間違ってない?毛穴を悪化させるケア方法はコレ!

ちまたで話題のさまざまな毛穴ケア方法。いいと思ってやっていたのに、実は余計に毛穴を悪化させていたということがあります。

今回は毛穴を悪化させる間違った毛穴ケアの方法について、また正しいケア方法も併せてご紹介していきます。正しくケアをして毛穴レスなお肌になるためにも、今までのケア方法が間違っていなかったかチェックしてみてくださいね。

サムネイル:earthcare公式リンク

毛穴の種類

引用元:資生公式リンク

毛穴トラブルと言っても、詰まる・開く・黒ずむなどさまざまな症状があります。どのような症状があるのか原因と共に見ていきましょう。

開毛穴

過剰な皮脂分泌によって毛穴が開いてしまった状態です。Tゾーンや小鼻など皮脂分泌が多い部分にできやすいのが特徴です。また開毛穴は、皮脂分泌量の多い10代や脂性肌の方に多く見られます。

白毛穴

古い角質や皮脂・メイク汚れなどが混ざり合って毛穴に詰まった状態です。鼻の周りにできやすく、「角栓」と呼ばれ白くぽつぽつと盛り上がっていて、触るとざらざらしているのが特徴です。

黒毛穴

「いちご鼻」とも言われ、白い角栓をそのまま放っておいた結果、白角栓が化して黒ずんでしまった状態です。黒くぽつぽつしていて、白角栓よりさらに硬く取りにくくなってしまいます。

メラニン毛穴

毛穴が黒ずんで見えますが、角栓の詰まったいちご鼻とは違い触ってもざらざらしていないのが特徴です。炎症を起こした肌を修復しようとメラニンが過剰生成されて、毛穴の周りが色素沈着を起こしてしまうことが原因です。

また、紫外線を浴びることによってメラニンが過剰生成され色素沈着を起すことも、メラニン毛穴の原因となります。

たるみ毛穴

加齢や紫外線のダメージによって、真皮層にあるお肌を支えているコラーゲンやエラスチンが減少し、お肌のハリや弾力が低下してたるむことが原因で発生します。

頬にできやすく楕円形や涙型をしているのが特徴です。さらに進むと毛穴が一連の帯状に繋がってシワのように見えてしまいます。

毛穴を悪化させるケア方法は

引用元:ananweb公式リンク

開毛穴に黒ずみに角栓、毛穴トラブルは放っておくとますますひどくなるので、きちんとケアするべきです。でも、間違ったケアの方法では良くなるどころかさらに悪化させてしまうことも。

毛穴を悪化させないためにも、まずはやってはいけない間違ったケア方法を知っておきましょう。

1.指やピンセットで角栓をしぼり取る

鏡を覗いてぽつぽつと目立つ角栓を見ると取りたくなってしまいますよね。それで、指やピンセットなどを使って無理にしぼり取ったことがある方もいるのではないでしょうか。

しかし、これは絶対にやってはいけないNG行為です!角栓が取れるとぽつぽつがなくなり見た目はきれいになりますが、無理にしぼり取ると毛穴をさらに広げてしまう可能性があります。

そうなれば過剰な皮脂分泌・毛穴詰まりになりやすく、結局状態を悪化させることになってしまいます。ひどくなるとクレーター状に凹んで、戻らなくなってしまうこともあるので注意が必要です。

また、しぼり取る時に皮膚を傷つけると、雑菌が入って炎症を引き起こしてしまったり、色素沈着して黒ずんでしまう危険性もあります。

2.毛穴パックで無理に剥がす

小鼻に貼って剥がすだけで、角栓がごっそり取れると話題の毛穴パック。これも絶対NGなケア方法です。確かに角栓は取れますが、粘着力が高いため皮膚表面の正常な細胞も剥がしてしまい肌表面にダメージを与える危険性があるからです。また、無理やり角栓を取ることで毛穴が開いてしまう可能性もあります。

