20代・30代・40代の年代別ほうれい線対策をご紹介!

最近年齢よりも老けて見られることが多くなってきたと感じる方は、顔にシワが出てきたサインかもしれません。男女共に気になるシワが口の両端にできる「ほうれい線」ではないでしょうか。ほうれい線は他の顔のシワと違い年齢が若くても出来てしまうことがあります。今回は年代別にほうれい線ができてしまう原因と対策をご紹介します。

ほうれい線ができる原因

肌のたるみ

ほうれい線は、鼻の両側から口元にかけて伸びるラインのことを指します。ほうれい線は顔に出来るシワと原因が異なります。額や、目元にできるシワは肌内部のコラーゲンやエラスチンなどの繊維が加齢や紫外線の影響で減少や劣化することでできてしまうことで、表情を変えることで目立ちます。

ですが、ほうれい線は、表情を変えなくても存在しています。これは、ほうれい線が重力によって垂れ下がった皮膚のたるみによって現れるものだからです。加齢によって頬や口元の皮膚がたるみ、同時に頬の脂肪が下がってくることが原因です。

表情筋の衰え

表情筋は肌を支えるのと同時に、表情をつくる筋肉です。マスクにより表情が変わらない方が増えたため、表情筋が衰え、ほうれい線が出来てしまったという方も増えています。加齢でも表情筋は衰えるので表情筋を鍛えるケアが必要になります。

ほうれい線はエイジングケアが気になりだす30代位から気になる方が増えてきますが、人によっては20代から気になり始めることもあります。年代別にほうれい線ができてしまう特徴をみていきましょう。

20代のほうれい線は?

主にエイジングケアが必要な年齢から増え始める『ほうれい線』ですが20代で気になるという方も増えています。まずは、自分のほうれい線が見えるかどうかをチェックしてみましょう。

鏡を下において、覗き込むと顔が老けて見えるという方は皮膚が少したるんできてるのかもしれません。逆に覗き込んでも正面を向いているときと変わらないという方は、まだたるみは始まっていません。ですが、たるみ以外にも20代のほうれい線には原因があります。

20代のほうれい線ができる原因

20代のほうれい線の原因は主に3種類です。

  • 乾燥

20代の男女共に多いほうれい線の原因が肌の乾燥です。肌が乾燥することにより、肌のハリ感も失われシワができやすくなってしまいます。特に口の周りの保湿が足りていないとシワを放置することになってしまい、ほうれい線として定着してしまいます。

  • 表情筋のクセ

『下を向く作業が多い』『スマホをよく見ている』『頬杖を付いている事が多い』という方々は要注意です!下を向く癖があることで筋肉が下向きになってしまい、ほうれい線ができるきっかけになってしまいます。

更にマスクで無表情な時間が多くなり、表情筋を使わない時間が増える事で肌のたるみに繋がってしまい、ほうれい線が出来やすくなってしまう可能性があります。

  • 過度なダイエット

20代の女性のほうれい線に多いのが過度のダイエットによるものです。無理な食事制限をする事で、肌に必要な『たんぱく質』『コラーゲン』『ビタミン』といった栄養素が不足することで、肌が乾燥してハリが失われ、ほうれい線が出来てしまいます。

急激に体重を落とすことで、肌の下にある脂肪分が減ってしまい肌の弾力が減少することで、ほうれい線ができてしまう事もあるので短期間で体重を落とす場合は気をつけましょう。

20代のほうれい線ケア

20代のほうれい線ケアは丁寧な保湿と表情や日常生活でのクセを直すことにより改善していくことが多いです。スキンケアは必要ないと思っている男性も実は肌が乾燥している場合が殆どです。男女共に保湿をしっかりとすることで、ほうれい線や細かいシワも改善していくので、ここで一度見直してみてくださいね♪

正しいスキンケア方法

  1. 洗顔後、手に適量の化粧水を出し、顔にハンドプレスしながら塗布します。
  2. 乾燥やシワが特に気になる方はシワ改善効果の高い美容液を、ほうれい線部分に塗りこみます。
  3. 乳液・クリームを顔の中心から外側に向かって優しく塗っていきます。
  4. 最後にハンドプレスして浸透させます。

コットンを使用するよりも手の温度で水分を肌内部まで浸透させるために、手でつけていく方法を推奨しています。パチパチ多々叩いたり、擦ると肌はダメージを負ってしまうので優しく抑えるように塗ることを心がけましょう。

シワに特化したポーラのリンクルセラムなら効果的にほうれい線がケアできます。ほうれい線以外にも目元や気になる細かいシワにも!

表情筋のクセを見直す

表情筋のクセを見直すことで、ほうれい線の改善にも繋がります。姿勢が前かがみになっている方は、頬杖を付いている事が多いので姿勢を真っ直ぐ保つように心がけましょう。強張っている表情筋はマッサージでほぐしてあげることも大切です。

無表情な時間が増えている方は、表情を動かすように意識してみましょう。ほうれい線は主に大頬骨筋や小頬骨筋、口角挙筋といった表情筋にアプローチするエクササイズがおすすめです。

30代のほうれい線は?

