ハイドロキノンとは?その効果とおすすめ商品をご紹介

『ハイドロキノン』。聞いたことはあるけどよく分からないという方も多いのでは?『ハイドロキノン』とは2002年から市販薬に配合を許可された成分です。美白に効果的とあって今とても人気な成分の一つです。今回はこの成分が配合されたオススメスキンケアを紹介していきます。ハイドロキノンを上手に活用して美白を目指しましょう!

『ハイドロキノン』とは?

ハイドロキノンは20年以上前から既にアメリカなどでは使用されていた、美白に効果的な成分です。この効果が発見されたのは、1940年皮の工場で発生した『白斑』の原因がハイドロキノンであった為です。ハイドロキノンはヒドロキノンという成分を含有した薬でイチゴ類や紅茶など天然素材にも存在する成分です。高い美白効果が期待でき、シミなどに効果的なことから『肌の漂白剤』とも呼ばれています。また、酵素メラノサイトの活性を抑制する作用・メラニンの産生細胞自体を減少させる作用があります。その為シミやそばかすの予防と減少効果もあるとされています。

副作用はあるのか?

人によりますが副作用を感じる人もいます。副作用としては、肌の赤みや刺激・日光に当たると色素沈着するので使用中はUVケアが必須となります。またハイドロキノンは安定性を保つのが非常に難しく、純度の悪いものや品質が劣化しているものは使用しない様に気を付けなければなりません。

おすすめのハイドロキノン配合スキンケア

ハイドロキンは上の章でも説明しましたが、副作用が出てしまう可能性もあります。使用の際は低濃度の商品から使用することをオススメします。日本では濃度の制限はありませんが、海外では2%の制限が設けられている国もあります。純ハイドロキノンは濃度が高いので、低濃度の安定型のハイドロキノンから挑戦しましょう。また3ヶ月使用して効果が出ない場合は、使用を中止しレーザー治療などを行うことをオススメします。今回は低濃度のハイドロキノン配合クリーム2つと高濃度のハイドロキノン配合クリーム1つを紹介します。

低濃度ハイドロキノン

・手作り化粧品工房BS-C HDスポットクリーム

ハイドロキノン1%配合のクリームです。お手頃の値段で低濃度配合なので、初めて使用する人にはオススメです。夜のスキンケア時何もついていない肌に塗布します。先に保湿等している場合は、綿棒やコットン等で拭き取ってください。またこのブランドは防腐剤を使用せず『生もの』の化粧品を販売しているサイトなので気温が25度以上になる季節は冷蔵庫野菜室にて保管してください。使用期限記載されているので守って使用しましょう。

・株式会社濃厚本舗 純ハイドロキノン2%配合クリーム

酸化に弱いハイドロキノンを独自製法で1年安定した状態で使用できる2%配合のハイドロキノンです。顔全体には使用せず、気になる場所にスポット使いすることで効果を発揮します。顔だけではなく脇や肘・膝にも使用できます。この商品は3ヶ月使用したら1ヶ月半使用を止め、その後肌の状態を見て再開してください。ハイドロキノン製剤には着色されているものが多く、酸化劣化の状態がわかりません。しかしこの商品は白色で劣化が直ぐ分かる様になっています。3ヶ月たっぷり使える大容量なので初めて使う方にオススメです!

高濃度ハイドロキノン

・純 ハイドロキノン5%配合 ランテルノ ホワイトHQクリーム

日本製の5%配合のハイドロキノンです。ハイドロキノン以外の成分にもこだわりがあり、ビタミンA誘導代・ビタミンC誘導代・ヒト型セラミドなど12種類の成分を配合しています。こちらの商品も顔全体に使用せずにスポットで使用します。通販サイトで大人気の商品で、他の商品より配合率が多いので低濃度ハイドロキノンで問題がなく使用でき物足りなくなったら使用するのがいいと思います。強い意志があり、高濃度商品が気になる初心者の方には日本製なので安心して使用いただけると思います。こちらの商品は、3〜6ヶ月継続的に使用することをオススメしています。3年間は常温で保管できますが、品質を保つには冷蔵保存をオススメします。

まとめ

今回は2%と5%のハイドロキノンクリームを紹介しました。この他にも国産商品で10%などのものもあるので、高濃度商品を試してみたい方は挑戦してみてください。ハイドロキノンは美白にとても効果がありますが、副作用を感じられる方も多いです。こちらの副作用の章や商品ページの副作用の欄をしっかり守り効果的に使用してください。最近はコロナの影響もあって、外出を制限していたりクリニックにいけない方も多いと思います。シミやそばかすは顔の中でもとても気になる症状だと思うので。これを期に1度お試ししてみるのもいいと思います。海外だともっと高濃度なものも販売されているので、国内製品を使用してもう少し濃度を上げたいと思ったら挑戦するのもオススメです!