毛穴パックで角栓が取れてきれいに見えるのは一時のこと。無理に剥がしたダメージで、結局さらに症状は悪化してしまいます。

3.高頻度でピーリングをする

ピーリングは、毛穴のお掃除をしてくれるだけでなく古い角質が剥がれることでお肌のくすみも取ってくれます。また、古い角質が取れることでお肌の新陳代謝が高まるので、毛穴ケアだけでなくくすみやシミ・シワ対策にも効果が期待できます。

しかし、ピーリングは刺激が強いため、高頻度で使用するとお肌にダメージを与えトラブルを起こす原因になってしまいます。

ピーリングや角栓除去に効果的と言われる酵素洗顔など、刺激が強めのお手入れは週1回程度のスペシャルケアとして行うといいですね。

4.スクラブや洗顔ブラシでゴシゴシ洗顔

毛穴の奥の汚れまできれいにしてくれると謳っている、細かい粒子の入ったスクラブ洗顔や洗顔ブラシ。しかし、これらも注意が必要です。粒子の入った洗顔料でお肌を擦ると、毛穴の汚れを取るどころかお肌の表面を傷つけてしまうことがあります。

またスクラブや洗顔ブラシでお肌をゴシゴシ擦ることによる摩擦は、お肌にダメージを与え炎症を引き起こしたり毛穴が開いて皮脂の過剰分泌を引き起こす可能性もあります。さらにはゴシゴシ擦りすぎることによって、硬くごわついた肌質になってしまうことも。

特にお肌の弱い方や敏感肌の方にとっては、摩擦は肌トラブルを引き起こす大きな原因となるので注意しましょう。

5.冷水で引き締め洗顔

冷水洗顔は毛穴の引き締め効果があると言われていますよね。でも冷水洗顔による引き締め効果は一時的なもので、開いた毛穴を完全に引き締めてくれるわけではありません。さらには冷水で冷えたお顔の皮膚は、血行が悪くなってターンオーバーがきちんと行われなくなってしまうこともあります。

ターンオーバーがきちんと行われないお肌は、古い角質が剥がれずにごわついたり、バリア機能が低下して皮脂の過剰分泌を促したり、たるみ毛穴やメラニン毛穴の原因になったりします。

また冷たい水では脂分である皮脂やメイク汚れ・クレンジングが落としきれず、残ってしまう可能性もあります。逆に熱すぎるお湯はお肌に必要な脂分まで取ってしまいます。

洗顔の水は冷たすぎても熱すぎてもお肌に負担がかかります。負担にならずに汚れもしっかり落とすには、人肌程度のぬるま湯が最適です。

6.コットンパッティング

お化粧水を塗る時にコットンでお肌をたたくようにするパッティング。これもお肌にはよくありません。コットンでピタピタとお肌をたたく時に生じる摩擦が、毛穴にダメージを与えてしまいます。

おすすめはコットンパック。ひたひたに化粧水をしみ込ませたコットンを、お顔全体にそっと乗せて5~10分程度そのまま置きます。あまり長い時間したままだとコットンに含ませた化粧水が蒸発して逆に乾燥してしまいますから、コットンパックは長くても10分程度に留めましょうね。

コットンを取ったらお顔を優しくハンドプレスして、化粧水を浸透させてあげましょう。

7.べたつきが気になって乳液クリームを使わない

毛穴トラブルの主な原因は皮脂の過剰分泌です。それなら化粧水だけで乳液やクリームは使わない方がいいのでは、と考えている方もいるかもしれませんね。でもお肌の保湿は化粧水だけでは不十分です。

化粧水の成分はほとんどが水分のなので、たっぷり化粧水を塗っても時間が経つと蒸発してしまいます。そのため、そのまま放っておくとお肌は乾燥してしまいます。

十分保湿してあげるには、化粧水を塗った後、乳液やクリーム重ねてあげるのがポイントです。乳液やクリームの脂分が化粧水の水分と合わさることで、お肌になめらかさとしっとり感を与えます。

