可愛い!オシャレ!おすすめのネイルカラーチャートの作り方

スティックネイルサロンには必ず置いてあるネイルのカラーチャート。お客様は必ずと言っていいほど、カラーチャートを見てネイルのデザインを決めています。ネイルサロンではとても重要で大切なマストアイテム。店舗によっても様々なカラーチャートがあるので、これからカラーチャートを作る方におすすめなポイントをご紹介いたします。

カラーチャートの作り方のポイント

チップの大きさ

人差し指〜薬指サイズ(#4、#5)のチップを使用すると、サロン用としてもキレイで見やすく実際の爪と合わせるときにイメージがしやすくなります。

チップへの塗り方

チップの表面?裏面?どっちがいい?と悩まれる方も多いと思いますが、どちらも正解です。作るチップの種類によって塗り方を変えるのがおすすめです。

スティックやチップに塗布する場合

サンディングと呼ばれるジェルを塗る前の下処理(=爪やすり)またはエタノールで表面を磨きます。これをすることで、ジェルネイルを長持ちさせることができます。下処理が終わったら、ジェルネイルを2回ほど塗り、最後にトップコートで仕上げます。

表面に塗ると、曇ったり汚れやすかったり傷がつきやすいということもありますが、見栄えは一番キレイに見せることができます。小まめに拭き取りをして、状態よく保ちましょう。

ガラスカボションに塗布する場合

裏面にジェルネイルを2回塗り、トップコートを塗って完成です。トップコートは塗っても塗らなくてもどちらでも問題ないですが、使う場合はノンワイプのトップジェルがおすすめです。ノンワイプのジェルは未硬化ジェルの拭き取りが省け、薄くキレイに仕上げることができます。

カボションとは、ドーム状に山型で底が平らなパーツのことを言い、宝石のカット技法の一つです。ガラスカボションに塗布する場合は、両面テープで止める際にネイルが剥がれてしまうので、裏面に塗布するのがおすすめです。※両面テープも厚みがある透明な物を選ぶとカボションが落ちづらくくて便利です。

カラーチャートのおすすめ収納方法

カラーチャートの収納方法は色んな種類があります。サロンで可愛く使いやすい収納方法をご紹介いたします。

チップタイプ

チップが取り外しできる物やはじめからバラになっているのもあります。色んな使い方ができる万能なタイプです。

スティックタイプ

リング付きのもあり、同系色のカラーをまとめたり、持ち運びに便利です。隣同士の色を比べやすかったり、実際に爪に合わせたりする時にお客様も使いやすいのが特徴です。

マドラー・スプーンタイプ

コンパクトで見た目も可愛いスプーン型で、自爪にも合わせやすいカラーチャートが作れます。持ち手が細くて繊細なので、使う時は引っ張ったりせず、並べてお客様に見せるなど、少し注意が必要です。

ブックタイプ

ネイルチップをブック型のカラーチャートにはめ込んで完成させるタイプの物です。表面が汚れることが少ないので、長くキレイに使いたい方はブックタイプがおすすめです。

リング・サークルタイプ

配色ごとに分けて作るのに向いていて、色も比べやすく見やすいのが特徴です。マットカラー、グリッターカラーなどの質感別に分けているネイルサロンも多いです。

ガラス・カボションタイプ

ぷっくりした丸みがキレイなツヤ感を出してくれるカボションタイプは、並べるだけでもお洒落なカラーチャートが作れます。

スタンドタイプ

一つの筒に全てのカラーチャートがついているタイプです。一度に色んな色の比較がしやすく、独立して立つことができるのがスタンドタイプの嬉しいところ。お客様もネイルオフをしてもらいながらカラーを選びやすい。というメリットもあります。

百均で作れるカラーチャート

名刺&名刺フォルダー

名刺サイズの台紙にチップをはり、名刺ホルダーの中に収納する方法。デザインがある程度決まっているチップをまとめて収納したり、持ち運びにとても便利です。

View this post on Instagram

人気design🕊

A post shared by ネイルジャム...Asami... (@a.nailjam) on

ダイソーのネイルチップ

色んなサイズが入っているダイソーのネイルチップは、カラーチャート用に使う方や練習用でたくさんチップが必要な方にも喜ばれています。

View this post on Instagram

. 仕事柄、あまり派手なネイルはできないので、ネイルチップを作ってみることにした😊 . ダイソーでチップと粘着シール、チップ台の代わりにドアフック購入。 . ダイソーのチップ120枚も入ってるし色んなサイズが入ってて良き! . 私の爪のサイズは親指2、人差指7、中指5、薬指6、小指9という感じ。 サイズ合わないのは練習用に。 . . #ダイソー#ダイソーネイルチップ#ネイルチップ#ダイソーネイル粘着シール#ネイル粘着テープ#ネイルチップシール#ネイルチップ台#ネイルグッズ#100均ネイル#ジェルネイル#ネイルアート#セルフネイル#ジェルネイル初心者 #セルフネイラーさんと繋がりたい

A post shared by みん。 (@miiin_nail) on

額とネイルチップで簡単・可愛いカラーチャート

百均では種類豊富な額が販売されているので、サロンの雰囲気に合わせた額を選んでジェルを塗ったチップを両面テープで貼れば完成!とても簡単で百均とは思えないほど、クォリティーの高いカラーチャートが作れます。

カボションを使ったお洒落なカラーチャート

ぷっくりしたカボションを並べるだけでも可愛らしく、お洒落なカラーチャートが作れます。百均でもカボションは購入できるので、他のサロンにはない独自のカラーチャートを作って差をつけましょう!

おわりに

カラーチャートは準備が大変ですが、完成したら何度も作る必要がないので、キレイに丁寧に意識して作るのがポイントです。カラーチャートが豊富だと、デザインをする時に色を迷わなくて済みます。お客様も毎回色んなデザインのネイルができるので、とても楽しみになります♡

お得なクーポンチェックできるiOSアプリダウンロードはこちらから↓

ABOUTこの記事をかいた人

アパレル販売員を経験し、コスメやメイク、スキンケアなどをより詳しく学びたいと思い、下記資格を取得。 ・日本化粧品検定1級、2級 ・コスメコンシェルジュ 美容医療に携わり、美容の知識をつけるため、現在も化粧品の成分やメイク、コスメなどを勉強中です。 美容は「継続は力なり」ということわざがあるように、努力を惜しまず続ければ、誰でも必ず結果として現れます。 私は「美容は楽しんでやる」をモットーに、毎日のスキンケアもメイクも楽しんで行うように心がけています。 女性はいつまで経っても若々しく綺麗でいたいものです。 美容の知識をたくさんつけ、皆さんへより良い情報を届けられるよう、たくさん発信していきます。