【美容整形】局所麻酔は痛みが強い?気になる費用やメリットとは?

埋没法などの二重整形において使われることが多い、局所麻酔。注射針を使った麻酔のため痛みが強いのでは?と不安に思う人も多いですよね。実際に局所麻酔はどんな施術方法なのか、他の麻酔とはどう違うのか、今回はメリット・デメリットも含めて詳しくご紹介していきたいと思います。

局所麻酔とは

局所麻酔とは美容整形において小範囲の手術を行う場合、施術箇所に注射で液を注入して感覚をなくす麻酔です。美容整形の他にも、虫歯治療の際に経験をした方も多いかもしれませんね。

局所麻酔は主に二重術の埋没法やわきが多汗症手術の際に使われます。全身麻酔とは違い意識があるなかで手術が行われるため、施術中はデザインを確認したり医師と会話をしたりすることができます。そのため施術中に万が一痛みを感じることがあっても安心です。

局所麻酔と聞くと痛みが強いイメージを持たれる方も多いですよね。一昔前の埋没法といえば、手術の痛みも強い上に麻酔も痛みを感じることが一般的でした。しかしながら最近は極力患者の負担を減らす手術が行われており、麻酔も極細の針が使われるように。そのため以前のように強い痛みを感じることはほとんどありません。麻酔の種類やクリニックによっても異なりますが、針を刺す際にチクッとした感覚があるだけです。

【局所麻酔】他の麻酔とどう違う?

埋没法の場合、局所麻酔と併用して結膜に点眼麻酔を行います。点眼麻酔は麻酔液を点眼する麻酔です。液を入れた際にしみる感覚がありますが、痛みは感じません。

また埋没法では局所麻酔+点眼麻酔を行う方法の他、笑気麻酔があります。マスクを使って笑気ガスを吸入して全身をリラックスさせた状態にする麻酔です。意識がなくなるわけではありませんが、身体が温まりお酒に酔っているような感覚に陥ります。全身麻酔になるためあまり使われることはありませんが、施術に対して強い恐怖心や不安がある方の場合、リラックス状態になれる笑気麻酔を用いるケースも。

局所麻酔と笑気麻酔の大きな違いは、施術中の意識状態です。局所麻酔ははっきりとした意識があるなか施術が行われます。一方笑気麻酔は意識はなくならないものの、眠っているのに近い状態です。そのため途中でデザインを確認したり医師と会話をしたりすることは難しいです。またほとんどのクリニックでは笑気麻酔を行う場合、局所麻酔よりも費用が多くかかることも。

埋没法では局所麻酔+点眼麻酔を使う方法が一般的ですが、注射が苦手な方や手術に対する不安が大きいという方は笑気麻酔をおすすめします。

この施術が向いている人

  • 注射に抵抗のない人
  • 簡単な麻酔で済ませたい人
  • 意識があるなか施術を行いたい人

この施術が向いていない人

  • 注射による麻酔が怖い人
  • 手術に恐怖心や不安がある人

メリット

  • 強い痛みを感じない
  • 麻酔が効くのが早い
  • 費用を安く抑えられる

局所麻酔は針を刺したときチクッとした痛み感じる程度で、強い痛みはほとんど感じません。また麻酔の効きが早いためすぐに施術を開始できます。

デメリット

  • 注射針を使っての麻酔になる
  • 麻酔液にアレルギーがある場合は受けられない

過去に麻酔でアレルギーを起こしたことがある場合や、事前検査でアレルギーがあると判断された場合は、局所麻酔は受けられません。

局所麻酔の施術手順や事例

局所麻酔の特徴やメリット・デメリットがわかったところで、ここからは施術手順や事例について解説していきます。局所麻酔は美容整形の一部ですから、施術時間は5分程度です。

1.カウンセリング

美容整形はまず担当医師とのカウンセリングから始まります。

自分の希望を伝えた上で、手術の内容や麻酔についての説明が行われます。もし不安なことや疑問に思うことがあれば、この段階で医師に伝えておきましょう。

2.施術(麻酔)

手術を行う前に、施術箇所の消毒をして麻酔をしていきます。

局所麻酔の前に点眼麻酔です。点眼麻酔は結膜への鎮静作用があるため、この工程を行うことで局所麻酔の痛みも和らげてくれます。個人差はあるものの麻酔は基本的に1~2分程度で効果が現れます。局所麻酔は他の麻酔と比べても効き目が早いため、すぐに手術に取り掛かれます。

麻酔が切れる時間は術後1~3時間程度です。万が一翌日になっても麻酔をした箇所に違和感が残る場合は、すぐに担当医師へ相談をしましょう。

局所麻酔を受けた人の口コミ

  • 手術中意識があるのでデザインを確認しながら進められた
  • 若干の痛みはあるが激しいものではない
  • 手術中はしっかり麻酔が効くので痛みを感じなかった

局所麻酔の大きなメリットとして、手術中意識があるためデザインを確認したり医師を会話をしたりできるという点をあげる方が多いです。

また痛みに関しては個人差がありますが、針を刺す際に若干の痛みを感じることも。しかししっかりと麻酔が効いてくれるおかげで、手術中は痛みを感じません。

局所麻酔の費用感

局所麻酔を使った埋没法を行う場合、費用の相場は100,000~200,000円程度です。局所麻酔は笑気麻酔などと違いオプション扱いにならないため、ほとんどのクリニックでは手術費用のなかに含まれます。

まとめ

最近の局所麻酔は一昔前と違い、強い痛みを感じないものへと進化しています。早くしっかり効果を発揮してくれるため、施術中の痛みもなく安心です。全身麻酔が怖い方や手術中にデザインを確認しながら進めたいという方には、局所麻酔をおすすめします。今回ご紹介した内容をぜひ参考にしてくださいね。

 

mira(ミラ)アプリでは、AIが一枚の写真からたった5秒で、顔のパーツのバランス・形・大きさの特徴量をもとに、顔タイプを判定。あなたのための美容法を導き出します。

🎁アンケートはこちら🎁

無料で診断♪ マイカルテを作成

無料でLINEで相談♪

 

ABOUTこの記事をかいた人

これまで化粧品販売員や医療関係のお仕事を通して、多くの女性の美に関してのお手伝いをさせていただいてきました。私自身何より美容を愛しており、プチプラからデパコスまで新発売のコスメは全て試すコスメマニアです。過去に15kg減量したダイエットの経験もあり、食事や生活を基準に内側から作る美容にも力を入れています。 いつまでも美しくいたいと思う女性の皆さまのお力添いになれるような情報を、発信していきたいと思っています!