また乳液やクリームが蓋代わりとなって、化粧水が蒸発するのを防いでお肌にうるおいをとどめてくれます。

正しい毛穴ケアの方法

引用元:Domani公式リンク

いかがでしたか?間違ったケア方法を行っていませんでしたか?では最後に、毛穴トラブルにおすすめの正しいケア方法をご紹介していきましょう。

1.洗顔前にホットタオルパック

ホットタオルパックは、ピーリングや引き剝がす毛穴パックのようにお肌に負担をかけることなく、毛穴の汚れを取り除きやすくするのでおすすめです。

温めたタオルでお顔を包んで蒸らすことで毛穴が開き、また皮脂も柔らかくなって、毛穴に詰まった汚れが取りやすくなります。

またお肌を温めることで血行が良くなり新陳代謝が活発になると、ターンオーバーのサイクルが整って毛穴トラブル改善の効果が期待できます。

2.酵素洗顔やピーリングは週1回のスペシャルケアで

酵素洗顔やピーリングは刺激が強いというお話をしましたが、全くNGということではありません。角質の主な成分はたんぱく質です。そこで、角質除去にはタンパク質を分解する作用のある酵素洗顔が効果的です。

また、ターンオーパーが正しく行われず、古くなった角質によってお肌がごわついたり毛穴が開いてしまっている場合には、ピーリングで古い角質を除去してあげることで、お肌に柔軟性が出て毛穴が引き締まり、くすみも取れる効果が期待できます。

ただし、効果が高い分肌への刺激も強くなります。そこで酵素洗顔やピーリングは、毛穴の状態とお肌の調子を見ながら週に1度のスペシャルケアとして使うのがおすすめです。

3.クリームタイプのクレンジングで優しくメイクオフ

クレンジングは、オイル・ジェル・クリーム・バーム・ふき取りとさまざまなタイプが出ていますよね。中でも洗浄力が1番高いのがオイルタイプです。しつこいメイク汚れもすっきり落とすことができますが、一方で強すぎる洗浄力のために必要な脂分まで落として、お肌が乾燥してしまうこともあります。

毛穴ケアの基本はお肌を清潔に保つことですが、乾燥にも注意が必要です。必要な脂分や水分まで取ってしまうとお肌は乾燥し、それを補おうとさらに皮脂分泌が過剰になってしまうからです。

そこで、毛穴が気になる場合におすすめのクレンジングは、洗浄力もありながら保湿効果抜群のクリームタイプです。クリームタイプはお肌への摩擦が少ないのもおすすめポイントです。

ただし優しいテクスチャーだからと言ってゴシゴシ洗いは禁物です。お肌に乗せたらマッサージするように優しくメイクとなじませましょう。

また、温感タイプのバームクレンジングも毛穴ケアにおすすめです。温感作用によって暖められたお肌は血行が良くなり、毛穴が開いて中の汚れまで落としやすくしてくれますよ。

4.モコモコに泡立てた洗顔で優しく洗う

汚れやメイクをしっかり落とそうとすると、ついゴシゴシ洗いたくなってしまいますが、摩擦はお肌に大きなダメージを与えます。そこで、洗顔の時のポイントは、とにかく強く擦らないことです。

洗顔料はモコモコになるまでしっかり泡立てて、泡でお顔を包むように優しく優しく洗いましょう。モコモコになった泡がクッション代わりになってお肌にかかる摩擦を軽減してくれますよ。

5.洗顔後はすぐに保湿

洗顔してクリアになったお肌は、汚れと一緒に皮脂膜や天然保湿因子も一時的に流されて、とても乾燥しやすい状態になっています。乾燥状態が長い時間続くと、毛穴をはじめ肌トラブルを起こしやすくなります。そこで、洗顔後は素早く保湿をしてあげることが大切です。

化粧水はお好みの物・お肌に合うもので構いませんが、毛穴のタイプによって特に以下の成分が配合されている化粧水がおすすめです。

・乾燥がひどい場合には、セラミドやヒアルロン酸が配合された物

・たるみ毛穴が気になる場合は、お肌にハリや弾力を与える効果のあるコラーゲンやエラスチン・レチノール・コエンザイムQ10などの配合された物

・開毛穴が気になる場合は、毛穴引き締め効果のある収れん化粧水

・黒ずみが気になる場合は、メラニン抑制効果のあるビタミンC誘導体やフルーツ酸・アミノ酸の配合された物

6.必ず乳液かクリームで蓋をして

「たっぷり保湿をしたのにすぐにお肌がかさついてくる」と言う方は、化粧水の後の乳液やクリームを省いていませんか?

