【LDKおすすめ】汗とニオイを強力に抑える制汗・デオドラント剤10選!

それほど汗をかかないこの時期でも、厚着をしたりブーツを履いたりすると服の下やブーツの中の汗ムレのニオイって気になりますよね。そのため、夏じゃなくても制汗剤を使っている方は意外といるのではないでしょうか。

そこで今回は、LDKが徹底検証した制汗・デオドラント剤の中から、高評価だったワキ用制汗剤と足用制汗剤をご紹介していきます。タイプ別におすすめ商品をご紹介しているので、使うシチュエーションや目的・お好みのテクスチャーなどに合った制汗剤を探してみてくださいね。

サムネイル:customlife公式リンク

制汗剤とデオドラント剤の違い

汗や体臭が気になる時に使う制汗剤やデオドラント剤。2つは同じものだと思っている方も多いかと思いますが、実は両者には違いがあります。

制汗剤は主成分に汗を吸収する「吸収剤」と汗を抑える「収斂剤」が配合されていて、皮膚に塗ることで汗腺を閉じたり毛細血管を収縮させて汗を抑える働きをします。

デオドラント剤はニオイを抑えることを目的としているもので、ニオイの元となる細菌の繁殖を抑える成分や消臭成分が含まれていています。ただし、最近では、両方の働きを持ち汗も臭いも抑えられる製品が多く出ています。

汗のニオイの原因

引用元:customlife公式リンク

汗をかくと汗臭くないか気になりますよね。自分の体臭って自分自身では意外とわからないので、人と一緒にいる時など嫌なニオイがしてないか心配になることがあります。ところで、ニオイの原因って一体何なのでしょう。

ワキのニオイ

ワキのニオイはワキにかく汗のニオイだと思いがちですが、実は汗自体はほぼ無臭です。ワキには「エクリン線」と「アポクリン線」という2種類の汗腺があって、エクリン線から出る汗は99%がただの水分で、ニオイの原因物質は含まれていません。しかし、かいた汗を放置していると皮膚についた皮脂や垢などの汚れと混ざって、それを細菌が分解することで嫌なニオイを発生させます。

もう一方のアポクリン線は、ワキや陰部など体の限られた部分にしかなく毛包の中に存在しています。ここから出る汗にはタンパク質や脂質などが含まれていて、汗自体はやはり無臭ですが、これらが細菌によって分解されることでいわゆるワキガのニオイを発生します。

足のニオイ

足のニオイは足の皮膚にいる常在菌が汗と混ざった角質や皮脂・垢などを分解する時に発生します。足の裏には身体の他の部位に比べて汗腺が集中していて汗を大量にかきやすく、また、靴や靴下などで密閉された状態になっているのでニオイが強くなりやすいのです。

制汗剤のタイプ

引用元:価格.comマガジン公式リンク

制汗剤には、「スプレータイプ」「ロールオンタイプ」「スティックタイプ」「クリーム&ジェルタイプ」「シートタイプ」があります。同じ制汗剤でもそれぞれに特徴やメリットデメリットがありますので、目的や使う箇所・使うシーンなどに適したものを選ぶようにしましょう。

スプレータイプ

制汗剤の定番と言えばスプレータイプですね。パウダーやメントール成分が配合されているものが多く、腕や脚など広範囲に使えてサッと吹きかけるだけのお手軽さが人気です。

一方で、肌への密着度が低めで、他のタイプの物に比べて効果が長続きしないのがデメリットです。清涼感を感じたい時やスポーツの後、外出先でサッと使いたい時などにおすすめです。

ロールオンタイプ

ヘッドがローラーになっていて、気になる部分に直接塗り込めます。ムラなく塗れて粉っぽさや白残りしないのがメリット。また、コンパクトなので携帯に便利なのもポイントです。

反面、完全に乾くまでに時間がかかるのがデメリット。乾く前に服を着てしまうとシミになる可能性があるので注意が必要です。ロールオンタイプを使うならば、即効性のあるものを選ぶといいでしょう。

スティックタイプ

固形の制汗剤をリップのように繰り出して使うタイプです。ロールオンタイプと同様コンパクトで携帯に便利です。吸着力もあって、制汗・消臭効果も高めです。ロールオンとクリームのいいとこどりをした人気のタイプです。

クリーム&ジェルタイプ

チューブやジャーに入っていて直接指にとって塗るタイプです。吸着力が高く流れ落ちにくいので、汗やニオイを抑える高い効果が期待できます。

一方で手に取って塗るのが面倒。持ち運びに向いていない。といったデメリットもあります。お出かけ前や寝る前など、自宅にいる時に使うのがおすすめです。

シートタイプ

ニオイはそこまで気にならないけどさっぱりしたい、という時におすすめなのがシートタイプです。持ち運びにも便利でどこでも気軽に使えるのもポイントです。シャボンの香りやフローラルの香りなど香り付きのものが多いので、気分に合わせて選ぶのも楽しいですね。

