肩こり解消に効果的!竹脇まりなさんの簡単トレーニング&ストレッチ3選♡

引用:https://www.youtube.com/watch?v=oWHPQgdqVcQ&t=156s

パソコンやスマホの長時間操作などでガチガチに凝った肩回り、スッキリさせたいですよね。そこで今回は、大人気フィットネス系YouTuber竹脇まりなさんの肩こり解消トレーニング&ストレッチを3つご紹介します♡竹脇さんと一緒に楽しく運動して、つらい肩こりを楽にしましょう!ぜひ動画を流しながら実践してみてくださいね♪

竹脇まりなさんの肩こり解消トレーニング&ストレッチ3選

座ったまま3分で楽しく肩こりを楽にする運動

 

 

こちらは在宅ワークの合間にでもサクッと行える肩こり解消運動です。座ったまま気軽にできるので、お仕事や家事をひと休みしてリフレッシュしたいときにもおすすめですよ♪猫背を改善したい方もぜひ実践してみてくださいね!

動画はこちら♪

 

 

参照:竹脇まりな様 YouTube

①背中を伸ばす

まず右腕を左方向へ伸ばし、左腕で抱えるようにします。その姿勢を維持して、しっかり呼吸しながら肩甲骨を意識して背中を伸ばしていきましょう。反対側も同様に行ってくださいね。

②ひじを回す

両手の指先を肩に置き、ひじで大きな円を描くように回しましょう。腕を上げると同時に息を吸い、下げながら息を吐きます。反対回しも行いましょう。

③両手を上に伸ばして下ろす

両手を交差して天井に向かってしっかりと伸ばし、キープします。呼吸を止めないように意識しましょう。そして肩甲骨を寄せながらゆっくり手を下ろします。

④ひじを回す

②と同様に、両手の指先を肩に置いてひじで大きな円を描くように回しましょう。腕を上げると同時に息を吸い、下げながら息を吐きます。反対回しも行ってくださいね。

⑤両手を上に伸ばして下ろす

③と同様に、両手を交差して天井に向かってしっかりと伸ばしてキープ。呼吸を止めないように意識し、肩甲骨を寄せながらゆっくり手を下ろしましょう。

⑥ひじを回す

②と同様に、両手の指先を肩に置いてひじで大きな円を描くように回します。腕を上げると同時に息を吸い、下げながら息を吐きましょう。反対回しも行います。

⑦両手を上に伸ばして下ろす

③と同様に、両手を交差して天井に向かってしっかりと伸ばしてキープします。呼吸を止めないように意識して、肩甲骨を寄せながらゆっくり手を下ろしましょう。

座ったままでOK!3分でできる二の腕・肩こりに効く簡単タオルダンス

 

 

こちらはタオル1枚で行える簡単トレーニングです。肩甲骨が簡単に動き、肩こり解消だけでなく二の腕の引き締めや肩と背中の筋トレにもなりますよ♡運動不足が気になる方もぜひやってみましょう!

動画はこちら♪

 

 

参照:竹脇まりな様 YouTube

①脇腹を伸ばす

タオルがピンと張るように両手で持ちながら脇腹を伸ばしていきましょう。お尻が浮かないように気をつけながら、左右に揺れます。

②腕を上下に動かす

肩甲骨を寄せるように、両手で持ったタオルを頭の後ろで上下させます。

③ひじを曲げる

両手を上に伸ばした状態からお尻の方へと左右交互に引っ張ります。

④脇腹を伸ばす

①と同様、左右に揺れながら脇腹を伸ばしていきます。呼吸もしっかり意識してくださいね。

⑤腕を上下に動かす

②と同様に、両手で持ったタオルを頭の後ろで上下させて肩甲骨を寄せます

⑥ひじを曲げる

③と同様、両手を上に伸ばした状態からお尻の方へと左右交互に引っ張りましょう。

⑦腕を上下に動かす

②と同様に、両手で持ったタオルを頭の後ろで上下させ、肩甲骨を寄せます。だんだんと背中が温まってくるのが感じられますよ。

⑧全力でタオルを振り回す

タオルを自由に全力で振り回します

⑨脇腹を伸ばす

①と同様、タオルがピンと張るように両手で持ちながら左右に揺れ、脇腹を伸ばしていきます。お尻が浮かないように気をつけましょう。

⑩腕を上下に動かす

②と同様、肩甲骨をしっかり意識しながら両手で持ったタオルを頭の後ろで上下させます。

⑪ひじを曲げる

③と同様に、両手を上に伸ばした状態からお尻の方へと左右交互に引っ張りましょう。

しっかり6分!ガチガチの肩こりを解消するしっかりストレッチ

 

