化粧水の効果を最大限に発揮!【コットンの正しい使い方】

引用:https://www.muji.com/jp/ja/store/cmdty/detail/4549337318892

今回はコットンを使用した正しい化粧水のパッティング方法をメインにご紹介していきます。コットンのメリットとデメリットをおさえた上で、コットンを使ったスキンケアの効果を最大限に発揮できる方法をみていきましょう。最後にはスキンケアに向いているおすすめのコットンもあわせてご紹介します!

化粧水をコットンでつける理由とは?

引用:http://kobameri.co.jp

皆様、朝の洗顔後や夜のお風呂上がりの化粧水は手でつけられていますか?それともコットンを使われていますか?最近は浸透力の高い化粧水が増えてきているので、手で温めながら塗布するだけでスッと馴染むものも多いですよね。手でスキンケアを行うと肌に直接触れるので小さな変化にも気付きやすいです。

手で塗布するだけでも十分のように感じますが、コットンを使うメリットをご紹介したいと思います。

  • 清潔

綺麗に洗ったと思っていても、手には肌荒れの原因となる雑菌が残っている可能性があります。新しいコットンを使うことで毎回清潔な状態でスキンケアを行うことができます。

  • ムラになりにくい

手でしっかりと化粧水を塗布したと思っていても顔には凹凸があるので、塗り残しがあったり全く塗られていない部分が出てきます。対してコットンを使用すると顔の凹凸部分にもフィットし、肌全体に均等な力で化粧水を塗布することができます。

コットンを使う際のデメリットとしては、肌の負担にならないようたっぷりと化粧水を染み込ませる必要があるので、少しもったいないように感じてしまうかもしれません。さらに肌トラブルが起きている時や敏感肌の方にとっては、コットンの摩擦が刺激となってしまうことがあるので注意が必要です。

コットンを使った正しいスキンケア方法

引用:http://www.unicharm.co.jp/silcot/cotton/howto.html

誤った方法で続けてしまうと肌荒れや乾燥などの原因になってしまうので、コットンを使う際には正しい方法でスキンケアを行いましょう。コットンを使ったスキンケア方法を習得して、ぷるぷるなお肌をゲットしましょう!

  1. 洗顔後、中指と薬指の上にコットンをのせて両端をしっかりと挟むようにします。顔の凹凸がある部分は中指一本だけを使うと細部までパッティングすることができます。
  2. コットンに化粧水を染み込ませます。この時に注意したいのが、コットンの乾いた部分が肌に触れると刺激になります。肌に当たる部分にはたっぷりと染み込ませるようにしてください。
  3. コットンの線維の方向に逆らわないよう、頬は優しく押さえながら下から上または顔の中心から外に向かってパッティングしていきます。肌への刺激やコットンの毛羽立ちの原因となるので、たたきこんだりこすったりしないようにしてください。
  4. 額は皮脂の多い中心部分をメインにパッティングしていきます。
  5. 目周りはさらに優しくパッティングするようにしてください。一本指に持ち替えると隅々まで化粧水を行き渡らせることができます。
  6. 口や鼻周りも忘れずに丁寧に押さえていきましょう。鼻周りは凹凸が多いので、一本指でコットンをはさんでパッティングするのがおすすめです。

スキンケアにおすすめのコットン

コットンを使ったスキンケア方法に取り組む前に、どのコットンを使うのかというのもとても重要です。ゴワゴワとした質のものやすぐに毛羽立ってしまうものだと肌にダメージを与えてしまい、コットンを使うことで逆効果になってしまいます。肌触りやコスパも考慮したおすすめのコットンをご紹介します!

①ユニ・チャーム シルコット うるうるコットンスポンジ仕立て

ユニチャームから出ているシルコットは長く愛されているスポンジのような優しい肌触りのコットンです。厚さは薄めなのでコットンに化粧水を吸い取られることなく、少量で顔全体を潤わせることができます。2枚のコットンがミシン目でつながっているので、パッティング後にはそのままパックとして肌にのせることもできます!

②無印良品 生成カットコットン 大判タイプ

無印良品から出ている生成カットコットンは厚みがあり、大判タイプは90×70mmと大きさもちょうどよくとても使いやすくなっています。肌触りが優しく、毛羽立ちにくいというのもおすすめポイントです!毎日使うことを考えるとやはりコスパも気になりますが、135枚入りの大容量で399円はかなりお安く感じます!

おわりに

今回はコットンを使ったスキンケア方法を中心に、コットンについて詳しくご紹介していきました!毎日頑張ってスキンケアをしていても、誤った方法を続けてしまうと肌にダメージを与えてしまう可能性があります。コットンを使う時には、たっぷりと化粧水を染み込ませて優しく押さえていくイメージで丁寧にパッティングしましょう!

コットン選びでも毛羽立ちの少ないものや肌触りの柔らかいものを選んで、肌への負担を少しでも減らしていくことが大切です。毎日の小さな積み重ねが美肌に繋がっていきます!正しいスキンケア方法をマスターして一緒に肌管理を頑張りましょう!

お得なクーポンチェックできるiOSアプリダウンロードはこちらから↓