らず知らずに身体を冷やしてしまっているのです。体温以上の食べ物や飲み物を飲むことにより身体の冷えを防ぐことができます。

入浴時にシャワーだけで済ませてしまうことも冷えの原因の一つです。シャワーだけで済ませると身体が温まらず血行を悪くしてしまっています。しっかりお湯に浸かることで全身の血行がよくなり新陳代謝を促して体温を上げることに繋がります。

運動不足も冷えの一因です。筋肉量が減少すると全身の血流が悪くなってしまうので冷えを引き起こします。筋肉には多くの毛細血管があるので筋肉を動かすことで血流が動き、身体を温めることができます。

夏場に使用するエアコンや扇風機も身体の冷えを促進させてしまう原因です。室内と室外の気温差が大きいと体温を調節する自律神経に負担がかかってしまうためです。冷えは自律神経の失調から起こることが多いので定期的にストレッチで身体を動かして血流が滞るのを防ぐことが必要です。

「冷え」の症状は?

「冷え」の症状として感じやすいのは、

  • 手足の先が冷たい
  • 便秘や下痢になりやすい
  • 布団に入っても手足が冷たくて中々眠れない
  • 体温が低い
  • お風呂に入っても、すぐ手足が冷える

などがあげられます。「冷え」を放置していると、様々な身体の不調を引き起こすことになるので温活で改善していきましょう。

「冷え」からくる身体の症状は?

「冷え」は万病の元といわれるように様々な疾患を引き起こす可能性があります。

  • 肩こり
  • 頭痛
  • 慢性的な疲労感
  • めまい
  • 貧血
  • 手足のしびれ
  • 生理不順
  • 風邪をひきやすい

冷えを放置していると、上記のような身体の不調が引き起こされます。最近調子が良くないという方は冷えの悪化によるものかもしれません。体温が1度上がると代謝がよくなり免疫力が約30%も上昇します。身体を温めることは自分の身体を守ることと同じなのです!

「冷え」の改善をする温活方法

「冷え」を改善していく温活方法を紹介します。

①運動で基礎代謝をあげる

運動は基礎代謝が上がるため、スクワットやウォーキングをして体幹を鍛えるのがおすすめです。特にふくらはぎは第二の心臓と呼ばれているため、動かすことで全身に血液が運ばれます。

②足、お腹をあたためる

天然素材のシルクは、吸湿・放湿性も高くデトックス効果もあるため冷えとりに活用されています。足は身体の毒素を出す箇所なのでシルクの靴下と天然素材のコットンやウールを重ねてはくことで毒素吸収能力があがります。ムレにくいので夏場にもぴったりです。内臓が冷えている場合は、腹巻で身体を温めることも効果的です。腹巻をする事で全身への血の巡りがよくなり身体が温まります。

③食べ物や飲み物で身体をあたためる

冷えに気づいて直ぐに取り入れられるのが身体を温める食生活を取り入れること!身体を温める食べ物や飲み物を取り入れることで、血の巡りをよくしていきましょう。

おすすめ「温活」ドリンク

1番簡単に温活する事ができるので人気の温活ドリンク。毎日1杯取り入れるだけで身体を温めることができるのでおすすめです。温活にぴったりの飲み物を紹介していきます。

①白湯

朝起きて1番に取り入れる白湯は、内臓をあたためるので温活にぴったりの飲み物です。白湯にしょうがやシナモンのパウダーをいれて飲むと血管が拡張され熱が体内に周り更に効果的です!

【白湯の入れ方】

  1. 150ml~200mlの水をやかんにいれ強火にかけます。
  2. やかんの水が沸騰したら、弱火にかえて、蓋を外して10分~20分加熱を続けます。
  3. 火を止めてマグカップに移してから50度くらいになるまで冷まします。

②発酵茶(ノンカフェインのもの)

茶葉を発酵させた発酵茶でノンカフェインのものが温活にはおすすめです。具体的にはルイボスティーやプーアール茶、杜仲茶などです。発酵度が高いほど身体を温め作用が高くなります。

③ココア

砂糖には身体を冷やす効果があるので砂糖の含まれていない純ココアがおすすめです。ココアは生姜よりも冷えを抑制する効果が持続します。他にも食物繊維が含まれていたり、ポリフェノールが含まれていたりと身体にいいことずくめです。

④葛湯

古くから「葛根」の名前で漢方としても使用されている葛は血流改善の効果があるとして知られています。とろみがある葛湯は身体を温め、風邪の時に飲むとのどの痛みが緩和したりと万能な飲み物です。更に身体を温める生姜とも相性が良いので生姜葛湯も効果が高いです。

