【2021年2月版】LDKが選ぶおすすめマウスウォッシュ10選!

最近は口臭ケアとして、歯磨き粉だけでなくマウスウォッシュを使っている人も多いですよね。でも男性と女性では好みが違うと思いませんか?男性は刺激が強いものやメントール系など、かなりガツンとくるものが好きと言う人が多ですけど、女性は優しい使い心地が好きな人が多いですよね。

そこで今回は、雑誌LDKの編集者が女性目線で選んだマウスウォッシュ10製品をご紹介します。「刺激が少なくてピリピリした痛みを感じないけど、爽快感は続く」使い心地の良さに注目したマウスウォッシュを厳選しましたので、ぜひチェックしてみてくださいね。

サムネイル:Rank Best公式リンク

マウスウォッシュを使う目的

引用元:Domani公式リンク

ドラッグストアに並べられているたくさんの歯磨き粉の側に、同じ位たくさんのマウスウォッシュを見かけますよね。今、歯磨きだけでなく日常的にマウスウォッシュを使っている人が増えています。歯磨きよりも簡単で手軽に口内ケアができると人気ですが、マウスウォッシュにはどのような効果があるのでしょう。

マウスウォッシュは、配合されている成分によって化粧品と医薬部外品に分類されているのを知っていますか?化粧品扱いになっているマウスウォッシュは口臭予防や口内をリフレッシュすることに特化して作られています。

一方、医薬部外品として扱われているマウスウォッシュは、歯垢をつきにくくしたり虫歯菌や歯周病菌を殺菌する薬用成分が含まれていて、口臭予防や口内をリフレッシュさせする他に、虫歯や歯周病予防の効果も期待できます。他にも、歯を白くするホワイトニングが目的のマウスウォッシュもあります。

ただしマウスウォッシュだけでは虫歯や歯周病を完全に防ぐことはできないので、あくまでも歯磨きの補助や一時的な口内ケアという認識で使うようにしましょう。

マウスウォッシュとデンタルリンスの違いは?

液体状の口内ケア製品には、マウスウォッシュの他にやデンタルリンスと表示されているものもありますよね。マウスウォッシュとデンタルリンスは同じものと思っている人もいるかもしれませんが2つは全く別物です。マウスウォッシュとデンタルリンス2つの大きな違いは、すすぐだけかブラッシングをするかです。一般的にマウスウォッシュ=洗口液、デンタルリンス=液体歯磨きと覚えておくといいでしょう。

マウスウォッシュ(洗口液)

【目的】

口内ケアが目的の製品で、口に含んですすいだ後吐き出すだけでOKです。含みうがいをして口内を洗浄することで、食べかすや歯の汚れを落として口臭を予防したり口内を爽快にしたりします。また、薬用成分の配合されているものは、細菌の繁殖を抑えて虫歯や歯周病を予防したり、歯を白くしたりする効果が期待できます。ただし、歯垢など歯にこびりついた汚れを落とすことはできまんので、しっかりと口内ケアをするために歯磨きは必ず行いましょう。

マウスウォッシュを使えば簡単で楽にケアできますが、あまり高頻度で使わないようにしましょう。口内には虫歯菌などの悪い菌の他に常在菌も存在しています。あまり頻繁にマウスウォッシュを使うと必要な菌までなくしてしまって、かえって口内環境を悪くしてしまうことがあります。また、アルコールなど刺激が強い成分が含まれているものでは、口内が荒れてしまう恐れもあるので注意が必要です。

【使い方】

適量を口に含み20~30秒ほどくちゅくちゅと口内をすすいだら吐き出します。液が口内の隅々まで行き渡るようにすすぎましょう。マウスウォッシュで口をすすいだ後は、水ですすぎうがいをする必要はありません。すすぎうがいをしてしまうとマウスウォッシュに含まれている有効成分が流れてしまうからです。

デンタルリンス(液体歯磨き)

【目的】

デンタルリンスは歯磨き粉を液状にしたもので、すすいだ後ブラッシングをすることで効果が出るようになっています。液状なので歯の隙間や奥歯など口内の隅々まで薬液がよく行き渡り、また泡立ちが少ないので口内がよく見えて磨き残しが少ないというメリットがあります。研磨剤を含まないので歯の表面を傷つけることもありません。

