テカりに肌荒れとはさようなら!美肌になれるオイリー肌向け化粧水10選♡

年中いつでも気づけば顔がテカテカ...。皮脂分泌が多いオイリー肌の人に多い悩みですよね。それに加えてニキビも出来やすいという人もいるのではないでしょうか。そんなオイリー肌さんに朗報です!ここでは、美肌になれる、オイリー肌向け化粧水をご紹介します♡きちんとお手入れをすれば、テカりにくい美しい肌を手に入れられますよ。スキンケアの見直しの際は、是非参考にしてみてくださいね。

オイリー肌とは

オイリー肌とは、皮脂分泌が過剰な肌のことをいいます。皮脂分泌が過剰だと、肌の油分と水分のバランスが崩れ、テカりやすい・毛穴汚れが目立つ・ニキビなどの肌トラブルの原因に。

オイリー肌は、大きくわけて2タイプあります。一つは、油性肌といわれ、その名の通り元々肌の油分が過剰であるタイプ。もう一つは、肌の表面はベタついていますが、内部が乾燥しているインナードライタイプです。

インナードライタイプは、肌の内部が乾燥しているために、肌表面を保湿しようと過剰な皮脂分泌が起こっている状態。それぞれ、原因が全く異なるオイリー肌なので、自分がどちらのタイプなのかしっかりと見極める必要があります。

元々のオイリー肌タイプに向いている化粧水とは

元々の肌質がオイリー肌タイプの人は、さっぱりした使用感・整肌成分が含まれている・肌を引き締めてくれる化粧水がおすすめ◎さっぱりとした使用感の化粧水は快適で、整肌成分や肌を引き締めてくれる化粧水を使用することで、皮脂による肌トラブルを防ぎながら、健やかな肌へ導くことができますよ。

インナードライタイプに向いている化粧水とは

保湿効果の高い化粧水を選ぶようにしましょう。インナードライタイプのベタつきは、肌内部の乾燥が原因です。とにかく保湿力の高い化粧水でたっぷりと肌に水分を与えてあげましょう。その際、化粧水は3度塗りなどの重ね塗りがベスト。肌の水分と油分を補ってあげると、肌のバランスが整います。

ニキビができている場合

皮脂による炎症でニキビができている場合は、殺菌や抗炎症作用のある化粧水を使用しましょう。毎日でなくても、肌トラブルになっている期間のみの使用でも、効果は期待できますよ。その際、ニキビにしみない低刺激のものを選ぶと◎

オイリー肌におすすめ化粧水!10選♡

オイリー肌タイプの人におすすめの化粧水を10選ご紹介します。それぞれどの種類のオイリー肌タイプにおすすめなのかも解説するので、オイリー肌で悩んでいる人は、一度使用してみてくださいね♡

オイリー肌におすすめ化粧水①:<ナチュリエ>スキンコンディショナー(ハトムギ化粧水)・500ml

ナチュリエといえば保湿成分にハトムギが配合されているハトムギ化粧水ですよね!使用感がさっぱりしているので、オイリー肌の人でも快適なスキンケアが可能です。かなりのプチプラでじゃばじゃば使用できるのも嬉しいポイント♡コットンパックや化粧水の重ね塗りに非常におすすめです。

界面活性剤フリー・無香料・オイルフリー・無着色と肌に優しいのも◎ オイリー肌の人に向いているといえる化粧水ですよ。

オイリー肌におすすめ化粧水②:<IPSA(イプサ)> ザ・タイムRアクア・200ml

デパコスブランドでも人気のイプサ。ザ・タイムRアクアは、イプサ独自の保湿成分「アクアプレゼンターIII」が配合された化粧水です。肌表面に潤いを逃がさない水分層を人工的作り、乾燥している度合いによって水分を与えると同時に逃がさないようするという優れもの。

肌整効果もあるので、オイリー肌の人におすすめといえますよ。使い続けることで健やかな肌に導いてくれます。

オイリー肌におすすめ化粧水③:<ONE BY KOSE(ワンバイコーセー)>バランシングチューナー化粧水 ・120mL

どんな化粧水を使っても、テカリやべたつきが治らない!という人におすすめなのが、ONE BY KOSE(ワンバイコーセーのバランシングチューナー化粧水です。日本で唯一、テカリの原因にアプローチする成分が配合されている化粧水!

皮脂分泌量をコントロールして、乾燥を防ぎならも肌の水分・油分のバランスを整えてくれる神アイテムです。原因に直接アプローチをしてくれるので、テカリだけでなく乾燥や肌トラブルを未然に防ぐという効果が期待できます。どんな化粧水を使っても無駄だと諦めていた人の救世主になるでしょう♡

オイリー肌におすすめ化粧水④:<BRING GREEN(ブリンググリーン)>ティーツリーシカセンシティブクレンジングウォーター・500ml

韓国の大手ドラッグストア、オリーブヤングが手がけるコスメブランド、BRING GREEN(ブリンググリーン)の大容量化粧水。オリーブヤングでも売上1位を誇る実力派です。BRING GREEN(ブリンググリーン)独自の三層ティーツリーコンプレックス50%とツボクサ抽出物3%が配合されています。

