【LDKおすすめ】きれいに白髪染め&ヘアケアできるカラートリートメントを紹介!

最近白髪が気になってきた。でもサロンで毎回染めるのは面倒だしお金もかかる。かといってセルフ染めをするのは不安。そんな方にはカラートリートメントがおすすめです!

「見た目の診断、美容法の購入」を1分でできるアプリ。あなたに合った美容法を提案、そのまま注文。外出せずおうちでプロの美容法や人気コスメを楽しめます!

カラー剤のようなダメージを与えず、普段のトリートメントと同様に使うだけで、白髪がきれいに染まる嬉しいアイテムです。

それでも何を選んでいいのかわからないという方のために、今回はLDKがおすすめする、「傷んだにも優しく、きれいに染まる白髪染め用のカラートリートメント」をご紹介します。「セルフケアしてみたいけどいきなり使うのは不安」という方は、ぜひ参考になさってくださいね。

サムネイル:白髪染め+公式リンク

カラートリートメントとは?白髪染めとの違いは?

引用元:Calon-ginza公式リンク

一般的に白髪を染めるものとしてはカラー剤、いわゆる白髪染めが知られていますよね。白髪染めはキューティクルを開いて髪の内部まで染料剤を浸透させ、黒い髪を脱色してそこに染色します。

しっかり染まって色持ちがいい反面、開いたキューティクルから栄養分が流れ出てしまい、髪がダメージを起こしやすくなるのが難点です。

カラートリートメントは、髪の補正をしながらカラーリングもできる半永久染毛料で、髪の表面をコーティングして染めます。一部の薬剤は髪内部まで浸透しますが、表層面までなので髪へのダメージはありません。トリートメント効果もあってカラー後の髪はツヤやハリが増します。

ただし色持ちが良くないことと、黒髪など濃い色の髪は染まりにくいというデメリットがあります。カラートリートメントのメリットデメリットについては、以降で詳しくお話ししています。

カラートリートメントの種類

引用元:rococo-girl公式リンク

カラートリートメントには、おしゃれ用・白髪染用・カラーバターがあります。それぞれの特徴を以下にご紹介していますので、ご購入時の参考になさってくださいね。

おしゃれ用カラートリートメント

おしゃれ用のカラートリートメントは、ピンクやブルー・アッシュカラーなどカラフルな色が多いのが特徴です。ブリーチした髪は染まりやすいですが、白髪を染めるのには向いていません。

全体的に白髪のある方が、明るめのカラーで目立たなくさせるにはいいのですが、ちらほらとある白髪や生え際の白い部分は上手く染まりません。ブリーチした髪や、サロンでカラーリングした髪の色持ちを良くさせたい方におすすめです。

白髪染用カラートリートメント

白髪染め用のカラートリートメントは、白髪を染めやすい染料が使われていて、おしゃれ用では染まりづらい生え際やちらほらある白髪を染める効果も高いです。

1度で完全には染まらず、3回ほどトリートメントするときれいに染まります。上塗りして色を重ねていく感じですね。カラーはダーク系の落ち着いた色味が多いです。メーカーによって多少色のニュアンスが違うので、サンプルなどでよく確認しておきましょう。

カラーバター

カラートリートメントにはカラーバターというものもあります。カラーバターは硬めのテクスチャーで伸びはイマイチですが、密着度が高く1回の使用ではっきり色が入ります。

カラーバリエーションも豊富で、色を混ぜてオリジナルのカラーを作ることもできます。若者の間でも人気で、部分的なカラーアクセサリーとして使う人が多いです。

カラートリートメントの選び方

引用元:シララボ公式リンク

カラートリートメントは種類も豊富でどれがいいのか迷うことも多いかと思います。そこで、カラートリートメントを選ぶ際に注意しておきたいポイントをまとめてみました。

カラーで選ぶ

カラートリートメントはメーカーや商品によってさまざまな色味があり、白髪染め用ではダークブラウンとライトブラウンが主になります。

ダークブラウンは白髪をしっかり染めてくれますが、色が強いので仕上りは暗めになります。またしっかり色付く反面、新しく生えてきた白髪は目立ちやすくなってしまいます。髪全体を暗めの色にしたい方や白髪が少なめの方におすすめです。