【使い方】

適量を口に含み20~30秒ほどくちゅくちゅ口内をすすいだ後、ブラシで歯を磨きます。ブラッシングの後すすぎが必要かは表示に従いましょう。

マウスウォッシュを選ぶポイント

引用元:Travelbook公式リンク

マウスウォッシュはさまざまな種類のものが出ていて、その数の多さにどれを選んでいいのかわからないという方もいるでしょう。マウスウォッシュを選ぶ時には、以下の3点がポイントです。

point1.消臭力

口臭の原因は、緊張や加齢などで唾液が減って口内が乾燥することで起きる生理的口臭、食事やたばこなどによる外的口臭、虫歯や歯周病などが原因の病的口臭があります。これら全ての口臭を消してくれる消臭力があることが大切です。

point2.成分

マウスウォッシュには、アルコールや殺菌剤の成分ですすいだ後口内がピリピリするものもあります。口内を洗浄するためとはいえ、あまりにも刺激の強いものはかえって口の中を荒らしてしまいます。そこで、できるだけ刺激は少なく、消臭効果のある成分のものがおすすめです。

point3.使い心地

お口のケアは毎日続けることが大切です。でも刺激が強すぎたりフレーバーが苦手だったりして続けられなくなったり、無理に使ってケアすることが苦痛になっては意味がありません。そこで、効果や成分同様、使い心地がいいことも大切です。

最近は定番のミント味だけでなく、フルーツ系やフラワー系などさまざまなフレーバーが出ていますので、好みのフレーバーを探してみましょう。失敗するのが心配ならば、携帯用のミニサイズを試しに使ってみるのもおすすめですよ。

LDKが選ぶ女性におすすめのマウスウォッシュ10選

次からは、LDKが女性目線で選んだおすすめのマウスウォッシュ10選をご紹介していきます。「消臭力」「成分」「使い心地」の3点を厳しくチェック!特に「使い心地の良さ」に注目して選んだマウスウォッシュばかりです。では早速見ていきましょう!

10位 ナオキ マウスウォッシュ ロングスピン Cスタイルパック クリアミント[アルコールタイプ]

オキナ:マウスウォッシュ ロングスピン Cスタイルパック クリアミント:マウスウォッシュ

引用元:the360.life公式リンク

10位のナオキマウスウォッシュロングスピンCスタイルパック クリアミントは、個包装になった使いきりタイプのマウスウォッシュです。丁度1回量で携帯にも便利です。アルコールタイプなので開けた時に少しつんとした感じはありますが、低刺激タイプなのですすいだ後のピリピリ感はそれほどありません。

キシリトール配合で口に含んだ瞬間に爽快感が広がるミント味で、LDKの検証ではスッキリとした使い心地が高評価でした。「不快口臭」効果はいま一つですが、「ニンニク臭」「たばこ臭」には効果がありました。

9位 花王 クリアクリーン デンタルリンス ソフトミント[ノンアルコールタイプ]

花王:クリアクリーン デンタルリンス ソフトミント:マウスウォッシュ

 

引用元:the360.life公式リンク

9位の花王クリアクリーンデンタルリンス ソフトミントは、ノンアルコールタイプでピリピリ感はありませんが、薬用殺菌成分PCP配合で殺菌力は強めです。ソフトミントの少し甘めなフレーバーで、お子さんにも使いやすい仕様になっています。消臭効果よりも殺菌効果が高いので、歯磨き後の仕上げすすぎや就寝前に使うのがおすすめです。

※現在パッケージがリニューアルされています。

8位 ジェクス ラクレッシュ[ノンアルコールタイプ]

ジェクス:ラクレッシュ:マウスウォッシュ

引用元:the360.life公式リンク

8位のジェクスラクレッシュは、殺菌成分不使用、口内環境をコントロールする乳酸菌LB020が配合されていて、体に優しくお子さんでも安心して使えるマウスウォッシュです。ノンアルコールタイプですが刺激は強めです。アップルミントのフレーバーが濃いので、消臭効果はばっちりですが味の好みは別れそうです。口コミでも、「殺菌剤を使っていないので安心」「効果が高い」という高評価が多い一方「フレーバーが苦手」という声も多かったので、効果を取るかフレーバを取るかで選択がわかれそうですね。