LDKおすすめの制汗・デオドラント剤10選

次からは、LDKが強力なデオドラント効果のあるアイテムを探して、人気の制汗・デオドラント剤を検証した中から、おすすめの【ワキ用/足用】制汗・デオドラント剤をご紹介していきます。

検証テストでは、「消臭力」と「使用感」(肌への刺激・べたつき・容器の扱いやすさ・塗りやすさなど)2つのポイントをチェックしました。

LDKおすすめワキ用制汗剤・ロールオンタイプ

まず最初にご紹介するのは、コンパクトサイズで持ち運びに便利なワキ用制汗剤ロールオンタイプです。

エージーデオ24 デオドラントロールオンDX(無香料)

資生堂 エージーデオ24 デオドラントロールオンDX 無香料 [医薬部外品]

引用元:the360.life公式リンク

エージーデオ24デオドラントロールEXは、ワキ汗を抑える有効成分と汗を吸着・吸収するWパウダー配合。しっかり汗を抑えて気になる汗染みを防ぐと共に、ニオイの原因となる菌も殺菌してニオイもしっかり抑えます。

また、緊張した時に出るストレス臭を抑える成分も配合、ワキ汗だけでなくストレス臭も抑えます。消臭力はかなり高く、検証テストでも気になる汗のニオイをほぼ無臭化しました。速乾タイプなので、忙しい朝でも塗ってすぐに着替えられるのは便利ですね。

※香りは他に「フローラルブーケの香り」「フレッシュサボンの香り」があります。

ニベア デオドラントアプローチ ロールオン無香料

花王 ニベア NIVEA デオドラント アプローチ ロールオン 無香料[医薬部外品]

引用元:the360.life公式リンク

ワキ汗用制汗剤ロールオンタイプのベストバイに輝いたのは、ニベアのデオドラントアプローチロールオン。制汗成分と殺菌成分Wの力で、汗とニオイをしっかり抑えます。

またアボカドオイル配合の殺菌成分密着ベールが肌に密着して、汗のニオイを長時間抑えます。LDKのテストでも強めの汗のニオイもほぼ無臭に抑えて「消臭力」は満点評価でした。

消臭・殺菌効果だけでなく使い心地も抜群で、小さ目のロールがワキの凸凹にもピッタリ密着!まんべんなくきれいに塗れると高評価でした。パウダーインなので、べたつかず乾いた後はサラサラ状態が長く続きます。

LDKおすすめワキ用制汗剤・スティックタイプ

次にご紹介するのは、持ち運びにも便利で使い勝手もいいと人気の、スティックタイプのワキ汗用制汗剤です。

シービック デオナチュレソフトストーンW【医薬部外品】

シービック デオナチュレ ソフトストーンW[医薬部外品]

引用元:the360.life公式リンク

ワキ汗用スティックタイプのベストバイに選ばれた1つ目は、口コミでも人気の高いシービックのデオナチュレソフトストーンWでした。

汗のニオイを抑える有効成分・焼きミョウバンを微細化したものを配合汗とニオイを強力に防ぎます。また皮脂吸着成分配合で、塗った後はすぐにサラサラ、べたつき・白残りしにくくすぐに服が着られます。直ヌリで密着度が高いので、朝塗って夜まで効果が続くのも嬉しいポイントです。

LDKのテストでも、汗とニオイを完全ブロック。製品の香りが残っていたほど高い消臭力を発揮しました。「使用感」テストでも、やや硬めのバーは滑りが良くて肌への刺激もなく、塗ってすぐに服を着ても薬剤がくっつかないと満点を獲得!「消臭力」「使用感」とも満足のベストバイ制汗剤です。

ニベア デオドラントアプローチスティック

花王 ニベア(NIVEA) デオドラント アプローチ スティック 無香料[医薬部外品]

引用元:the360.life公式リンク

ワキ用スティックタイプのベストバイ2つ目は、ニベアのデオドラントアプローチスティックでした。ニベアはロールオンタイプに続いてのベストバイです!保湿成分アボカドオイル配合でお肌を守りながら汗とニオイをしっかり防ぎます。

肌にすっと馴染んで伸びも良く滑らかな塗り心地はLDKのモニターさんにも好評で、「使用感」は文句なしの満点でした!