ライトブラウンは、明るい雰囲気に染め上がります。新しく生えてくる白髪は目立ちにくくなるのですが、全体的に染める力は弱くなります。白髪が多く髪全体が明るめの方だと白髪が目立ちにくくなるのでおすすめです。

染料で選ぶ

カラートリートメントに使われている染料は大きく分けて「植物染料」「塩基染料」「HC染料」の3種類あります。

植物染料

天然の植物由来の染料で髪や頭皮に優しいのが特徴です。継続することを考えると髪や頭皮へのダメージが少ないのは嬉しいポイントですね。しかし、色落ちしやすいというデメリットがあります。髪や頭皮に負担をかけたくない方におすすめです。

塩基染料

3つの中では最も色落ちしにくく持続性も高いのですが、カラーバリエーションがあまり多くありません。できるだけ長く色持ちさせたいという方におすすめです。

HC染料

分子の小さい染料で、早く染まるのが特徴です。小さい分子がキューティクルの間を埋めて染色するので、キューティクルを開いて染色するカラー材のように髪を傷めることがありません。短時間でしっかり染めたい方におすすめです。

商品によって1種類だけの物も複数配合されている物もありますので、購入時に成分表をよく確認して、目的に合った物を選びましょう。

成分で選ぶ

カラートリートメントには染料以外にもさまざまなヘアケア成分が配合されていています。成分内容や効果は商品によって異なりますので、ダメージを補修したければ毛髪保護たんぱくやアミノ酸、潤いが欲しければ海藻成分やホホバオイル・椿オイルなど、ご自分のケアしたい成分が配合されている物を選びましょう。

放置時間で選ぶ

カラートリートメントは、塗った後一定時間そのままにしておく必要があります。放置時間は商品によってさまざまで、5分程度から長いと20分の物もあります。入浴中に使うことが多いかと思いますので、体を洗っている間置く位の時間を目安にするといいでしょう。

コスパで選ぶ

カラートリートメントはカラー材と違って一度ではなかなか染まりません。3~5日ほど連続で使用すると色が定着しますが、シャンプーするごとに色落ちしていくので、その後も3日に1回位のペースで継続して使う必要があります。

使用頻度は白髪の量や髪の長さ・髪質によって異なりますが、継続使用することを前提に続けやすい価格の物を選ぶようにしましょう。

カラートリートメントのメリット

・髪が痛みにくい

・髪の補修効果も期待できる

・短時間で手軽に染められる

カラートリートメントは、カラー剤のように髪にダメージを与えないので傷みにくいのがポイントです。またトリートメント成分も配合されているので、染めた髪でもサラサラでツヤやハリのある髪をキープできます。入浴中に簡単にできるお手軽さもポイントです。

カラートリートメントのデメリット

・1回では染まらない

・黒髪を明るくはできない

・シャンプーごとに色落ちする

・色落ちしやすい

カラートリートメントはお手軽な分、カラー剤のように1回でしっかりとは染まりません。また、シャンプーごとに色落ちしていくので、カラーをキープしたい場合には定期的にトリートメントする必要があります。

また、ブリーチのように脱色するわけではないので、黒髪や濃い色味の髪を明るくすることはほとんどできません。汗などで色落ちしやすいので、タオルやまくらなどの色移りにも注意が必要です。

LDKおすすめの白髪がきれいに染まるカラートリートメント5選

次からは雑誌LDKが、自宅で簡単に白髪ケアができるカラートリートメントを検証した結果をご紹介していきます。検証テストでは、「成分」「染まり」「香り」の3項目をチェックしました。