AHA成分も配合されているので、余分な角質や皮脂も優しく取り除いてくれますよ。また、ノンコメドジェニックテストも合格している化粧水なので、ニキビができやすい人にも嬉しいポイントです。(全ての方にコメド(ニキビのもと)が発生しないということではありません。)価格もプチプラで毎日のコットンパックや化粧水の重ね塗りに惜しみなく使えるので、デイリーケアに最適♡

オイリー肌におすすめ化粧水⑤:<PLuS(プリュ)>カーボニックリバイバルミスト・150g

高濃度の高い炭酸美容ケアができる、スプレータイプの化粧水です。肌を柔らかくする出雲湯村温泉の水をベースに使用。プラセンタ・ダブルヒアルロン酸・フラーレン・オレンジ油・ラベンダー油など、炭酸パワーと相性がよい美肌有効成分が19種類配合されています。

メイクの上からも使用でき、肌を引き締める効果もあるので、オイリー肌の人には最適といえる化粧水です。自宅にいながら本格炭酸エステで、美肌を手に入れましょう♪

オイリー肌におすすめ化粧水⑥:<CLINIQUE(クリニーク)>クラリファイングローション3・400ml

デパコスで人気のCLINIQUE(クリニーク)から販売されている化粧水。普段のスキンケアにプラスするだけでも効果が実感できる、拭き取りタイプです。洗顔後、コットンに含ませて優しくふき取ります。毛穴の汚れや角質など、綺麗にオフしてくれるので、透明感が欲しい・肌のざらつきが気になっている人にグッド◎

さっぱりとした使用感で、拭き取りタイプになるので、オイリー肌の人だけでなく、部分的にオイリーになる混合肌の人にもおすすめできますよ。

オイリー肌におすすめ化粧水⑦:<Dermatory(ダーマトリー)>ハイポアレジェニックシカレスキューガーゼパッド・60枚

韓国のドクターズコスメDermatory(ダーマトリー)は、敏感肌向けのスキンケアが中心です。中でも人気なのが、話題のCica成分がぎゅっと配合されたガーゼパッド。ガーゼパッドは化粧水やパック、拭き取り化粧水としてなど、その時々の肌のコンディションに合わせて使用できるので、一つ持っておくと非常に便利なアイテムです。

衛生面も考慮されており、ピンセットが付属されています。カモミールから抽出される精油、アズレンも多く配合されているので、高い消炎効果が期待できる優れもの♡肌の細部までしっかりとケアできるように、パットが小ぶりになっているのも特徴です。

保湿効果・鎮静効果が高いので、どのタイプのオイリー肌の人でもおすすめです!

オイリー肌におすすめ化粧水⑧:<VTCOSMETICS(ブイティコスメテックス )>シカデイリースージングマスク・30枚

シカパックで大人気の韓国スキンケアブランドVTCOSMETICS(ブイティコスメテックス )から販売されている、デイリー用のパック!インナードライが原因のオイリー肌・皮脂によるニキビトラブル肌におすすめです♪乾燥して弱くなった肌バリアの回復を期待できる、シカリオとシカヒアルロン酸がたっぷりと配合されています。

ピンセットも付属されているので衛生面もしっかりと考慮済み。毎日朝晩パックすることで、乾燥しててかりやすくなった肌をしっかりと鎮静・保湿してくれますよ。マスクがぴたっと密着するので、ながら作業もはかどります♡

オイリー肌におすすめ化粧水⑨:<MEDIHEAL(メディヒール)>ティーツリーカーミングエッセンスパッド・50枚

パックシリーズが爆発的人気の韓国スキンケアブランド、MEDIHEAL(メディヒール)。パックシリーズでも大人気だったティーツリーシリーズの、美容液パットです。ティーツリー葉ウォーター・ティーツリー葉エキス・ティーツリー葉オイルを贅沢に配合したティーツリーマスク美容液パッド

鎮静+水分+クーリング+ピーリングまでを一枚で叶えてくれる優れものです♡パッドをマスクとしての使用も可能◎保湿はもちろん、拭き取ることによって古い角質をしっかりオフするピーリングもしてくれます。100%綿のパッドは肌に優しいので、オイリー肌の人だけでなく、全ての肌タイプの人におすすめできます。

オイリー肌におすすめ化粧水⑩:<ORBIS(オルビス)>クリアローションL さっぱりタイプ・180ml

オイリー肌でニキビができやすい人におすすめなのが、和漢エキスで優しく肌を労わってくれるORBIS(オルビス)のクリアローションL さっぱりタイプです。保湿成分に紫紺(しこん)エキス、ニキビ予防に甘草の有効成分が配合されています。

ハトムギエキスや浸透型コラーゲンで高い保湿効果も期待できますよ。さっぱりとした使い心地で、無香料・無着色・無油。詰め替え用もあるので経済的にも◎

まとめ

一口にオイリー肌といっても、元々の肌質によるものや乾燥から来るものに分かれます。しっかりと、自分がどちらのタイプのオイリー肌はのか見極めましょう。その日の自分の肌の状態に合わせて、いくつかの化粧水を使い分けるのもおすすめですよ♡