超スッキリ目覚める!朝のおすすめストレッチ

腹筋トレーニングのYouTubeで話題になった"のがちゃんねる”は、ハードな腹筋トレーニングだけでなく、全身を使ったリラックス効果のある動画がたくさん配信されています♪そこで今回は、”のがちゃんねる”の朝・筋トレ後におすすめなストレッチ動画について詳しくご紹介致します。

「見た目の診断、美容法の購入」を1分でできるアプリ。あなたに合った美容法を提案、そのまま注文。外出せずおうちでプロの美容法や人気コスメを楽しめます!

”のがちゃんねる”朝におすすめのストレッチ動画

超すっきり目覚める!毎朝のストレッチルーティン【代謝UP・肩こり改善】

朝に体を伸ばしてストレッチを行うと、凝り固まった全身の筋肉がほぐれて血行がよくなり、気持ちよく目覚めることができます。習慣化すると代謝がUPして、ダイエット効果も期待できます。

1:手首から指先、足首から足の指先までしっかりと動かして血流の循環をよくしていきます。

2:体を左右に動かして眠っている腰の筋肉や内臓を動かしていきます。

3:片方の膝を曲げてお腹に近づけ、反対の足はまっすぐ楽にして、太ももの裏の筋肉をよく伸ばします。曲げた膝は反対方向に倒して、腰の筋肉のストレッチも行います。この時方が浮きやすいので、しっかり床に着けるイメージで行いましょう。

4:両膝を抱えてコロコロと左右に体を倒します。腸に刺激が入り、便秘解消にも効果的です◎

5:四つん這いになり、肩幅に手を床につきます。息を吸いながらお顔を上に向けて空気を吸い、背中をそらせましょう。次に背中を丸めて顎を胸につけます。肩甲骨が開き、固まった肩まわりの筋肉をほぐしていきます。

6:息を吸ってお尻を踵に付けて、背中をぐーっと伸ばしましょう。お尻から背中の筋肉がゆっくり伸ばされているイメージです。

7:片方の腕を反対の腕の下に通して伸ばし、こめかみを床に付けて肩まわりのストレッチを行います。

8:立ち上がり、両手を両肩に乗せて両肘を半時計、時計周りにくるくると回します。肩甲骨から大きく動かして、固まった筋肉をほぐしていきましょう。

9:首を大きくゆっくり回して、首回りから肩周辺の血行をよくしていきます。

10:息を吸って片手を上に上げて、息を吐きながら上体を横に倒し外側の筋肉を伸ばしていきます。息呼吸を意識して行うと体も伸びやすくなります。

11:最後は大きく深呼吸!朝からスッキリした目覚めができますね。毎日ルーティン化して気持ちの良い朝を迎えましょう。

”のがちゃんねる”筋トレ後におすすめのストレッチ動画

【筋トレ後10分】筋肉のハリをしっかりほぐし、しなやかな身体をつくるストレッチ

筋トレ後にクールダウンとしてストレッチを行うことで、筋肉痛を和らげ使った筋肉の疲労を軽減する効果があります。

1:太もも前の大腿四頭筋のストレッチです。背筋を伸ばし、踵をお尻につけてしっかりと太もも前面を伸ばしていきます。

2:片足を一歩前に出して爪先を上げて、太ももの裏側の大腿二頭筋をゆっくり伸ばします。腰痛持ちの方にはとても効果的なストレッチです。

3:足を前後に開き、片腕を反対側に伸ばし、肩周りとふくらはぎのストレッチを行います。ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれているて、血流を心臓に送るポンプの働きをしています。しっかりストレッチを行うことで、浮腫の解消にも繋がります。

4:爪先を床にひっかけて、足の甲から前面の筋肉を伸ばします。腕は肘を反対側の手で伸ばすようにストレットをします。普段伸ばすことが少ない上腕二頭筋が伸びて腕が軽くなります。

5:股関節のストレッチで、足を開いて左右に体を落とします。内腿の筋肉がしっかり伸ばされていることを意識しましょう。爪先を上げるとより伸びている感覚がわかります。

6:足を前後に開き、片方の膝を床につけます。股関節の前面の筋肉のストレッチです。

7:あぐらをかくように座り、外側の筋肉を伸ばすように上体を横に倒します。脇腹の部分がしっかりと伸ばされていることを確認しましょう。

8:片方の手で頭を支えて首を横に倒します。前のめりにならないように丁寧に行いましょう。

9:両手を頭の後ろに持っていき、首の後ろがゆっくり伸ばされるように頭を下に倒します。お顔を左右にゆっくり動かすと首回りの筋肉もほぐれます。

10:両手を鎖骨あたりに持っていき、首の前面の筋肉を伸ばすイメージで左右ストレッチを行いましょう。この時お顔は少し上を向くように意識します。

11:手を合わせて体の前に輪っかを作り、左右に動かして肩甲骨のストレッチを行います。肩甲骨を動かすことで、基礎代謝を上げる効果が期待できます。

12:うつ伏せになりお腹の筋肉をゆっくり伸ばします。腰が痛い方は背中を反り過ぎず、痛みがない場所でキープしましょう。

13:体を左右にひねり、腹斜筋のストレッチを行います。この時も背中は反り過ぎず、脇腹を意識して左右に動かしましょう。

14:踵にお尻をのせて、上体をゆっくり倒します。体をだらんとして、リラックスさせるように力を抜きましょう。

15:仰向けになり、片方の膝を抱えて、反対の足首を曲げた膝の上に持っていき、太ももの裏のストレッチを行います。

16:足を反対側に倒し、両腕は左右に広げて伸ばします。お顔は足を倒した反対側に倒すと胸と腰がしっかりと伸びます。

17:最後は上体を丸くして、左右にゆすり、背中のマッサージをしましょう。10分間のストレッチ、お疲れ様でした♪

のがさんが使用しているマットを紹介しておきます。家のフローリングでトレーニングをしてしまうと滑って怪我をすることがあるのでマットを使うことで怪我のリスクを減らしましょう!

おわりに

ストレッチはどこの筋肉がしっかりと伸びているかがとても大切です。朝は眠っていた体に血流を循環させて、目覚めをよくする効果があります。筋トレ後のストレッチは筋肉の疲労回復にも効果的です。ストレッチを習慣化させて、健康的な体を作っていきましょう。

「見た目の診断、美容法の購入」を1分でできるアプリ。あなたに合った美容法を提案、そのまま注文。外出せずおうちでプロの美容法や人気コスメを楽しめます!

ABOUTこの記事をかいた人

アパレル販売員を経験し、コスメやメイク、スキンケアなどをより詳しく学びたいと思い、下記資格を取得。 ・日本化粧品検定1級、2級 ・コスメコンシェルジュ 美容医療に携わり、美容の知識をつけるため、現在も化粧品の成分やメイク、コスメなどを勉強中です。 美容は「継続は力なり」ということわざがあるように、努力を惜しまず続ければ、誰でも必ず結果として現れます。 私は「美容は楽しんでやる」をモットーに、毎日のスキンケアもメイクも楽しんで行うように心がけています。 女性はいつまで経っても若々しく綺麗でいたいものです。 美容の知識をたくさんつけ、皆さんへより良い情報を届けられるよう、たくさん発信していきます。