【初心者向け】簡単メイクのやり方!そろえるべきコスメもご紹介!

「メイクをしたいけどなにから始めたらいいのかわからない」「そもそもメイクをするのにどんなコスメをそろえればいいのかさっぱり」というメイク初心者の方必見です!今回はメイクのやり方や押さえておくべきポイントを詳しくご説明しながら、そろえておけば間違いなしの10種類のコスメもご紹介していきます!

初心者向けメイクの手順とポイント!

手順1:ベースメイク

〈準備するコスメ〉

・化粧下地:化粧品の肌への負担を軽減したり、肌の状態を整えてメイクを長持ちさせてくれます。マキアージュの化粧下地は、緩めなテクスチャーなので初心者の方でも塗りやすく綺麗な土台を作ってくれます。

・コンシーラー:ニキビ跡やシミ、クマ、くすみなど肌の悩みをカバーしてくれます。カバー力の高いザセムのコンシーラーは必須アイテムです!

・ファンデーション:顔の印象が明るくして肌の色を均一に見せてくれます。初心者の方には、綺麗に仕上がることで定評のあるインテグレートのパウダータイプのファンデーションがおすすめです。

〈ベースメイクのやり方〉

1.スキンケアと日焼け止めを塗った後、化粧下地を1円玉程度の大きさの量を手にとります。両頬、おでこ、鼻、あごの5カ所に指で均等の量をのせていきます。

2.下地を顔の内側から外側へ、指の腹を使って優しく顔全体に馴染ませていきます。

3.クマやシミが気になるところにピンポイントでコンシーラーを塗っていきます。指でぽんぽんと馴染ませせて、ぼかすと肌から浮いて見えない仕上がりになります。

4.付属のスポンジの3分の1程度にファンデーションをとります。

5.頬→目元→おでこ→鼻→口元→あごの順番でファンデーションを塗っていきます。顔の中心から外側に向かって優しく滑らせるように塗るのがポイントです。塗りすぎはメイク崩れの原因にもなるので、薄く均一になるようしっかりと伸ばすようにしてくださいね。気になる部分は薄く重ね塗りをしましょう!

手順2:アイブロウメイク

〈準備するコスメ〉

・アイブロウペンシル:眉の足りない部分を埋めたり輪郭をはっきりすることで、眉の形を整えることができます。ケイトのアイブロウペンシルは後ろにスポンジがついているのでぼかしやすくおすすめです!

【メール便(ゆうパケット)対応】 カネボウ ケイト【KATE】 ラスティング デザイン アイブロウW N (SL)細芯 【あす楽_土曜営業】

・アイブロウマスカラ:髪色に合わせて眉の色を明るくしたり暗くすることができます。ヘビーローテーションのマスカラはカラー展開も多く塗りやすいのが特徴です。

〈アイブロウメイクのやり方〉

1.綺麗な眉を描くためにペンシルで印をつけていきます。眉山は目尻の上、眉尻は小鼻の延長線上にくるように印をつけて眉メイクをすると大人っぽいメイクになります。

2.眉の毛の流れに沿うように、眉毛を足していくイメージで足りない部分をペンシルで埋めていきます。

3.眉頭はふんわりと仕上げると自然になるので、反対側のスポンジで埋めていきます。

4.眉マスカラを毛並みに逆らって塗っていきます。そのまま塗ってしまうとべったりとした眉になってしまうので、最初にティッシュオフをして使用しましょう。

5.最後に眉毛の流れに沿って眉マスカラを塗ったら完成です!

手順3:アイメイク

〈準備するコスメ〉

・アイシャドウ:色味を使うことで、目元に立体感を出したり華やかな印象になります。プチプラで上品なカラーを取り揃えたエクセルのアイシャドウは色味がとても使いやすいです。

・ビューラー:まつげを上に向かせて、目の開きを大きく見せてくれます。ビューラーの定番といえばまぶたにぴったりフィットし、綺麗にまつげが上がる資生堂です!

・マスカラ:まつげにボリュームや長さを持たせ、よりはっきりとした目元を演出してくれます。セザンヌのマスカラはアーチ型なのでメイク初心者の方も使いやすくおすすめです。

〈アイメイクのやり方〉

1.まぶた全体に一番薄いアイシャドウを指または付属のチップで塗っていきます。目を開いた時の形を意識して、半円型に塗るのがポイントです。

2.目を開いた時に少し色が見えるくらいの位置まで、2番目に薄いアイシャドウをのせてグラデーションを作ります。

3.濃い色のアイシャドウを小さい方のチップにとって、上まぶたの目のキワや目尻と下まぶたの目尻側3分の1くらいまでのせていきます。

4.ビューラーでまつげを上げていきます。少し顎を上げて薄目で鏡を見ながらやると、根元から上手にまつげを挟んであげることができます。

5.元を挟んだらまつげの毛先に向かって進みながら、何度かに分けながら挟んでいくと全体にカールをつけることができます。

6.マスカラは余分な液をティッシュオフし、根元にあてたら毛先に向かってすべらせていきます。マスカラをする時も伏し目がちで鏡を見ると上手にできますよ!

手順4:チーク

〈準備するコスメ〉

・チーク:肌の血色感をアップすることができます。初心者の方でも使いやすいのがパウダータイプのチークです。セザンヌは色展開も多く、一番人気は少し青みがかったラベンダーピンクとなっています!

〈チークのやり方〉

1.付属のブラシにチークをとったら余分な粉をティッシュや手の甲で落とします。

2.鼻先と耳の中央を結んだ線と黒目の外側から真下に線を引いた時に交わるところがチークを入れる中心の部分です。中心部分からこめかみに向かってふんわりとチークを入れていきます。好みの色になるまで重ね付けしても問題ありません!

手順5:リップメイク

〈準備するコスメ〉

・リップ:唇に色味を足すことで、メイク全体のバランスをとることができます。色展開が豊富でぷるぷるな唇を作ってくれるオペラのリップティントはいかがでしょうか?

〈リップのやり方〉

1.口を少し開けながら上唇の中心から口角に向かって塗っていきます。この時に口の形を少し横に開くと塗りやすくなります!

2.下唇も同様に塗っていきます。

3.上唇と下唇を合わせてリップを馴染ませます。み出てしまった部分は綿棒などで拭ってあげましょう。

おわりに 

今回は初心者の方でも簡単にできるメイクのやり方を顔のパーツごとにご紹介しました。メイクの順番とポイントを押さえたらあとは練習あるのみです!初めは難しいと感じるかもしれませんが、徐々に慣れていきましょう。ご紹介したコスメは初心者の方でも使いやすく仕上がりにも定評があるものばかりなので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

毛穴が無いように見せてくれる、無色のファンデ。期間限定のお得情報♪[PR]
まだ間に合う!お年玉キャンペーン!✨