耳介軟骨移植ってなに?手術のメリットとデメリットは?

鼻先を少しだけ高くできればと一度は考えたことがありませんか。鼻の悩みは人それぞれですが、鼻先を整えたい人におすすめなのが耳介軟骨移植という手術です。耳の軟骨を鼻先へ移植するもので、傷跡が目立たず自然に鼻先を高くすることができます。耳介軟骨移植のメリット・デメリットや手術の流れについてご紹介します。

耳介軟骨移植とは

耳介軟骨移植とは、耳の軟骨を鼻先に移植して鼻先を高くする手術です。耳と鼻の切開は目立たない位置で行うので傷跡は気になりません。手術後の腫れが引けば気づかれる心配がないほどナチュラルな仕上がりのため、安心して手術を受けられるでしょう。

自分の体の一部である軟骨を利用するのでアレルギーなどを心配する必要がなく、仕上がりは自然です。移植するのは生きている組織のため、一度移植してしまえば効果が長く続くのも特徴のひとつといえます。鼻を自然な形にしたい人や団子鼻に悩んでいる人にぴったりです。

耳介軟骨移植のメリット・デメリット

軟骨を移植する手術には多くのメリットがある一方、少なからずデメリットも存在します。具体的な長所と短所について詳しくみていきましょう。

メリットは3つ

・鼻の形の調整が可能
・自然な仕上がり
・自分の体の一部を使う

軟骨の量や移植する位置によって鼻の形の調整が可能であり、自然な仕上がりにすることができます。自分の体の一部を使うので術後に違和感を感じることもないでしょう。生きた組織を移植するため鼻への衝撃にも強く、効果は半永久的です。アレルギー反応や体に異物を入れることに不安がある人に適しています。

デメリットは2つ

・軟骨の移植量によっては不自然な仕上がりになる
・理想通りの鼻になるとは限らない

鼻先を思い切り出すために軟骨の移植量を多くすると、仕上がりが不自然になる可能性があります。移植量を増やすほど鼻先が高くなるわけではありません。適切な移植量は人それぞれなので、カウンセリングで医師とよく相談してから施術に臨んでくださいね。

鼻の形を自由に調整できる利点がありますが、完璧に理想通り仕上げるのは不可能です。鼻の構造には個人差があるため鼻の形に対する希望が細かすぎると再現しきれなくなります。手術を受ける際には、理想通りの鼻になるとは限らないリスクがあることを頭に入れておく必要があります。

耳介軟骨移植の流れについて

耳介軟骨移植は5段階に分けて行われます。手術の流れについてみていきましょう。

・カウンセリング
・鼻の形の決定
・局部麻酔
・手術
・アイシング

カウンセリング

始めに医師とカウンセリングを行い、鼻の高さや形を決めていきます。多くのクリニックではコンピューターを用いてシミュレーションするので、術後にイメージとのギャップを感じることはないでしょう。始めのうちに手術に関する不明点は解決しておくことをおすすめします。

鼻の形の決定

カウンセリングの結果を基にして鼻の形を決定します。医師と最終確認を行ったら切開する範囲にマーキングをして、手術の準備を進めていきます。

局部麻酔

手術前に局部麻酔をかけます。麻酔をかけるので手術中に痛みを感じることはありません。

手術

手術ではまず、耳の後ろ側を切開して軟骨を一部切り取ります。次に鼻の穴を少し切開して軟骨を移植するスペースを作り、軟骨を鼻先に移植します。希望する鼻の形に合わせて位置を微調整し、形が整ったら縫い合わせて完了です。所要時間は約30分ほどなのであっという間に手術が終わるでしょう。

アイシング

最後にアイシングをして腫れを抑えます。冷やし終えたらそのまま帰ることができます。クリニックによっては鼻先を固定するテープを貼られるので、マスクをして帰宅しましょう。軟骨採取部の抜糸を行う必要があるため、大体1週間後に通院が必要になります。

手術後の注意事項

手術をした当日から翌日にかけては腫れが生じます。血流が良くなると腫れが悪化する可能性があるため、入浴や運動は避けましょう。洗顔をするのは問題ありませんが、優しく触れることを意識して洗顔フォームの泡が傷跡につかないよう気をつけてください。

手術から1週間後の抜糸をする頃には腫れが引いてきます。抜糸をするまではなるべくシャワーで済ませ、入浴も運動も抜糸を終えてから再開させましょう。周りの目が気になる場合は腫れが引くまでマスクをしておくと安心です。

魅力的な鼻を手に入れよう!

耳介軟骨移植は短い手術時間で自然な仕上がりの鼻を手に入れることができます。希望する鼻の形によっては不自然な仕上がりになったり理想の形ではなかったりしますが、ある程度鼻の形を自由に調整できるのは大きなメリットです。

術後の腫れは1週間ほどで引くのでマスクをしていれば周囲の人に気づかれることはありません。どうしても不安な場合は学校や会社を休むのもひとつの手です。鼻先の高さが少し変わるだけでも印象が大きく変化するので、鼻の形に悩んでいる場合は手術を検討してみてはいかがでしょうか。

ABOUTこの記事をかいた人

石油系界面活性剤や合成防腐剤が入っていない化粧品を選ぶように意識しています。「余計なものは塗らない」がモットーなので、スキンケアもシンプルに。ワセリンが大好きです。 肌本来の働きを維持できるよう、高い基礎化粧品に頼るのではなく質の高い睡眠・バランスのよい食事・適度な運動を心がけています。 健康なお肌と髪を保つためには美容に関する正しい知識を持つことが大切です。間違った情報に振り回されないように、正しい知識を身につけていきましょう。