何故韓国で整形を!?カウンセリング前に用意するものも紹介!

「日本にも整形外科はあるのに、何で韓国なんですか?」と聞かれることがあります。私も韓国で整形をするなんて、想像もしていませんでした。

韓国で整形をする理由や、カウンセリング前に用意していた方がいいものを話していこうと思います。あくまで個人的な考えですので、参考程度にされてください。

何故韓国でも整形を?

初めての整形は日本でしましたが、施術に満足しなかった為、色々と整形について調べていました。韓国で整形されてる方を見つけ、それから韓国整形に興味を持ち、私も思い切って韓国で整形することにしました。

異国の地で整形する日本人がいることに正直驚きました。まさか自分が韓国で整形するとは思ってもいませんでした。
韓国の方が美容整形外科や美容皮膚科が沢山あり、価格もお手頃な病院が多いので、とても魅力的に感じました。同じ施術なのに日本の〇分の一くらいの金額で施術出来たので本当に驚きでした。病院や施術にもよりますが、日本の半額以下の料金で施術できたこともありました。

私は韓国語はほとんど分からない為、不安がありましたが、通訳さんがいるクリニックは多いので安心してカウセリングや施術ができました。ほとんど韓国語が分からない私でも病院の予約から施術まで問題なく大丈夫でした。

これから韓国でカウンセリングを受ける方へのアドバイス

カウンセリングを希望している病院に通訳さんが常駐しているかを確認することが大切かなと思います。調べてみても分からない場合は、LINEなどで直接聞いてみましょう。通訳さんが居ない場合は、自分で通訳さんを雇わないといけません。
また、個人的に私がカウセリングを受ける上で準備しておくといいかなと思うことを箇条書きで書かせていただきます。

理想の写真

こうなりたいという、理想の写真を何枚も用意しておくと先生に伝わりやすいと思います。あるいは、アプリなどで自撮りを理想に近い加工をしておきます。言葉だと細かく伝えるのは難しい部分もあるので理想の写真を用意するのは大切だと思います。私は好みのモデルさんの写真を何枚か用意して、先生にこうなりたいと見せながら説明していました。

コピー機で印刷して持って行ってもいいですし、スマホの画面で写真を見せるだけでもいいと思います。また、こうはなりたくないという写真も持っていくと先生に更に伝わりやすいです。

質問すること

「これ聞くの忘れてた…」「そういえば…」とならないように、先生に聞きたいことを事前にピックアップしておくといいと思います。携帯のメモ機能やメモ用紙に書いておくといいです。病院によって質問の回答が違うと思うので、それも病院選びの1つの材料になります。

質問の例:「感染など炎症した場合はどう対応してくれるか?また、炎症が起こった場合、無料で手術してくれるか?」、「何日間滞在しないといけないか?」、「腫れケアはどういうもの(注射、レーザーなど)で、何日間あるか?」、「(鼻の手術の場合)ギプスは何日間で取れるか?」、「術後通院の必要は何回あるか?」、「カウセ時のオーダーと明らかに違う場合、無料で再手術してくれるか?」、「保証制度はあるか?」など。

調べても分からないことなどを聞くことが大切だと思います。
ある程度自分で手術方法やリスクなどについて調べておくと、質問の範囲が広がっていきますし、先生が話していることが理解しやすくなるので、勉強しておくことをおすすめします。

例えばですが、鼻のカウンセリングの場合であれば、事前に鼻手術に使用する素材や(プロテーゼ、ゴアテックス、PCL素材、寄贈軟骨、肋軟骨、耳介軟骨など)、あらゆる手術方法(耳介軟骨移植、鼻中隔延長など)のメリットデメリットを知っておくと、提案された手術方法に対して更に質問ができ、有意義なカウセリングになると思います。

韓国の病院なら後からLINEなどで質問することは可能ですが、直接聞いた方が詳しく聞けますし、せっかく渡韓したので聞き漏れがないようにすることが大切だと思います。

メモとペン

色々カウセで説明されたり、質問に答えて貰ったりしても情報量が多くて覚えられないことがありますし、何件もカウセ周りをしていると他院の情報と混ざってしまうことがあります。私は何件もカウセリング行って全部を覚えるのは無理だと思いました(笑)できれば、話を聞きながらメモを取ることをお勧めします。念の為、許可を取っておくといいかもしれません。

他に注意することは?

基本的にカウセリングは無料な病院が多いですが、有料の病院もあります。それも確認しておくといいと思います。

また、流れとしては、

【顔の手術の場合】問診票に記入→顔写真撮影→室長さんとのカウセリング→医師とのカウンセリング→室長さんから料金説明。

という流れになり、約1〜1.5時間ほど病院に滞在することが私は多かったです。注射などのプチ整形では順番や内容が変わることがあります。

予約をしていても前の手術が押していたなどで数十分待たされることもあるので、できればカウンセリング後の予定は詰めて入れない方がいいと思います。もし、外せない予定がある場合は、「〇時までに病院を出たい」など事前に病院側に伝えておくのもいいかもしれません。

差し入れやお土産は必要?

必要ないと思います。差し入れやお土産によって対応や手術の成果が変わるというようなことは基本的には有り得ないです。

私は何度もお世話になっていた病院に、差し入れを渡したことはあります。これは本当に気持ち次第だと思います。

まとめ

理想の写真を用意しておくことはとても大切だと思います。しっかり自分の理想を伝えられるようにしておくといいと思います♪質問することをカウセリングの前に用意しておくことで、対応や価格を比較することができるので、病院選びの基準にもなります。韓国の病院のLINEでは、忙しくて返事が遅い病院もあるので、不安な点や分からない点はカウセリングの時に聞いておくといいかもしれません。

お得なクーポンチェックできるiOSアプリダウンロードはこちらから↓