酸化亜鉛は過乾燥の原因に!ノンケミカルUVケア5選

酸化亜鉛は肌質や肌状態によっては肌トラブルを起こす可能性もあります。肌表面で化学反応を起こします。メカニズムについてもご紹介いたします。自分の肌質や肌タイプに合わせて日焼け止めを選ぶことをおすすめします。

酸化亜鉛について

酸化亜鉛は、白い色をしており、形は粉状のものです。酸化亜鉛は純度が存在し、その純度が高いほど色は透明色になります。また、酸化亜鉛には肌に引き締めを与える収れん作用や、止血、鎮痛、防腐の効果があることから、化粧品だけではなく医療品としても広く用いられています。

日焼け止めに使われる酸化亜鉛の効果

まず、日焼けを予防する紫外線散乱剤には種類を大きく分けると2種類あり、それは酸化亜鉛二酸化チタンです。ともにメリットやデメリットがあり、二酸化チタンはUV-Bをカットしてくれる点がありますが、粒子が大きいとUV-AとUV-Bの乱反射がしやすくなります。反対に粒子が細かいと紫外線の予防効果が落ちるといわれています。

次いで酸化亜鉛は、二酸化チタンではカットしきれないUV-Aをカットし、二酸化チタンに比べて肌に与える影響が少なく、さらに白くなりにくいという特性を持っています。しかし、酸化亜鉛の量が多いと肌が乾燥を感じやすくなるデメリットがあります。

紫外線吸収剤のメリットとデメリット

紫外線を妨げるメカニズムとしては肌表面で化学反応を起こすことで紫外線の吸収を妨げます。一度吸収して放出します。デメリットは化学の働きが肌へ合わない方へは炎症や肌荒れの原因になります。アレルギー反応が出る方も…。メリットは白浮きしないことや肌なじみのよさです。ナチュラルな仕上がりになります。

イニスフリー ブルーベリーサンクリーム

引用:公式サイト

水のように軽く、べたつかない日やけ止めです。白浮きしにくく、肌なじみのよい仕上がりです。ウォーターベースのクリームが肌の上でさらっと水のように軽やかに広がり、まるで日やけ止めを塗っていることを忘れてしまうようなテクスチャーです。SPF45・PA+++

クリーム状ですがとても伸びがよく、つけると肌がしっとりもちっとした感触

cosme.net

DHCホワイトサンスクリーン

引用:公式サイト

UVカット+透明感アップをかなえる日やけ止めです。α(アルファ)‐アルブチンやビタミンC、濃縮オリーブリーフエキスなどの多彩な美容成分を配合した、スキンケア発想の日やけ止めです。無香料・無着色・パラベンフリー・天然成分配合・紫外線吸収剤不使用・ノンケミカル。汗や皮脂に強いウォータープルーフタイプ。なのに、抜群の使い心地です。30mL・SPF35・PA+++

旅行をきっかけにDHCさんのホワイトサンスクリーンを購入し使用したところ、夏の暑い時期にもかかわらず、一切日焼けする事なく過ごす事が出来ました!

化粧品のDHC

ちふれ 日やけ止めミルクUVマイルド

引用:公式サイト

美容液と同じ保湿成分で作られた、しっとりと優しい「ちふれ」の ノンケミカルの日焼け止め・ミルク UV マイルド。ノンアルコールで、お肌に馴染むミルクタイプ。化粧下地としても◎

日焼け止めの油膜感がとても苦手だけど、こちらの商品は油膜感を感じず、ちふれさんだけあって肌に負担がかかってない様な気がして、何度リピートしてます☆

cosme.net

キュレル UVエッセンス

引用:公式サイト

乾燥性敏感肌を考えた顔・からだ用UVエッセンス。水ベースの製剤で、顔やからだにのばしやすくみずみずしい使い心地。赤ちゃんのデリケートな肌にも使えます。紫外線吸収剤無配合・無香料・無着色・アルコールフリーです。

プチプラの日焼け止めが好みのひとには1500円は微妙に高いかもしれませんが、顔用で50gは結構持つのでコスパも良いですよ。

cosme.net

ポーラ ホワイティシモ UVブロック ミルキーフルイド

引用:公式サイト

酸化亜鉛不使用の日焼け止めを探している人だけでなく、肌に負担のかからない日焼け止めを使いたい人からも支持されている商品です。肌に優しい成分で作られているので、大人だけでなく2歳以上のお子さんでも使用できます。酸化チタン配合。

紫外線吸収剤不使用な所が気に入っています

cosme.net

ミノン アミノモイスト ブライトアップベース UV

引用:公式サイト

紫外線吸収剤を使わないノンケミカルタイプ。紫外線、乾燥などから肌を守る化粧下地です。肌色を美しく、自然な明るさに補整します。SPF47・PA+++。酸化チタン配合。化粧下地としてご用いただけます。

伸ばしやすさや下地としての使い心地はいい感じです。

cosme.net

ノンケミカルは紫外線吸収剤フリー

紫外線散乱剤が配合していることをノンケミカルといいますが、一概に酸化亜鉛が配合しているかしていないかについては確認してみなれけばわかりません。紫外線吸収剤不要だからといっても「肌に優しい!」とは限りません

酸化亜鉛と酸化チタンについて

紫外線散乱剤の中へは酸化亜鉛と酸化チタンが含まれています。酸化亜鉛が含まれていないからといって酸化チタンが配合していないわけではありません。肌への負担が心配な方は何に敏感なのかをきちんと把握しておくと選びやすいですよ◎

手に適量を乗せて

ポンポンとスタンプを押すようにしてなじませましょう。ヌリヌリはしないように。肌の摩擦の負担を軽減することができます。肌の摩擦は、乾燥の原因と肌トラブルになるので注意して塗りましょうね◎

日焼けシーンは5段階

  • 曇りの日の紫外線
  • 日常レベルの紫外線
  • 屋外での軽いスポーツ・レジャー
  • レジャーレベルの紫外線
  • 非常に強い紫外線

大体この5段階に分かれます。季節や気温や湿度に合わせて使い切るようにしましょう。SPF(UVB)とPA(UVA)紫外線指数を確認してみてくださいね。数字が高ければ高いほど、紫外線防御に働きかけます。しかしデメリットは肌負担がその分比例するのでお気をつけくださいね!高いほどに紫外線吸収剤の混合もあります!

毛穴が無いように見せてくれる、無色のファンデ。期間限定のお得情報♪[PR]
まだ間に合う!お年玉キャンペーン!✨