⑤甘酒

飲む点滴とも言われている甘酒も身体を温めてくれます。代謝ビタミンと呼ばれているビタミンB群が豊富で新陳代謝の促進をサポートしてくれます。更に甘酒に含まれているコウジ酸が血行促進の効果があるといわれているので、まさに温活にぴったりの飲み物といえます♪

⑥チャイ

数種類のスパイスがきいたインド風のミルクティーです。血流促進効果の高いシナモンが含まれているので手足の末端まで温めてくれる効果があります。

⑦ゆず茶

韓国で親しまれている、ゆず茶も身体を温めてくれる効果が高いです。ゆず茶はゆずの皮を千切りにして砂糖や蜂蜜につけてジャム状にしたものです。ゆずの皮に含まれる成分に血流を改善する効果があるので、冷えの改善に効果的なのです。

更に免疫力を高めてくれるビタミンCも豊富に含まれているため風邪やインフルエンザが流行る時期に飲むことで予防してくれる効果も!

身体を冷やす飲み物

冷蔵庫から取り出したばかりの飲み物に氷をいれたり、キンキンに冷えている飲み物は内臓を冷やし冷えを促進させてしまいます。

具体的に緑茶・牛乳・市販のジュース・スポーツドリンクなどは身体を冷やすと言われています。夏場や汗をかいた時などは摂取したいですが、温活という点では飲むのを控えましょう。更にカフェインには過剰に摂取してしまうと身体を冷やす効果があるため、コーヒーや紅茶の過剰摂取には気をつけてくださいね♪

アレンジ温活ドリンク

①ホットミルクにシナモンをプラス!

牛乳と一緒にシナモンスティックを煮出して、仕上げにシナモンスパイスを加えます。シナモンが身体を温め滋養強壮も高めてくれます。飲みにくく感じる場合は蜂蜜を加えて甘みをだしてくださいね♪

②生姜湯

おろし生姜・はちみつ・レモン汁・葛を用意します。おろし生姜に蜂蜜を加え、湯のみ1杯分のお水を加えて加熱します。1度沸いたら火を止めて水溶き葛、もしくは片栗粉でとろみをつけます。仕上げにレモン汁を加えビタミンと香りを加えると完成です。

生姜はチューブでもいいですが、おろしたほうが生姜の成分が豊富です。加熱することで生姜の成分であるジンゲロールがショーガオールに変わるので身体の心から温まります。

生姜湯の上に切ったレモンを浮かべるとお洒落で可愛いレモンジンジャードリンクになるので試してみてくださいね♪

③みかんティー

爽やかな香りと風味でリフレッシュ効果も高いみかんティー。作り方は、紅茶を濃い目に入れてマグカップにしぼったみかん2個をとスライスしたみかんを入れたところに注ぐだけで完成です。いつもと風味が違う紅茶を飲みたくなったときにおすすめです。

④アップルサイダー

炭酸の入らないアメリカのホットドリンクです。サイダーは炭酸ではなく果汁のことです。リンゴ果汁にゆっくりスパイスをうつしてつくります。100%リンゴジュース250ml・オレンジ・レモン・生姜(皮付き)各1枚・シナモンスティック1本・ホールクローブ1粒全てを鍋に入れ弱火で沸騰直前まで火にかけます。生姜・ホールクローブを取り除きマグカップにうつしたら完成です。ハロウィンやクリスマスといったイベントのシーンにもぴったりのドリンクです♪

⑤スパイスココア

冷え性に効果のあるココアにシナモンや生姜のスパイスをいれ更にパワーアップ。使用するココアは純ココアで甘みが無いので蜂蜜と牛乳を加えてください!始めにココアとスパイスを弱火で炒ってからペースト状にして、最後に牛乳と蜂蜜を加え沸騰する前に火を止めたら茶コシで濾してカップに注ぎます。一杯で満足感が出るのでおやつの代わりにも!

まとめ

今回は、温活におすすめの飲み物を紹介してきました。手軽に飲むことのできる温活ドリンクは直ぐに取り入れて冷えに負けない身体作りをしていきましょう。エアコンの使用で今や冷えは1年中起こるものです。特に季節の変わり目は気温差も激しく、身体の不調も感じやすい季節。身体を温めて免疫力をあげたいですよね!温活を上手に取り入れることで免疫力を高め、ウイルスに負けない風邪を引きにくい身体作りをしていきましょう♪