7位 アルファネット セラブレス オーラルリンス アイスミント[ノンアルコールタイプ]

アルファネット:セラブレス オーラルリンス アイスミント:マウスウォッシュ

引用元:the360.life公式リンク

7位のアルファネットセラブレスオーラルリンスアイスミントは、ノンアルコールタイプですがアイスミントのフレーバーが強めで、すすいだ後舌全体に辛みが残るということでした。強力な消毒剤が配合されていて口臭予防効果は抜群!持続力もありました。

6位 ライオン NONIO マウスウォッシュ クリアハーブミント[アルコールタイプ]

ライオン:NONIO マウスウォッシュ クリアハーブミント:マウスウォッシュ

引用元:the360.life公式リンク

6位のNONIOマウスウォッシュクリアハーブミントは、アルコールタイプですが刺激は少なく、天然ハーブ配合のクリアミントのフレーバーはマイルドで爽やかです。口臭ケアを謳っているだけあって「たばこ臭」の消臭効果は抜群でしたが、持続効果がイマイチでした。殺菌成分配合で虫歯予防効果も期待できます。

5位 ライオン クリニカ クイックウォッシュ[ノンアルコールタイプ]

ライオン:クリニカ クイックウォッシュ:マウスウォッシュ

引用元:the360.life公式リンク

5位のライオンクリニカクイックウォッシュは、殺菌成分未配合、酵素の力で虫歯・口臭を予防する、お口に優しい成分のマウスウォッシュです。すすすぐだけで酵素が歯垢を分解・除去してくれるので、外出先など歯磨きができない時にササッと使えて便利です。

ノンアルコールタイプで刺激も少ないので、お子さんや刺激が苦手な方・妊婦さんなどでも使いやすくておすすめです。消臭テストでは、「不快口臭」にはあまり効果が見られませんでしたが「たばこ臭」「ニンニク臭」には効果がありました。甘みが強いフレーバーなので好みがわかれそうです。

4位 ジョンソン・エンド・ジョンソン 薬用リステリン クールミント[アルコールタイプ]

ジョンソン・エンド・ジョンソン:薬用リステリン クールミント:マウスウォッシュ

引用元:the360.life公式リンク

4位はCMでもおなじみのジョンソン・エンド・ジョンソン「リステリン」シリーズの、薬用リステリンクールミントでした。「消臭力」はかなり高く、「ニンニク臭」「たばこ臭」をしっかり消してくれて「不快口臭」にも効果が見られました。強い殺菌剤が配合されているものの殺菌力は反応なしという結果でした。

テストした10製品の中で、1番刺激が強くスースーするほどの辛さなので、辛いものや刺激強めが好きな方、爽快感が欲しい方におすすめです。消臭効果がかなり高いので、外出先で口をさっぱりさせたい時や食後に最適です。

3位.アース製薬 モンダミン ペパーミント[アルコールタイプ]

アース製薬:モンダミン ペパーミント:マウスウォッシュ

引用元:the360.life公式リンク

3位にランクインしたのは、アース製薬モンダミンペパーミントでした。LDKのテストでは、「アルコールタイプだけどピリピリ感がなく、ミントのフレーバーも少し甘めで使いやすい」また「お口の粘着きもしっかりとって、すすいだ後も爽やかさが持続する」と好評でした。

汚れ洗浄補助成分(TPP)だけでなくイオンコーティング成分(TePP)も配合されていて、まず洗浄成分でお口をしっかり洗浄した後、コーティング成分で歯を覆って汚れの付着をガードするというWの効果で虫歯を予防します。口コミでも「刺激が少なく使いやすい」という声が多く高評でした。

2位.リベルタ デンティス オーラルリンス[アルコールタイプ]

リベルタ:デンティス オーラル リンス:マウスウォッシュ

引用元:the360.life公式リンク

2位に選ばれたのは、海外でも愛用者の多いリベルタデンティスオーラルリンスでした。強い殺菌剤は不使用、9種の植物由来分配合のお口に優しい処方で成分テストは◎。消臭効果も全て◎の高評価でしたが、かなり刺激が強く使い心地が若干評価を落として2位となりました。口コミでもフレーバーについては「かなりスッキリする!」or「辛すぎる」と意見が真っ二つでした。強い刺激が我慢できれば性能面は優秀です!

