ルースパウダーの使い方を徹底解説!基本をマスターして美しい肌印象を叶えよう♡

ファンデーションなどの後に重ねることで、メイク崩れを防いだり外部刺激から肌を守ることができる「ルースパウダー」。ベースメイクの仕上げに欠かせないアイテムですが、「買ってみたものの使い方がよくわからない」という方もきっと多いですよね。そこで今回は、基本的なルースパウダーの使い方を徹底解説していきたいと思います♪ぜひルースパウダーの使い方をマスターして、美しいベースメイクに仕上げましょう♡

ルースパウダーの使い方をマスターしよう!

ルースパウダーとプレストパウダーの違いは?

 

 

ルースパウダーとは、メイクの仕上げに使う粉状のフェイスパウダーのこと♪

フェイスパウダーには「ルースパウダー」と「プレストパウダー」の2種類があり、「ルース」は英語の「loose(緩んだ、バラバラの状態)」、「プレスト」は「pressed(押し固められた)」という形状を指します。つまり、粉状のさらさらとしたパウダーが「ルースパウダー」、本来は粉状のものをプレスして固形にしたパウダーが「プレストパウダー」となります。

基本的にはどちらもリキッドファンデーションやクリームファンデーションなどの上に重ねて使い、ファンデーションの持ちをよくするのに活躍します♪

なりたい肌印象に合わせて選ぼう

ルースパウダーとプレストパウダーは仕上がりの印象が異なるので、お好みのイメージに合わせて使い分けると◎!

ルースパウダーは、ふんわりと柔らかな質感やナチュラルな雰囲気、透明感などを求める方に、プレストパウダーは、マットな質感やきちんとした雰囲気、カバー力を求める方におすすめです♡また、ツヤ肌仕上げやマット肌仕上げなど商品によってもさまざまなので、なりたい肌のイメージに合わせてチョイスしましょう。

フェイスパウダーを使うメリット

 

 

フェイスパウダーをベースメイクの仕上げに使用することで、以下のようなメリットを得ることができます♪

①肌がなめらかに見える

フェイスパウダーは、肌表面を均一でなめらかに見せてくれる効果があります。「厚塗り感が出るから使っていない」という方も、使い方をマスターして肌がもともと美しいかのような自然な仕上がりを目指しましょう。きっと手放せないアイテムになりますよ♪

②メイクもちがアップ!

フェイスパウダーは皮脂をコントロールする役割をもっており、余分な皮脂を吸収して肌をさらっとした質感に整えてくれます。日中のテカリやメイク崩れを防止できるので、美しいメイクの仕上がりが長時間持続しますよ。メイク直しの回数を減らしたい方もぜひ取り入れましょう!

③ポイントメイクのノリやもちもよくなる

フェイスパウダーを使うことでファンデーションの油分を落ち着かせることができ、後にのせるポイントメイクのノリがよくなるという効果も!アイメイクやチークがヨレやすいという方は、まずフェイスパウダーをしっかりなじませておくのがおすすめです。眉メイクの前にも仕込んでおくと、描いた眉がいつの間にか消えていたということも防ぐことができます♪

ルースパウダーの使い方を徹底解説!

基本的にフェイスパウダーはベースメイクの最後に使用するアイテムで、スキンケア→化粧下地や日焼け止め→ファンデーションやコンシーラー→フェイスパウダーの順でベースメイクを仕上げていきます。

パフでつけるのかブラシでつけるのかによって仕上がりが変わってくるので、ここからはパフとブラシそれぞれを使ったルースパウダーのつけ方を解説していきたいと思います♪ぜひ目指す肌印象で使い分けてくださいね!

パフを使ってルースパウダーをのせる方法

 

 

こんな方にはパフがおすすめ!

・陶器肌に仕上げたい

・油分が多いファンデーションを使う

・テカリが気になる

①パウダーをとる

パウダーのとり方は2通りあります。ベーシックなのは、パフを中蓋にのせた状態で押さえながら容器を上下に振ってパウダーを含ませる方法。もう1つは、パウダーをケースの蓋かティッシュに出すという方法です。

このようにしてパウダーをパフにとったら、パフを二つ折りにしてパウダーを全体になじませましょう。均等に薄くつけるためにも、ここでパフをしっかり揉み込むようにしてパウダーを含ませることが大切です♪

②パウダーを塗る

パウダーを塗る時のポイントは、パフをスライドさせるのではなく“転がすように”のせること。ファンデーションが密着した状態で上からパフを横にすべらせてしまうと、メイク崩れの原因になるので注意してくださいね。

また、崩れにくくなるというイメージでポンポンと叩き込むように塗る方も多いですが、実はあまり効果的ではありません。それよりも肌に置くようにしっかりとのせることで、密着力がアップしますよ♡

これらのポイントを踏まえ、下から上に向かって肌を軽く押し上げるようにパフを動かしていきます。顔の中心→鼻から頬→おでこの順にのせ、目や口周りなどのヨレやすい部分はパフを折った状態で軽く押し当てるようにすると◎!

③仕上げ

最後に何もついていないブラシをくるくると動かして余分なパウダーを落とすと、より薄付きでナチュラルに仕上げることができます♪

ブラシを使ってルースパウダーをのせる方法

 

 

こんな方にはブラシがおすすめ!

・ふんわりとナチュラルな肌に仕上げたい

・透明感やツヤを出したい

・乾燥が気になる

①パウダーをとる

ケースの蓋にパウダーを出し、ブラシをくるくる回しながらパウダーをブラシ全体になじませます。その後、手の甲の上でブラシをくるくる回すか、蓋の縁にブラシをトントンと当て、余分なパウダーを落としましょう。このようにしてパウダーの量を調整すると、パウダーのつけすぎを防ぐことができます♪

②パウダーを塗る

顔の中心→鼻から頬→おでこの順に、パウダーをのせていきます。くるくると円を描くようにブラシを動かしながら、優しくのせるようにしましょう♪目の周りや小鼻はブラシの先端を使い、ピンポイントでなじませます。

③仕上げ

ブラシについたルースパウダーをティッシュで取り除き、顔全体をブラシで払って余分なパウダーを落としたら完成です♡

ルースパウダーの使い方をマスターすればメイクがもっと楽しく!

今回は、ルースパウダーの使い方をご紹介しました♪まずは基本をマスターすることで、より美しくワンランクアップしたメイクに仕上げることができます。とても簡単な方法なので、今まで使い方がよくわからずフェイスパウダーを使っていなかったという方もぜひトライしてみてくださいね!ルースパウダーを使いこなして、さらにメイクを楽しんでいきましょう♡

こちらの記事では、プレストパウダーの使い方をご紹介しています♪ぜひチェックしてみてくださいね!

メイク崩れ・テカリ防止!プレストパウダーの使い方を徹底解説!