化粧水ってどうやって収納するの?オススメの収納方法を2つご紹介!

「化粧水とかのスキンケア用品はどうやって収納すればいいんだろう?」と悩んでいませんか?スキンケアは日々の生活でかかせないので、手元にあった方が使いやすいですよね。

しかし机などに置いた状態で管理してしまっていませんか?できることなら化粧水などのスキンケア用品も、おしゃれに可愛く見せたいですよね!

そこで本記事では「スキンケア用品を収納する時に大事なこと」と「化粧水などのオススメ収納方法」をご紹介します。

この記事を参考にすることで、収納に困っていた用品がかわいいインテリアに生まれ変わるので、ぜひ最後まで読み進めてくださいね。

また周りの彼女や友人などの中で、化粧水などのスキンケア用品の収納に困っている方がいたら、本記事を参考にプレゼントするのはいかがでしょうか?

トップ画像出典:https://www.spoonhome.com/skincarecosmeticsstorage/

スキンケア用品を収納する時に大事なこと

https://pixabay.com/ja/photos/女性-思考-リンダ-エレガンス-2886764/

化粧水などのスキンケア用品を収納する際に、大切な事を知っておきましょう。基本的な収納方法を理解することで、見せるインテリアにもなります。ぜひ参考にしてくださいね。

化粧水などのスキンケア用品は、立てて保管することです。大きい箱などに横向きにして保存するのは絶対にNGです!現在横向きにして保存している人は、今すぐ立てて保管するようにしましょう。

なぜなら見栄えが悪いですし、日頃使用している化粧水などを横向きにわざわざして取り出すのは時間がかかってしまう場合があるからです。

次は、置き場所です。「どうやって収納しよう?」と悩んでいる方は、置き場所に悩んでいるのではないでしょうか?洗面所にしようか、リビングにしようか迷いますよね。

あなたの普段の生活スタイルを考えてみてください

「いつもどこでメイクをしていますか?」と聞かれた時に、どこなのかをすぐに答えられたらその場所が「スキンケア用品を収納する場所」です

この見出しでお話しした2つの事を見直してから、次の見出しを読み進めていただけたらと思います。

次の見出しからは、洗面所にオススメの収納用品と、リビングにオススメの収納用品をお話しするので、ぜひ参考にしてくださいね!

化粧水などのオススメ収納方法① 360°回転式アクリル収納

この見出しからは化粧水などのスキンケア用品やコスメ用品の収納に便利な商品をご紹介します。

1つ目に紹介する収納ケースは「360°回転式アクリル収納」です。この収納用品は日頃、洗面所でスキンケアやメイクをする人にオススメの商品です。

自分好みにアイテムを並べられるのはもちろんですが、化粧する時は回転させて、普段休みの時は回転させずにスキンケア用品だけ使用するという事ができるからです。

大きい「360°回転式アクリル収納」商品を購入するのであれば、ドライヤーやヘアアイロン、クシやコームなども置けるのでとても便利です。

またアクリル式なので、コスメ用品やスキンケア用品を見せる収納となるので、インテリアとしてもオススメですよ!ぜひ洗面所でメイクなどをする方は、参考にしてくださいね。

次の見出しでは、リビングでスキンケアやメイクをする人にオススメの収納用品を紹介しているので、ぜひ読み進めていってくださいね。

化粧水などのオススメ収納方法②化粧収納BOX

2つ目に紹介する収納ケースは「化粧収納BOX」です。この収納用品は日頃、リビングでスキンケアやメイクをする人にオススメの商品です。

収納BOXに入れて管理しておく事で、どこに何があるのか判断しやすくなりますよ!

オススメの収納方法としては、BOXの奥の方には高さがあるスキンケア用品やコスメ用品を置き、手前側には小さい物を置いていくのがオススメです。

人によっては空いた場所に、アクセサリーなどの小物アイテムを収納する人もいるので、ぜひ真似してみてはいかがでしょうか?

収納BOXに入れるだけで、かなりすっきりとした印象になるので試してみてくださいね。

まとめ

今回は「スキンケア用品を収納する時に大事なこと」と「化粧水などのオススメ収納方法」をご紹介しました。現在あなたはどんな風に化粧水などを収納していますか?

1つの収納商品があるだけで整理整頓しやすくなります。

「今まで一つ一つのアイテムをとってから洗面所を掃除してたけど、BOXにまとめたら一気に掃除しやすくなった!」というのがお分かりいただけるのではないでしょうか?

一気にまとめる事で手に取りやすくなり、インテリアとしても活躍してくれるなら購入してみようかなと思っていただけたら嬉しいです。

彼女や友人へのプレゼントとしてもオススメなので、ぜひ本記事を参考にしてくださいね!最後まで読んでいただき、ありがとうございました。