ダメージ&エイジングケアもできる 大島椿 大島椿ヘアカラートリートメント

引用元:the360.life公式リンク

大島椿ヘアカラートリートメントは、椿油で作ったヘアカラートリートメントです。使うほどに少しずつ色合いを与えて徐々に白髪が染まり、自然な髪色にしてくれます。

染料の他に椿油・ツバキセラミド・加水分解シルクの3つの美容成分を配合。椿油が髪1本1本に潤いとツヤを与え、ツバキセラミドが髪のダメージを修復、加水分解シルクがハリとコシをもたらすなど、ダメージケアとエイジングケアもできるカラートリートメントです。

LDKのテストでは、ツヤのある仕上がりですが、白髪が明るくキラッと光ってしまう点が惜しいという結果でした。無香料・無鉱物油・パラベンフリー・ジアミンフリーで髪に優しい「成分」は◎。ツンとした匂いがないのも使いやすいです。

1回でも染まり具合がかなりいい HFCプレステ―ジャパン ウェラトーンヘアカラートリートメント

引用元:the360.life公式リンク

HFCプレステ―ジャパンのウェラトーンヘアカラートリートメントは、サロン発想の処方をベースにウェラ独自の6つのトリートメント成分と輝きエッセンスExを配合。ヘアサロン帰りの髪のようなシルキーなツヤとなめらかさのある美しい髪へと導きます。

カラーは、「ナチュラルブラック」「ダークブラウン」「ウォームブラウン」の日本人の髪色に合う3色展開。ナチュラルブラックとダークブラウンは、ブルー系の染料で黄みや赤みを抑えて透明感のある仕上がりに。ウォームブラウンは、やや赤みを帯びた自然な茶色で、カラーをしている髪に馴染みやすいです。

LDKのテストでは、1回でもかなり染まる程染まり具合は抜群でした。爽やかで優しいフローラルの香りも○。ただし、成分にシリコンやカチオン活性剤が配合されているので、使用後は良く洗い流した方がいいでしょう。

染まりも成分も文句なし アンファー スカルプDボーテヘアカラートリートメント

引用元:the360.life公式リンク

アンファーのスカルプDボーテヘアカラートリートメントは、頭皮ケアブランドで有名なスカルプDから販売されているカラートリートメントです。浸透コラーゲンで深染めするので色が落ちにくく、さらにコーティング成分配合で色持ちの良さを実現しました。

髪と頭皮のことを考えた11種類の天然植物由来成分を配合。ジアミン・パラベン・エタノール・サルフェートフリーで、髪と頭皮をいたわりながら美しく自然な仕上がりに染めあげます。

LDKのテストでは、カラー剤特有のニオイはあるもののツンとくるほどではなく、自然でまとまり感のある仕上がりで、「成分」「染まり」とも◎+評価でした。3つのオーガ二ックオイル配合で染めるたびにツヤ感がアップします!

”トリートメント”の名にふさわしい成分たっぷり DHC DHCプレミアムカラートリートメント

引用元:the360.life公式リンク

DHCプレミアムカラートリートメントは、髪に馴染む色設計で使うたびに深く色づき、美しく自然な髪色へと導きます。さらにカラーフィックス・キューティクルコート成分が色落ちを防いで、染めたての色とツヤを持続させます。

コエンザイムQ10などの豊富な天然由来の美容液成分とうねりケア機能によって、毛髪コンディションを整えて若々しく美しい髪へと導きます。 香りはイランイラン・ゼラニウムといった花々とベルガモットなどのフレッシュ果実のアロマティックな香り。

LDKの検証でも柑橘系の香りが美容院のオーガニックトリートメントのようだと◎+の高評価。ノンシリコン・パラベンフリーで髪に優しい成分も◎。「染まり」テストでも3回目には自然な色に染まって◎+。3つの項目とも高評価の結果となりました!

