【美容医療】赤いニキビはレーザーで治しましょう!

赤いニキビって目立つし、触りたくなるし、痛いし、お化粧でも隠しきれないものになってくると更に気になりますよね!しかし赤みを消すのには時間がかかりますし、辛抱強く向き合うことが大切になってきます。今回は美容皮膚科医の先生の意見をもとにこちらのコラムをご紹介していきます。

赤いニキビは辛抱強く向き合うべし

引用:Dr.すみれーしょんの美容博物館 Dr.레이숀 様

赤いニキビは炎症をおこしており、簡単に言えば傷が赤く腫れているような状態をイメージしていただくとわかりやすいかもしれません。傷を治すとなると、新しい血液を運んできて皮膚を再生させる必要が出てくるため簡単にいえばニキビの周りが赤くなっているのも同じ現象ということです。

根本的に直すなら毛細血管!効果の出やすいメニュー

①Vーbeam
血管腫の治療では保険適応で行われる機器。今あるレーザーの中では赤みに特化していて、毛細血管による赤みが出ることで赤ニキビの原因となりますが、赤ニキビのまわりの毛細血管がこわされることで赤みがきえるという効果を発揮します。基本的に1回ではなくならない為、繰り返すことが大切ですがリスクもないわけではありません。熱を加えることでヘモグロビンに反応しますが、熱が暑いことでお顔の皮膚はうすいので場合によってはかるい内出血を起こす方もいるようです。置いているクリニックも少ないようなので確認して検討していきましょう!

②そこまで気にならないけど、なんとなく改善が欲しい人向け「IPL」

レーザーとは違いフラッシュランプというものを利用していきます。光で熱を加えていくものになります。レーザーとは違い広範囲でその層にある赤や茶色といった色に反応しシミなどにも反応してくれます。お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、脱毛サロンでもこの形式で行っているサロンさんもあります。赤みに特化しているわけではありませんが、効果は期待できるものになります。IPLにも様々な種類がありますのでカウンセリングやクリニックでしっかりと確認してみてくださいね。

おわりに

レーザーと言ってもなかなか種類が多くて選べないですが、こちらのニキビ治療に関してのコラムはお役に立ちましたか?お悩みによって治療を分けてあげることで、根本的な改善にもつながります。お肌の状態に合わせ、勢いに任せてしまわず効果のある方法でお肌を綺麗にしていきましょう♡

 

 

iOSアプリダウンロードはこちらから↓

ABOUTこの記事をかいた人

デパコスからプチプラコスメまで新商品が出る度にチェックするほどコスメ好き。スキンケアに重点を置き、肌質を改善しメイクをする楽しさを世の女性等に知ってもらいたいと思い美容の道を目指す。1年で58kg→45kgへのダイエットも成功しリバウンドもなし!美容師、美容部員、アイリストを経験し好きが生じて現在は自営業。美容店舗のプロデュースをきっかけにマーケティング業界へ。現在は飲食店の売上・事業拡大をのためにSNSや接客の指導も行う。美容店、飲食店、ネットショップ...etcを運営中。現在は海外移住の準備中。