ベストバイ.第一三共ヘルスケア ブレスラボ マウスウォッシュ シトラスミント[ノンアルコールタイプ]

第一三共ヘルスケア:ブレスラボ マウスウォッシュ (シトラスミント):マウスウォッシュ

引用元:the360.life公式リンク

女性におすすめのマウスウォッシュの「ベストバイ」に選ばれたのは、第一三共ヘルスケアブレスラボマウスウォッシュシトラスミントでした。第一三共ヘルスケアは、LDKが選ぶベストな歯磨き粉部門でもベストバイをとっていますね。

メーカー表示では「口臭の原因菌を殺菌&口臭の原因となる歯周病を予防して、口臭の原因物質を元から取り去る」と謳っていますが、LDKのテストでも、低刺激なのに「ニンニク」「たばこ」「不快臭」どの臭いも全く感じないほど消臭効果が抜群!と専門家の方もびっくりするほどの高成績でした。

加えてミントのフレーバーは「刺激が少なく爽やかで口全体がサッパリ!」「粘着きも押さえて爽快感が長続きする」とモニターの方達も大絶賛!満場一致のベストバイという結果となりました。

LDKが紹介する歯磨き粉もまとめていますのでぜひご覧になってください♪

【2021年1月版】LDKが選ぶ歯磨き粉はコレ!ベストバイと優良製品を厳選紹介!

マウスウォッシュの効果的な使い方

引用元:渋谷ルーブル歯科・矯正歯科公式リンク

・歯磨きと歯磨きの間・歯磨き後の仕上げに

・外出前や外出時に

・妊娠中でつわりがひどいなど、歯磨きができない時に

・就寝前に

マウスウォッシュの効果的な使い方としては、歯磨きと歯磨きの間の時間帯で、お口の粘着きが気になった時などに。サッと使えて口もスッキリするのでおすすめです。また、外出前や外出時、人に会う予定のある時などにお口のエチケットとして使ってもいいでしょう。

妊娠中でつわりのひどい時などは、なかなか歯磨きができないこともあります。そんな時にもマウスウォッシュはおすすめです。辛い時はマウスウォッシュでケアをしておいて、体調が良くなったらしっかり歯磨きをしましょう。

就寝中は唾液の分泌が減るので、菌が繁殖しやすくなっています。歯磨き後に殺菌作用のあるマウスウォッシュで口ををすすいでおけば、就寝中の菌の繁殖を防いでくれるので、虫歯や起きた時の口臭・口の粘着き予防に効果的です。

まとめ

最近は本当にたくさんの種類のマウスウォッシュが出ています。女性向けの物も多く、香水のようなお洒落なボトルの物やポーチやバッグに入れて持ち運びのしやすい物など、デザイン性に凝った物もたくさんあります。

フレーバーも種類が多くて、アップルやピーチなどのフルーツ系やローズの香りなど女性が好きな甘めのフレーバーが充実しています。中には香水のように時間でフレーバーが変化するものもあるそうですよ。「マウスウォッシュは薬臭いし、ピリピリして苦手」の概念を捨てて、使い心地のいいマウスウォッシュで楽しくお口ケアをしましょう!

ABOUTこの記事をかいた人

美容に関することが大好きで、メイクやスキンケアといった外から美しくなる事ももちろん、中からも綺麗になれることを心がけています。薬膳マイスターの資格を持っており、メイクやファションでより美しくなるための綺麗なお身体を作ることにも取り組んでいます。 これからも女性が美しくなれるあらゆる知識を広げながら、読者の皆様に楽しく興味を持って読んでもらえる記事をたくさん書いていきたいと思っています。 どうぞよろしくお願いいたします!