美容外科医がオススメする小顔整形トップ3

今回は現役美容整形外科医がおすすめする「小顔整形トップ3」ということで東京中央美容外科の塩満先生が実際に現場の声と外科医としえてご自身でもためして効果のあった手術についても紹介してくれています。なぜその手術や施術が効果的なのかまで紹介していますのでぜひ最後までごらんください。

小顔整形トップ3

第3位 エラのボトックス注射

エラが張っていて顔が大きく見えて小顔になりたい!という方はネットやユーチューブでも調べてよく見かけるボトックス注射からスタートする方も少なくはありません。日本人のエラハリの原因は骨ではなく筋肉であることの確率が高く、堅いものが好き、歯ぎしりが普段から多い、食いしばることが多いという原因があげられるそうです。 ボツリヌス菌という毒素を人間にも大丈夫なように弱くしたものを注入することで筋肉が萎縮して1週間ほどで小顔に細くなります。ダウンタイムもかなり少ないものになります

第2位 バッカルファット

誰しもが持っている頬の中にある脂肪ということで、体重の増減には関係のない部位になります。ですがそのバッカルファットがで始めるのが中高年になった時の顔のブルドックのように垂れ下がる頬のお肉になります。加齢と共にバッカルファットが重力と共に下に下がり他の顔の皮膚まで引っ張ってしまうことでブルドック顔の原因になってしまいます。できるだけ早い年齢から、年齢に合わせたバッカルファットの除去がたいせつになってくるそうです。ダウンタイムとしては腫れない方もいるそうですが親知らずを抜いて腫れている状態に近いそうです。

第1位 小顔美肌再生(クリニックにより名称に誤差はありますが通称:糸リフト)

私もかなり気になっているメニューの1つでもあります!顔の真皮とSMASと呼ばれる薄い筋膜の間にこめかみや生え際から糸を挿入し、糸が溶ける過程で徐々にコラーゲン層が癒着層を作り、シフトアップした状態でコラーゲンがくっついてくれるので将来がたるみにくいメリットもあります。コスメでは浸透しきれないコラーゲンを直接肌の下で生成してくれるのはかなり大きなポイントですよね♡

それぞれのお悩み別メニュー

  • 耳下からのエラのハリがきになるのであれば「ボトックス」
  • 口の周りや頬のたるみ、法令線が気になるのであれば「バッカルファット」
  • ↑の二つをやってみてまだお肉がたるんでいる、余っているという方、メスが怖いという方は「糸リフト」がオススメ

おわりに

整形にもいろいろなメニューがあり、初めてはどこから手をつけていいのかわかりませんよね。クリニックによっても名称も値段も変わってきますのでカウンセリングを利用して自分に合うクリニックや施術方法を決めていきましょう♡在宅やマスクでのプチ整形もバレにくいタイミングですが、じっくり検討してから決めていきましょうね。

毛穴が無いように見せてくれる、無色のファンデ。期間限定のお得情報♪
まだ間に合う!お年玉キャンペーン!✨

ABOUTこの記事をかいた人

デパコスからプチプラコスメまで新商品が出る度にチェックするほどコスメ好き。スキンケアに重点を置き、肌質を改善しメイクをする楽しさを世の女性等に知ってもらいたいと思い美容の道を目指す。1年で58kg→45kgへのダイエットも成功しリバウンドもなし!美容師、美容部員、アイリストを経験し好きが生じて現在は自営業。美容店舗のプロデュースをきっかけにマーケティング業界へ。現在は飲食店の売上・事業拡大をのためにSNSや接客の指導も行う。美容店、飲食店、ネットショップ...etcを運営中。現在は海外移住の準備中。