今なら無料コンテンツ楽しめます!↓

インプラント矯正について解説。デメリットはある?

「歯並びを変えたい!」と願って矯正を検討している方や、矯正をしようか迷っている方に向けて、新しい矯正方法であるインプラント矯正についてご紹介します。

インプラント矯正とはどんな施術内容か、メリット・デメリット、費用などを網羅的にご説明するので歯並びに悩んでいる方の手助けになりますよ。

インプラント矯正とは

インプラント矯正とは従来の矯正とは異なった、新たな矯正方法です。

従来の矯正では奥歯を支柱として歯並びを正すため、矯正したい歯と一緒に奥歯もズレてしまうことや、矯正に年単位で時間が必要といったデメリットがありました。

一方インプラント矯正はあごの骨に埋め込むスクリュー(ネジ)を支柱として矯正するため、歯を動かすことができます。

ほかにも時間の短縮や患者さまの負担軽減など、従来の矯正方法よりもメリットがあります。

インプラント矯正が向いている人

ほとんどの方がインプラント矯正を受けられますが、未成年の方は受けられません。

未成年の場合永久歯が生えそろっていないか、成長段階である可能性が高いです。インプラントはあごの骨に埋め込むため、成長途中であると骨に吸収されてしまう危険性があります。

インプラント矯正のメリット

インプラント矯正によるメリットは矯正期間の短縮、痛みを最小限に抑えられる、抜歯が不要ということが主です。

あごの骨に支柱であるスクリュー(ネジ)を埋め込むことで、何本もの歯を同時に引っ張ることができ、治療機関の短縮に繋がります。あごにスクリュー(ネジ)を埋め込むと聞くと痛いイメージがありますが、実際の治療では痛みはほとんどありません。また1本の埋め込みにかかる時間は5分~10分ほどと簡易的です。

インプラント矯正のデメリット

インプラント矯正のデメリットは治療中にスクリュー部分を清潔に保たないと、炎症が起こる可能性があることです。

そして未成年に限らず心臓病や糖尿病の方も受けられません。

心臓病の方は血液の流れをスムーズにさせる薬を服用しているため、術中に出血が止まりずらくなります。糖尿病の方は自身で血糖値をコントロールしづらいので、免疫力の低下から感染症のリスクがあがるためです。

インプラント矯正のリスク

一番のリスクは支柱として埋め込んだスクリュー(ネジ)がぬけてしまうことです。およそ10~15本のなかで1本の割合です。しかし先ほどご紹介した通り1本埋め込むにあたり10分~15分ほどと簡易的なので、抜け落ちたとしても場所を変えて再埋入できます。

インプラント矯正の施術内容

1.カウンセリング

レントゲンなどの資料をもとに、スクリューの埋入箇所や埋入方向の検討をします。

2.準備

消毒とあわせて少量の麻酔を行います。

スクリューが歯根に近い場合はスクリューを埋め込むときに違和感がありますが、表面の粘膜が痛くない程度の麻酔の量で十分行える施術です。

3.施術

スクリューをあごの骨に埋め込むと聞くと大がかりな手術のようですが、実際は切開などを行わずにアンカースクリューをドライバーで入れていきます。 いわゆる木ネジと同じ要領です。ほとんど出血はしません。

しかしながら抵抗が強くスクリュー破折の危険性がある場合は、ドリルで誘導孔を形成する場合もあります。スクリューを入れる時も抜くときもほとんど痛みはありません

最後にしっかりと植立されたことを確認してから消毒をします。 すぐに矯正力をかける場合とある程度の治癒期間を設けてから矯正力をかける場合があります。

4.施術後

抗生物質や鎮痛剤の処方を行い、清掃などの指導を聞いてください。

途中で動揺や脱落が起きた場合は通院しましょう。

インプラント矯正の費用

費用は上下矯正で100万前後です

代表的な矯正である歯1本1本をワイヤーで引っ張る、ブランケット矯正はおよそ80万なので、ほかの矯正方法と比較すると費用がかかります。

しかしブランケット矯正では期間が2年半~3年かかるところを、インプラント矯正では半分から4分の1に短縮できることが大きなメリットです。

実際にインプラント矯正を行った人の口コミ

良かった声

・矯正と聞くと審美のためというイメージがありますが、歯の噛み合わせによる体への悪影響があると聞いてイメージが変わりました。見た目はもちろん、噛み合わせをよくするための矯正方法として歳を重ねてからでも挑戦できる矯正方法です。

悪かった点

・100万ほどの高額な治療費が一番ネックだったので、なかなかインプラント矯正にふみきることができませんでした。歯は虫歯にならなければ一生ものなので結果的にはよかったです。

この記事のまとめ

インプラントは治療期間が短縮できる、痛みがほとんどない、抜歯が必要ないなどのうれしいメリットがあります。

矯正は子どもだけでなく、大人になってからでも十分に受けられる治療です。鏡を見るたびにうれしくなるような、きれいな歯並びにしてみませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です