切開法でぱっちり二重に!かかる費用やダウンタイムの期間は?

理想の二重を永続的に作り上げてくれる二重術「切開法」。まぶたの状態によって埋没法が受けられなかった、すぐに元に戻ってしまったという方の場合、切開法を薦められることが多いです。気になるのは、かかる費用やダウンタイム期間ですよね。今回は二重術の切開法について、メリット・デメリットも含み詳しくまとめました。

二重まぶたを作る「切開法」とは

切開法とは、まぶたを切開することにより理想の二重を作る整形手術です。

まぶたが腫れぼったい、皮膚が厚い、伸びているという人は埋没法を施しても二重を維持するのが難しいとされています。しかし切開法なら埋没法が合わない方でも思い通りの二重ラインを作れます。さらに持続効果も埋没法に比べて永続的なのが特長です。埋没法が合わない人だけでなく、永遠に二重でいたい人にも最適な二重術です。

切開法には「全切開」と「部分切開」の2種類があります。理想の二重や自分のまぶたの状態によって合う術法を選びます。

まぶたの皮膚が多く腫れぼったい人や、皮膚のたるみをすっきりさせたい人の場合は、全切開になる可能性が高いです。逆に脂肪が少ない、厚みや腫れぼったさがない人は部分切開になるでしょう。部分切開は切開範囲が少ない分、全切開よりダウンタイムも短くなります。

片目だけ二重でもう片方が一重という人は、片目だけを二重にすることも可能です。両目バランスの良い二重にしたい、という人にも人気のある二重術です。

切開法が向いている人

  • まぶたが腫れぼったい、皮膚が厚い人
  • 永続的な効果がほしい人
  • 平行型の幅広二重にしたい人
  • 華やかでくっきりとした二重にしたい人

切開法が向いていない人

  • ダウンタイムが気になる人
  • 費用を安く抑えたい人
  • メスを入れる手術に抵抗のある人

メリット

  • 理想の二重が永続的にキープできる
  • まぶたの脂肪やたるみも切除できる
  • 生まれつきのように自然な二重になれる

デメリット

  • 埋没法に比べダウンタイムが長い
  • メスで切開する
  • 元に戻せない

切開法の施術の流れ

1.カウンセリング

まずは担当医師とカウンセリングを行います。

まぶたの状態や目の形を確認して、希望する二重のラインに沿ってマークします。どのような二重のラインになるかを、手術前に自分で確認してから手術へと移ります。

切開法は一度行うと半永久的に二重ラインをキープするため、女優さんやモデルさんなど理想の二重の人の写真を持参するなどして、こんな二重になりたいという希望をきちんと伝えておきましょう。

2.麻酔

メスを入れる前にまぶたに局部麻酔を打ちます。多くのクリニックでは極細針の麻酔を使用しているため、針を刺すときの痛みを最小限に抑えられます。

少しチクッとした痛みを感じることもあるかもしれませんが、麻酔をすることによって手術中は痛みを感じません。

3.手術

麻酔を終えたら、手術を開始します。時間は20~50分程度です。

整形する二重ライン上をメスで切開していき、余分な皮膚や脂肪、埋没二重術の糸が残っている場合は取り除いてから傷を縫合します。

4.ダウンタイム

切開法は切開をして傷を糸で縫合するため、腫れはかなり目立ちます。当日から翌日が最も腫れが目立つでしょう。強い腫れは約1週間続くため、可能であれば1週間程お仕事を休むことをおすすめします。

抜糸は術後5日~1週間後です。抜糸後も2週間程度は赤みが目立ちますが、お化粧などでカバーできる程度です。腫れは1ヶ月程度で改善され傷も白い線になり、完全に目立たなくなるのは3~6ヶ月程です。

皮膚を切って縫う手術になる分、メスを使わず抜糸もない埋没法よりもダウンタイムは長くかかります。

5.アフターケア

術後は何度か通院して、まぶたの状態を医師に診てもらいます。

医師やクリニックによっても異なりますが、3~6回程通院することになるでしょう。万が一腫れや痛みが引かないという場合は、早めに担当医師に相談をしましょう。

切開法にかかる費用

切開法の費用は200,000~400,000円が相場です。

メスを入れる手術となり、効果も永続的であるため埋没法よりも費用が高くなります。

まとめ

目にコンプレックスを感じている女性は少なくありません。美しい目元は女性の憧れですよね。

自然に近く、ぱっちりとした二重になれる切開法。ご紹介した内容を参考に、切開法を検討してみてはいかがでしょうか。

ABOUTこの記事をかいた人

これまで化粧品販売員や医療関係のお仕事を通して、多くの女性の美に関してのお手伝いをさせていただいてきました。私自身何より美容を愛しており、プチプラからデパコスまで新発売のコスメは全て試すコスメマニアです。過去に15kg減量したダイエットの経験もあり、食事や生活を基準に内側から作る美容にも力を入れています。 いつまでも美しくいたいと思う女性の皆さまのお力添いになれるような情報を、発信していきたいと思っています!