20代のほうれい線は乾燥による原因が殆どでしたが、30代はほうれい線が気になる『たるみ』が本格的に始まる年齢になります。鏡を見たときにハッと気づくという事も増えてくる年齢なので、しっかりとケアをしていきましょう。

30代のほうれい線ができる原因

  • コラーゲン・エラスチンの減少

肌の奥深くに存在するコラーゲンとエラスチンは、肌のハリを保ち、モチモチとした弾力をつくる成分です。紫外線や加齢により、この両成分は減少したり、変形したりしていきます。その結果、肌のハリが失われて、ほうれい線や小ジワなどの年齢サインが現れることになります。

  • 肌を支える繊維細胞の老化

真皮の構造を支えるコラーゲンやヒアルロン酸は線維芽細胞という細胞で作られています。この線維芽細胞は加齢により動きが衰えていくので、コラーゲンやヒアルロン酸などが減少し肌がたるんでしまいます。

30代のほうれい線の原因は、20代のほうれい線の原因と上記の原因が加わる事でおこります。たるみによる『ほうれい線』の改善は中々大変なので予防も大切と認識しておきましょう!

30代のほうれい線ケア

30代のほうれい線のケアはハリに注目したスキンケアを取り入れることと表情筋を鍛える事でたるみを改善していくケアが非常に大事です。

ハリに効果的なスキンケア

レチノールビタミンC誘導体などコラーゲンやエラスチンに働きかける成分が配合されているコスメがおすすめです。

純粋レチノール配合でヒアルロン酸を生み出し、水分量を増やすことで柔軟な肌に導いてくれるエリクシールのシワ改善美容液。真皮のコラーゲン量を増やすことでシワを改善してくれます。

表情筋を鍛える

表情筋を鍛えることで、肌を支える力がアップします。PCやスマホを見ている時間の長い会社員の方は、表情を動かす時間が短いので、表情筋をしっかりと鍛えましょう!日常生活において、表情を動かすように意識することが大切です。更に時間に余裕がある時は、表情筋を鍛えるエクササイズをしてみましょう。

【表情筋を鍛えるエクササイズ】

うえの歯が8本見えるようにフルスマイルで頬をあげ10秒キープします。目をつぶったり、口に力をいれないように注意して1日2回以上行ってみましょう。最初は鏡を見ながら行います。顔全体の表情筋が鍛えられることでたるみが改善されます。

40代のほうれい線は?

40代は30代よりも全体的な肌の機能が低下してくる年齢なので、より入念なエイジングケアが必要になってきます。ほうれい線も口のほうまで刻まれてしまうこともあるので、しっかりとケアしていきましょう。

40代のほうれい線ができる原因

20代と30代の原因に加えて

  • ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスが乱れがちな40代以降は肌のバリア機能が低下してダメージを受けやすく出来てしまったほうれい線が深く、長く刻まれてしまうことも多くなります。日焼けのダメージが出てくるのも、40代です。コラーゲンやエラスチンの生成するスピードが格段に遅くなってしまっているのが原因です。

  • 口周りの表情筋のゆるみ

口角が下がり気味という方は特に気をつけたいのが口周りの筋肉のゆるみです。口角が下がることでほうれい線が深く刻まれてしまうため、マッサージやエクササイズで引き締めましょう。

40代のほうれい線ケア

40代のほうれい線ケアはコラーゲン・エラスチンを増やすコスメを使用するほか、週1~2回スペシャルケアで部分用パックを取り入れることも有効です。表情筋が強張りやすくなる年齢なので入浴後に表情筋をしっかりほぐした後にエクササイズすることも、たるみ改善に効果的です。

  • 部分用パックで集中ケア

部分用パックで集中的にアプローチするのも即効性があり、おすすめのケア方法です。ヒアルロン酸・ビタミンC誘導体などバリア機能の改善・ハリ感が出るタイプなら更に効果的です。週1日~2日程度スペシャルケアとして取り入れてみましょう。

  • 表情筋をほぐすマッサージ

表情筋が強張りやすい年齢なので、日々のスキンケアの際にマッサージを取り入れてみましょう。肌が柔らかくなることでスキンケアも浸透しやすくなり一石二鳥です。入浴後など血流が良くなっているときに行うことがおすすめです。

マッサージを行う際は必ずマッサージクリームやオイルなどを顔に塗布してから行います。何もつけないで行ってしまうと新たなシワを作ってしまう原因にもなってしまうので気をつけてくださいね♪

【表情筋をほぐすマッサージ】

手をヤッホーと叫ぶような形にして、ほうれい線にあてるようにおきます。グッと圧をかけながらこめかみのほうに広げて流していきます。×5セット

たるみを引き上げるので、毎日行うことで肌が形状記憶し、ほうれい線の改善に効果があります。

まとめ

今回は年代別のほうれい線の原因と改善方法を紹介してきました。たるみの改善には長期間頑張ることで結果がついてくるので、年齢が若いうちから予防していくことも大切です!更に今回はお家で出来るホームケアを紹介してきましたが、即効性が高く効果が高いものを求める場合は、美容クリニックやエステに相談することをおすすめします。