 

こちらは寝る前や朝など、肩をしっかりほぐしたいときにおすすめのストレッチです。竹脇さんと一緒にリラックスしながら行い、ガチガチになってしまった肩こりを楽にしていきましょう♡

動画はこちら♪

 

 

参照:竹脇まりな様 YouTube

①ひじを大きく回す

両手で肩を触りながら、ひじで大きな円を描くように回していきます。肩甲骨のあたりから動かすことを意識してくださいね。たっぷり呼吸して、新鮮な空気を取り込みましょう。ゆっくり自分のペースでOKです。反対回しも行います。

②首のストレッチ

頭の後ろに両手をつけ、ゆっくり前に倒します。背中はまっすぐにし、猫背にならないように注意しましょう。手の重みで首から背中にかけてじっくり伸ばしていきます。余裕がある方は左右にゆっくり首を揺らすと、さらに伸びが感じられますよ。首の後ろには目に通じた神経が通っているため、こちらを伸ばすようにすると目の疲れにも効果的です。

③二の腕と肩のストレッチ

鳥のように体の後ろでパタパタと手を揺らしていきます。手のひら同士は内側に向けましょう。胸を開き、肩甲骨を寄せるようにして動かします。呼吸もしっかり意識してくださいね。

④背中と肩のストレッチ

四つん這いになり、肩の真下に手を置き、腰の真下にひざがくるようにします。息を吸いながらゆっくりおヘソをマットに近づけ、息を吐きながら背骨ひとつひとつを動かすイメージで背中を丸めましょう。視線はおヘソを覗き込むようにします。

⑤糸通しのポーズ

左手を右手の脇の下から通し、顔を床につけます。肩と頭に体重を預け、左の背中を伸ばしていきましょう。余裕のある方は右手を天井の方に伸ばし、指先を遠くに伸ばすイメージで回してみてください。無理せず自分のペースでOKです。

⑥糸通しのポーズ(反対側)

四つん這いになり、今度は右手を左の脇の下から通して⑤と同様に行います。

⑦頭を床につけて腕を天井方向に伸ばすストレッチ

正座の姿勢からおでこを床につけます。指を組み、天井方向に腕を伸ばしましょう。このときお腹の力は抜いてくださいね。そのままの体勢でゆっくりと深呼吸していきます。

⑧猫の伸びのポーズ

両手を前の方に伸ばし、お尻を天井方向に突き上げます。息を吐きながら脇を床に近づけるようにしましょう。余裕のある方は、顎を床につけるとさらに背中の伸びが深まりますよ。深い呼吸を続けながら行いましょう。

⑨チャイルドポーズ

お尻をかかとの上に乗せ、おでこをマットにつけて休みましょう。奥歯の噛み締めをほどいて、頬の力を抜きます。呼吸もしっかり意識してくださいね。

おすすめのトレーニングマット

 

 

引用:Amazon

EMPTのジョイントマットは、ジョイント式なので好きなようにレイアウトできます♪自宅にトレーニングスペースをつくりたいときに最適!ヨガやエクササイズなどあらゆるトレーニングに対応しているので、使い勝手も抜群ですよ。ぜひ試してみてくださいね♡

 

 

竹脇まりなさんと楽しく肩こり解消しよう♪

今回は、人気YouTuber竹脇まりなさんの肩こり解消に効く簡単トレーニング&ストレッチを3つピックアップしてご紹介しました!どれもおうちで気軽に行えるものばかりなので、ぜひ肩を軽くしたいときに実践してみてくださいね♪