「消臭力」テストでも、汗臭だけでなく皮脂の混じった不快なニオイにも高い効果を発揮して、見事ベストバイに輝きました!無香料と書いてあっても薬剤の香りがするものが多い中、完全無香料なのも評価のポイントとなりました。

LDKおすすめワキ用制汗剤・クリーム&ジェル

おすすめワキ汗用制汗剤の最後は、持続効果の高いクリーム&ジェルタイプです。

H・ミッテル デオドラントクリーム【医薬部外品】

 

クラシエ H・ミッテル デオドラントクリーム[医薬部外品]

引用元:the360.life公式リンク

ワキ用制汗剤クリーム&ジェルタイプで高評価を獲得した1つ目は、H・ミッテル デオドラントクリームです。殺菌成分がニオイの元となる菌をしっかり殺菌してワキ汗のニオイを防ぎます。

保湿効果のあるセージエキス・アルテアエキスの2種類のハーブエキスを配合したクリームは、サラッとした感触で伸びも良く、お肌を守りながら汗とニオイを長時間しっかり抑えます。

LDKのテストでも消臭力は文句なし。チューブの先が細くて出しすぎの心配も要らないと高評価でした。ただ、クリームはさらっとしていて伸びはいいものの肌への浸透がしにくく、乾くまで服につかないようにするのに注意が必要ということでした。

メンソレータムリフレア デオドラントジェル【医薬部外品】

ロート製薬 メンソレータムリフレア

 

引用元:the360.life公式リンク

ワキ用制汗剤クリーム&ジェルタイプのベストバイに輝いたのは、メンソレータムリフレアデオドラントジェルでした!リフレアデオドラントジェルは、製薬会社がワキのニオイ対策を本気で考えた制汗剤で、Wの殺菌成分を配合したジェルが隅々まで行き渡って、ニオイの原因となるニオイ菌を徹底殺菌します。

直ヌリタイプのジェルは水の中でもなかなか取れない密着持続処方で、ワキのニオイを24時間しっかりケアします。チューブはドーム型になっていて直接ワキに塗れるので、手を汚さず使えるのも◎。

ジェル状のクリームはさらっとしていて伸びが良く、LDKのテストでも、ムラなく塗れてワキの汗腺をしっかりカバー。また、夜までサラサラ感をキープして「消臭力」「使用感」共に高評価を獲得しました!刺激や薬品の臭いもなく、ほのかなミントの香りが爽やかです。

LDKおすすめ足用制汗剤・クリーム&ジェル

ワキ汗用に続いてご紹介するのは、足用制汗剤です。ムレやすい靴の中でもしっかり足の汗とニオイをケアするアイテムをご紹介していきます。まずは密着度が高く塗りやすさでも人気のクリーム&ジェルタイプから。

デュオナチュレ 足指サラサラクリーム【医薬部外品】

 

シービック デオナチュレ 足指さらさらクリーム[医薬部外品]

引用元:the360.life公式リンク

足用制汗剤クリーム&ジェルタイプで高評価を得た1つ目は、デュオナチュレ足指サラサラクリームです。制汗・殺菌・消臭効果のある焼きミョウバンを配合したクリームが汗とニオイを元から防ぎます。

伸びが良く、サラッとした感触でたっぷり塗ってもべたつきません。直ヌリなのでニオイやすい足指の間や付け根・足裏までしっかり塗れて有効成分が密着。朝塗って夜まで効果が持続します。

LDKの「消臭力」テストでは、高い殺菌・制汗効果で足のニオイ特有の酸っぱいムレ臭を防いで高評価を獲得。ムラなく塗れてべたつかないクリームは、1日中快適さを実感できたと「使用感」も◎でした。

バン 汗ブロック 足用ジェル

ライオン バン(Ban) 汗ブロック 足用ジェル[医薬部外品]

引用元:the360.life公式リンク

足用制汗剤クリーム&ジェルタイプのベストバイに選ばれたのは、バン汗ブロック足用ジェルでした。独自処方の耐水皮膜成分が肌にしっかり密着+ナノイオン制汗成分が汗の出口を塞いでムレの原因となる足汗をしっかりブロックします。加えて、殺菌成分がニオイの原因菌を殺菌・除去、一日中足のニオイをしっかり防ぎます。

粘度の高いジェルは、足指の間や凸凹しているところでも塗りやすく、乾くと肌にしっかり密着。LDKの検証テストでも「汗で流れず長時間効果が続き、足臭特有の酸っぱいニオイもバッチリ防いだ」と専門家からも高評価でした。

ジェルのテクスチャーはネットリ系で、塗っている最中にたれることもなく、程よいスースー感が爽快で「使い心地」も◎。速乾タイプなので忙しい朝でも使いやすいのも嬉しいですね。足ムレ知らずのおすすめ制汗剤です!

