トレチノイン酸とハイドロキノンの効果は?費用やメリット・デメリットを徹底解説

セルフケアでシミやシワを改善できる、トレチノイン酸とハイドロキノン。アレルギーなどの副作用もなく気軽に始められるセルフケアです。簡単ケアで潤いのある若々しい肌が手に入れば、嬉しいですよね。今回は具体的な効果やかかる費用、メリット・デメリットなどを詳しくまとめました。

トレチノイン酸・ハイドロキノンとは

トレチノイン酸はビタミンAの誘導体で、ビタミンAの50~100倍の生理活性を有しています。米国ではシワやニキビの治療医薬品としてFDA(アメリカ食品医薬品局)にも認可されており、皮膚の若返り薬としてメジャーです。

皮膚の角質を剥がしてターンオーバーを活性させる働きがあります。さらには皮膚の分泌を抑えて潤いを与え、シミやシワ、ニキビへの効果が期待できます。またトレチノインは元々血液中に少量流れているため、アレルギーを起こす心配もありません。

一方ハイドロキノンは、シミの原因であるメラニン色素を作らせなくする漂白剤です。シミの治療としては、トレチノイン酸でメラニン色素を外に押し出し、ハイドロキノンで新しいメラニン色素を作るのを防ぐのが効果的です。ハイドロキノン単体ではなく、トレチノイン酸と併用して使うことがおすすめです。

トレチノイン酸・ハイドロキノンに向いている人

  • シミ・そばかす・肝斑が気になる人
  • シワをなくしたい人
  • ニキビやニキビ跡の症状を改善したい人
  • 費用を安く抑えたい人

トレチノイン酸・ハイドロキノンに向いていない人

  • 即効性を求める人
  • 妊娠中・妊娠予定の人(トレチノインが胎児への奇形のリスクを高めるため)
  • 敏感肌の人

メリット

  • セルフケアでシミやシワにアプローチできる
  • アレルギー反応が出ない
  • 費用を安く抑えられる
  • ダウンタイムがない

デメリット

  • 効果が出るまでに時間がかかる
  • 肌が弱い人やすでに炎症がひどい場合は使えない
  • 紫外線の影響を受けやすくなる(トレチノイン酸使用時)

トレチノイン酸・ハイドロキノンを使う手順

1.ビタミンC誘導体ローションを塗布

トレチノイン酸とハイドロキノンを塗布する前に、ビタミンC誘導体ローションを塗ります。

塗り方は洗顔後に手で顔全体に塗るだけでOKです。その後トレチノイン酸を塗る前にある程度乾燥させます。

必須工程ではないのですが、併用して使うことで美白効果も得られるため、併せて使う方が多いです。一緒にクリニックで販売されていることがほとんどですが、価格が高い場合もあり市販されているものでも問題ありません。使うかどうかは担当医師と相談して決めましょう。

2.トレチノインを塗布

ハイドロキノンの前に、トレチノイン酸を塗布します。

幼児用の小さい綿棒などを使って少量を取り、幹部にピンポイントで塗っていきます。範囲を少なめに薄く塗ることがポイントです。

2~3分程度で乾燥してくるので、その後10~15分そのままにして皮膚にトレチノイン酸が浸透するのを待ちます。

3.ハイドロキノンを塗布

次にハイドロキノンをトレチノイン酸よりも広範囲に塗ります。

あまり白くならない程度の量を塗りましょう。この際トレチノイン酸を塗っていない部分から内側に向けて塗り始めます。外側から始めるとトレチノイン酸を周囲に広げてしまうためです。トレチノイン酸は古い皮膚を落とす治療になるため、患部以外に塗布すると皮が剥けてしまいます。内側から塗るよう気を付けましょう。

4.保湿剤と日焼け止めを塗る

全ての工程が終わり1時間程経過したら、保湿剤と日焼け止めを塗ります。

トレチノイン酸とハイドロキノンを塗った後は皮膚が炎症を起こしているため、皮膚に優しい紫外線吸収剤不使用の日焼け止めクリームを使いましょう。飲む日焼け止めを併用すると、より効果が期待できます。

5.通院

クリニックや医師によっても異なりますが、治療を開始したら約1週間後に経過を見るため診察を行う場合がほとんどです。

その後は2週間~1ヵ月に1回程度診察を行います。薬の効き方は個人差があるため、反応を見ながら治療をしていくためです。定期的に診察が受けられる時期に使用開始することをおすすめします。

治療開始1か月半程度はトレチノイン酸とハイドロキノンを併用して使いますが、その後はハイドロキノン単体で使うことになります。2~3ヵ月が1クールと考えてください。1クールが終わると一度1ヵ月程度治療を中止して、その後また再開するというサイクルを繰り返すことになります。

トレチノイン酸・ハイドロキノンにかかる費用

ハイドロキノンは2,000~4,000円、トレチノイン酸は3,000~5,000円が相場です。ちなみにビタミンC誘導体ローションは5,000円前後で購入できるものがほとんどですね。

レーザー治療などと違って即効性はないものの、費用は半分以下に抑えられてダウンタイムもないため手軽に始められる治療です。

まとめ

一度できてしまったシミやシワは高い費用をかけないと改善できないのでは、そう思っている方も多いと思います。

トレチノイン酸とハイドロキノンなら、費用を抑えセルフケアで気になる肌の悩みを改善し、潤いのある若々しい肌を目指せます。気になる方はぜひ、始めてみてはいかがでしょうか。

 

mira(ミラ)アプリでは、AIが一枚の写真からたった5秒で、顔のパーツのバランス・形・大きさの特徴量をもとに、顔タイプを判定。あなたのための美容法を導き出します。

🎁アンケートはこちら🎁

無料で診断♪ マイカルテを作成

無料でLINEで相談♪

 

ABOUTこの記事をかいた人

これまで化粧品販売員や医療関係のお仕事を通して、多くの女性の美に関してのお手伝いをさせていただいてきました。私自身何より美容を愛しており、プチプラからデパコスまで新発売のコスメは全て試すコスメマニアです。過去に15kg減量したダイエットの経験もあり、食事や生活を基準に内側から作る美容にも力を入れています。 いつまでも美しくいたいと思う女性の皆さまのお力添いになれるような情報を、発信していきたいと思っています!