【敏感肌でもしみない!】ポイントメイクリムーバーを5選ご紹介

普通のクレンジングオイルとポイントメイクリムーバーはどのように違うのでしょうか?しみる…べたべたする…なんだか重い…といったネガティブ要素を解決するポイントメイクリムーバーをご紹介いたします。

 

商品選びでのポイントは3つ

 

敏感肌タイプさんはお肌をいたわり守りながら落とすといった商品を使用することをおすすめします。結構むずかしいですよね。たくさんある中で「実際どれを選んだらよいのやら…」と困りますよね。表記もそうなのですが、キャッチコピーなどで判断できるのできっかけにしてくださいね。

 

無添加商品

 

添加物とは鉱物油・アルコール・紫外線吸収剤・パラベン・着色料・香料・防腐剤をさします。これらを配合していない商品が無添加化粧品のジャンルにくくられます。美しくなろうとする肌のさまたげになるから配合していないものを選びましょう。また肌トラブルのもとになります。ひりつき・つっぱり・カサカサになるもとです。一概にこれとはいいかねるのですが、できるだけ配合していないものを使うに越したことはないでしょう。

 

植物由来成分配合

 

合成化学料ではなくて植物由来がおすすめです。肌の細胞にちかいので浸透してなじみます。刺激が少ないのが特徴です。大手化粧品メーカーでも植物由来成分をつかっているスキンケアはほんとうに多いです。理由は「敏感肌市場」だからです。言い換えると肌のトラブルを感じている方が多いということです。

 

 

敏感肌さんは”日本製メーカー”をおすすめします

 

敏感肌さんは日本製のメーカーを使用することをおすすめします。4大ブランドの日本製メーカーは、日本人の肌でエビデンスをとって商品化しています。一方で、一概には言いかねますが、海外製は日本人の肌質を考えては作っているとはいいきれません。なので敏感肌さんは、慎重に選びましょう

 

おすすめポイントリムーバー

 

スリー THREE ポイントメイクアップ リムーバー

みずみずしく、なめらかに、ひと拭きでポイントメイクを落とすメイクアップ リムーバー。ボトルを振ると、さっと優しいミルキーイエローに変わる2層タイプ。植物オイルとボタニカルウォーター、それぞれの特性が充分に活きるようつくられた穏やかで洗浄力のあるリムーバーです。目もと・口もとをいたわるようなみずみずしくなめらかなテクスチャー。肌のうるおいを守りながら落ちにくいメイクも素早く溶かして浮かせすっきりオフします。

 

DHC ポイントメイクリムーバー

ウォータープルーフのマスカラや口紅も、コットンに含ませてさっとひと拭き、すっきり落とせるポイントメークアップリムーバー。クレンジングウォーターとオイルの「ダブルのクレンジングパワー」で、どんなしっかりメークもすばやく落とせます。さらにコンディショニング成分として、肌荒れを防いですこやかに整えるキハダ樹皮エキスをプラス。保湿力の高いクレンジング成分とともに、デリケートな目もとや唇をやさしくいたわります。オイル配合なのにベタつかず、さらっとしたテクスチャー。目にしみにくい処方です。無香料・無着色・パラベンフリー・天然成分配合・鉱物油 不使用・弱酸性なので敏感肌さんにも◎

 

無印 マイルドアイメイクアップリムーバー

敏感な目元をいたわりながら、べたつき感を残さずポイントメイクをしっかりと落とします。天然うるおい成分としてオリーブスクワラン、カミツレ花エキス、モモ葉エキスと保湿成分としてヒアルロン酸Naを配合。無香料・無鉱物油・パラベンフリー・アルコールフリーです。

 

資生堂 パーフェクトリムーバー

水性と油性の二層タイプ。ウォータープルーフタイプや色持ちのよい口紅などの落ちにくいポイントメークも、すばやくしっかりふき取れます。 べたつかない、やさしい使い心地です。 植物性保湿成分配合。弱酸性・無香料・まつエクOK。一般的なグル―(シアノアクリレート系)を使用したまつ毛エクステンションにお使いいただけます。

 

ファンケル マイルドクレンジングオイル

ポイントメイク用ではないのですがポイントメイクとして使ってほしい一品です。本来2プッシュから3プッシュでいいのですが目元や口元であれば1プッシュでOKです。濡れた手OK。エクステOK。ウォータープルーフのマスカラOKです。

 

私って敏感肌?

そもそも「私って敏感肌なのかな?」なんて判断にこまることもありますよね。以下の3つ確認してみてください。

 

☑ かゆみ・ヒリヒリ・つっぱりがあるかも…

☑ 夕方になると乾燥するなぁ…

☑ 食生活や睡眠の不足がきになるなぁ… 

 

敏感肌は肌表面のきめが乱れていることをさします。肌トラブルのもとになります。バリア機能が低下しているので悪化・慢性する可能性も。スキンケアは敏感肌のラインナップに変えたり腸内環境を整える食生活にかえてみたり、日中でも保湿するようにしてくださいね。改善に期待しましょう

 

目元ケアは特別

 

あくまで私の経験なのですが、22歳の頃、先輩の美容部員に「目元は一番お金をかけなさい!」といわれたことがあります。はじめは「え?目元なの??」と思っていたのですが、今思えば、若いうちにやっていてよかったと思う1つです。乾燥からくる小じわ・ちりめんシワはほうれい線は老けて見えるからです。目元は顔の中で最も動かす部分なので、丁寧なケアをこころがけてみることをおすすめします。