皮脂分泌の多い毛穴トラブルでは、べたつくからとクリームを塗らない方もいるかもしれませんが、化粧水だけのケアではお肌が乾燥し、それを補おうとかえって過剰な皮脂分泌を促してしまいます。

化粧水でたっぷりうるおいを与えてあげた後は、必ず乳液やクリームで蓋をしてうるおいを閉じ込めてあげることをお忘れなく!

紫外線対策も忘れずに

紫外線による毛穴ダメージ

紫外線はシミやシワを作ることで知られていますが、実は毛穴にも紫外線は大敵です。紫外線の中でも波長の長いA波は、肌の奥深くまで届いて真皮層にあるハリ・弾力の元となるコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の生成に関係する繊維芽細胞を破壊します。

ハリやうるおい成分の元を破壊されたお肌は弾力を失って、たるみ毛穴や開毛穴を作ります。さらに、紫外線に当たったお肌は乾燥しやすくなり、お肌の乾燥を補おうと皮脂が過剰分泌することで毛穴を開かせてしまいます。

また紫外線に当たり分泌されたメラニンが排出しきれず毛穴周りに沈着すると、毛穴の黒ずみが起こります。

このように紫外線は毛穴にとってもさまざまなトラブルを引き起こす元となります。特に紫外線A波は、曇りの日でもまた窓ガラスを通して室内にも降りそそいでいるので、一層の注意が必要です。

紫外線対策のポイント

紫外線ダメージはすぐには現れてきませんが、徐々に蓄積されていきます。そこで、毛穴トラブルを防ぐためにも日ごろからの紫外線対策が大切になってきます。

以下に挙げた対策を日々の生活に取り入れて、紫外線ダメージから毛穴を守りましょう!

・日焼け止めまたはUV効果のある下地は毎日塗る

・日焼け止めは1日数回塗り直す

・外出時は帽子や日傘・サングラスなどで日除けをする

・ビタミンA・ビタミンC・ビタミンE・ポリフェノールといった抗酸化作用のある食べ物を積極的に摂るようにする

日焼止めやUV下地は、メイク前はもちろん家にいる時やノーメイクの時も塗るようにしましょう。また重要なのは1日のうちに何度か塗り直しをすることです。朝1回塗ったら塗りっぱなしじゃなく、3時間を目安に塗り直すようにしましょう。

また、外出時は帽子や日傘・サングラスなどで、さらに紫外線対策をしっかり行いましょう。

紫外線を浴びると発生する活性酸素は体のあらゆる部分をサビさせます。体のサビは老化やトラブルの元。たるみ毛穴の原因にもなります。そこで、ビタミンAやビタミンCといった抗酸化作用のある食べ物を積極的に摂るようにして、サビない体を作りましょう。

まとめ

角栓や黒ずみなど気になるけ毛穴を治したくてやっていたことが、実は悪化せていたかもしれないと聞くと、改めて正しいケア方の法を知っておこうと思いますよね。

いろいろな毛穴ケアの方法が紹介されていますが、大切なのは正しい知識を身に付けて正しくケアすることです。

今、毛穴トラブルでお悩みの方もこれから予防をしようと考えている方も、正しいケアでトラブルなくお悩み解決してくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人

美容に関することが大好きで、メイクやスキンケアといった外から美しくなる事ももちろん、中からも綺麗になれることを心がけています。薬膳マイスターの資格を持っており、メイクやファションでより美しくなるための綺麗なお身体を作ることにも取り組んでいます。 これからも女性が美しくなれるあらゆる知識を広げながら、読者の皆様に楽しく興味を持って読んでもらえる記事をたくさん書いていきたいと思っています。 どうぞよろしくお願いいたします!