乾いた髪でもしっかり染まる ロート製薬 50の恵み頭皮いたわりカラートリートメント

引用元:the360.life公式リンク

LDKおすすめカラートリートメントの”ベストバイ”に輝いたのは、ロート製薬の50の恵み頭皮いたわりカラートリートメントでした。

50の恵みカラートリートメントは、シャンプー前の乾いた髪にも使えます。独自処方で配合した染料は1回でもしっかり染まり、また色落ちしにくい成分配合で長時間髪色をキープしてくれるので、1週間に1回のトリートメントでOKです。

LDKの「染まり」テストでは、シャンプーで洗い流すタイプにもかかわらず1回目からしっかり染まり、3回目では元の白髪がわからないほどの自然な仕上がりで◎+。

髪にいい海藻由来成分がたっぷり配合されている他、保湿成分や髪の補修成分も配合されていて「成分」も◎+。ツンとする「香り」もなく◎。ほぼ満点評価のベストバイカラートリートメントです!1週間に1回の使用でいいので、コストパフォーマンスも◎ですね。

カラートリートメントの正しいやり方

引用元:HAIR公式リンク

せっかく成分のいいカラートリートメントを購入しても、トリートメントのやり方が間違っていると十分な効果を得られないこともあります。きれいに染め上げるためにも、正しいトリートメントの方法を覚えておきましょう!

カラートリートメントの正しいやり方

1.シャンプーで洗う

髪の表面に皮脂や整髪料などがついていると上手く染まらないことがあるので、まずは髪をシャンプーで良く洗います。

2.タオルドライ

洗い上がったらタオルでしっかり水気を拭き取ります。そうすることで、色ムラを防ぎます。

3.カラートリートメントを塗布

濡れた手、もしくは手袋をしてトリートメントを取り、根元から髪全体にまんべんなく塗布していきます。髪の付け根や生え際・こめかみなども塗り残しのないようにしっかり塗布しましょう。トリートメントの量が少ないと乾いた時に色ムラになりやすいので、量もたっぷりと。

4.しばらく放置する

しばらくそのまま放置します。放置時間は説明書に記載されている時間に従いましょう。

5.シャワーで洗い流す

シャワーでよく流します。流し残しがあるとタオルや枕に色移りしてしまうのでしっかりと洗い流しましょう。頭皮に残っていると痒みや肌荒れの原因になることもあるので頭皮もしっかり洗い流します。

6.よく乾かす

汚れてもいいタオルで拭いたらドライヤーで乾かします。半乾きだとやはり色移りしやすいので、しっかりと乾かしましょうね。

LDKがオススメするトリートメントやシャンプーをまとめた記事もあるので、ぜひ参考にしてください!

傷んだ髪におすすめの人気トリートメント5選♡

【2020年12月版】LDKが選ぶ!使うだけで髪が生まれ変わるシャンプー

まとめ

年齢と共に現れる体の変化。白髪もその一つですよね。いつまでもきれいな髪でいたいけどカラー剤は髪が痛む。こんなお悩みを解決してくれるのがカラートリートメントです。

また、カラートリートメントは白髪染めをしてくれるだけでなく、使うたびに髪にツヤやハリも与えてくれる優れものです!白髪の気にならない美しい髪になりたい方は、カラートリートメントでセルフヘアケアしてみませんか?

「見た目の診断、美容法の購入」を1分でできるアプリ。あなたに合った美容法を提案、そのまま注文。外出せずおうちでプロの美容法や人気コスメを楽しめます!

ABOUTこの記事をかいた人

美容に関することが大好きで、メイクやスキンケアといった外から美しくなる事ももちろん、中からも綺麗になれることを心がけています。薬膳マイスターの資格を持っており、メイクやファションでより美しくなるための綺麗なお身体を作ることにも取り組んでいます。 これからも女性が美しくなれるあらゆる知識を広げながら、読者の皆様に楽しく興味を持って読んでもらえる記事をたくさん書いていきたいと思っています。 どうぞよろしくお願いいたします!