LDKおすすめ足用制汗剤・スプレータイプ

最後にご紹介するのは、スプレータイプの足用制汗剤です。スプレータイプは、外出先でもストッキングの上からサッと使えるのが利点です。

オドイータ Missオドイータスプレー

 

小林製薬 オドイーター Missオドイータースプレー

引用元:the360.life公式リンク

LDKがおすすめする足用制汗剤スプレータイプ1つ目は、オドイータのMissオドイータスプレーです。消臭成分+除菌成分配合のスプレーで、消臭成分が、ストッキング・靴下・靴に付着して足元のニオイを長時間消臭、除菌成分が足のニオイ菌を除菌してニオイの発生をしっかり防ぎます。また、吸湿性のあるパウダーを配合していてのムレも抑えます。

LDKのテストでも足のニオイを完全消臭、残ったのは靴下の繊維臭だけでした。スプレーは白くならないので、ストッキングの上からも使えます。使用感はさらっとしていて、爽やかなソープの香りも◎。

ドクター・ショール デオドラントフットスプレー【医薬部外品】

ドクター・ショール デオドラントフットスプレー[医薬部外品]

引用元:the360.life公式リンク

足用制汗剤スプレータイプのベストバイに選ばれたのは、フットケアブランドで有名なドクター・ショールが販売する、ドクター・ショールデオドラントフットスプレーでした。殺菌成分がニオイの原因菌を殺菌、さらっとしたパウダーがムレとニオイを抑えます。

スプレータイプは勢いが良すぎて上手く塗布できないという難点がある中で、ドクター・ショールデオドラントフットスプレーは、噴射の勢いが穏やかで、足の隅々までかけられる点が高評価。ほど良い冷たさも好評でした。

もちろん「消臭力」もバッチリ!足のムレや酸っぱくなりやすいニオイも跡形もなく消えて、一日中サラサラ感をキープしました。ストッキングの上からもサッと使えるおすすめのベストバイ制汗剤です。

制汗剤を使う時の注意点

引用元:Travelbook公式リンク

最後に、制汗剤を使う時の注意点をお話しします。汗やニオイを抑えてくれる制汗・デオドラント剤ですが、使い方を間違えると効果が半減したりさらに状態がひどくなることもありますので、良くチェックしておきましょう。

汗や汚れをしっかり拭いてから塗る

制汗剤を塗る時は、まず汗や汚れをしっかり拭いて清潔なお肌に塗りましょう。汗をかいたまま塗るとしっかり吸着せず効果が薄れてしまいます。

汗を拭く時は濡れたタオルかウェットシートを使いましょう。乾いたタオルは汗をしっかり吸収できない上に、摩擦で肌に刺激を与えて肌荒れの原因になることもあるので注意が必要です。

香り付きには注意が必要

汗やニオイを防ぐために使う制汗・デオドラント剤ですが、香り付きの物を使う場合、体臭や汗臭と混ざってかえってニオイがきつくなってしまうことがあります。強いニオイが気になる場合には、シャボンの香りなど柔らかな香りのものか無香料のものを使うのがおすすめです。

使用した後はきれいに洗い流す

制汗剤やデオドラント剤を使った日は、最後に塗った場所をきれいに洗い流しましょう。きれいに落とさないと肌に残った制汗剤やデオドラント剤が毛穴に詰まってそれがニオイの原因になってしまうことがあります。使用前も使用後もお肌を清潔に保つことが大切です。

まとめ

今回は、LDKおすすめのワキ用/足用制汗・デオドラント剤をご紹介しました。制汗剤と一言で言ってもさまざまなタイプがあるんですね。特徴やメリットデメリットもそれぞれ異なりますので、ご自分の汗やニオイの状態・使うシチュエーション・目的などと合った制汗剤を見つけて、汗臭のお悩みとさよならしてくださいね。

毛穴が無いように見せてくれる、無色のファンデ。期間限定のお得情報♪[PR]
まだ間に合う!お年玉キャンペーン!✨

ABOUTこの記事をかいた人

美容に関することが大好きで、メイクやスキンケアといった外から美しくなる事ももちろん、中からも綺麗になれることを心がけています。薬膳マイスターの資格を持っており、メイクやファションでより美しくなるための綺麗なお身体を作ることにも取り組んでいます。 これからも女性が美しくなれるあらゆる知識を広げながら、読者の皆様に楽しく興味を持って読んでもらえる記事をたくさん書いていきたいと思っています。 どうぞよろしくお願いいたします!