末広二重と平行二重は何が違う?それぞれに合うメイク方法とは?

二重に憧れる女性は多いですが、二重にも種類があることをご存じでしたか?末広二重と平行二重はそれぞれ特徴があり、どちらが似合うかは人によって異なります。具体的な特徴とおすすめのメイク方法をみていきましょう。整形を考えている人に向けて、整形方法についてもご紹介します。

末広二重と平行二重とは

二重には末広二重と平行二重の2種類があります。末広二重とは蒙古襞に二重のラインが入り込んで目頭側の二重ラインが隠れている二重のことで、平行二重は蒙古襞がなく目頭側まで二重のラインがはっきりしているものです。蒙古襞とは目頭部分を覆っている上まぶたの襞を指しています。

日本人に多い二重は末広二重で、平行二重は欧米人によく見られます。日本人には末広二重が似合うことが一般的であり、誰からも好かれる柔らかな印象を与えられます。一方の平行二重は目が大きく見えるので華やかな印象となります。

二重にする整形方法は2種類あり!

二重になると顔の印象が大きく変わるため、整形を検討している人も多いのではないでしょうか。二重にする整形方法は大きくわけて2種類あります。それぞれの整形方法をご紹介します。

埋没法

埋没法は切らない施術と言われており、メスは使いません。糸を使用してまぶたの皮膚を内側から留める方法で施術します。切らずに済み傷が見えないので、手軽な施術として人気を集めています。留める糸の数はまぶたの厚さや脂肪の量によって異なり、1~4点が一般的です。

手術にかかる時間は10分ほどで、個人差はあるものの切らないため腫れはわずかでしょう。局部麻酔をするので手術中の痛みはほとんどありません。メイクは2日後から可能です。

切開法

切開法はまぶたの皮膚を切開して縫合し二重を作る施術です。二重のラインをしっかり作ることができ、効果は半永久的なので埋没法では二重を作ることが難しい人に適しています。腫れぼったい目でもすっきりとした目元にすることが可能です。

手術にかかる時間は30分ほどです。切開するため術後1~2週間は腫れる可能性があります。埋没法と同様に、局部麻酔をするので手術中に痛みを感じることはほとんどありません。腫れが引くまでメイクはできないため、1週間ほどメイクを我慢してくださいね。

おすすめのメイク方法について

同じ二重でも末広二重と平行二重は似合うメイクが異なります。二重幅の特徴を生かしたメイクをするのがポイントであり、工夫次第で目元がとてもきれいに見えるのです。それぞれにおすすめのメイク方法をみていきましょう。

末広二重

末広二重は平行二重に比べて二重幅の印象が弱いです。そのため二重幅を意識したメイクをすると良いでしょう。アイシャドウはナチュラルな色を選んで二重のラインが隠れないようにし、黒目の上から目尻にかけてグラデーションで色をつけます。黒目の上から目尻にかけてナチュラルな色をつけることで、二重ラインが映えます。

アイラインは細めに描いて、二重のラインを潰さないように気をつけましょう。アイラインを太く引いてしまうと二重幅が潰れて目が小さく見えてしまいます。目頭からではなく、黒目の上から目尻に向けて線を少しずつ太くするように描くと末広二重が映えますよ。

マスカラに関してもアイシャドウのときと同様に、目頭よりも黒目の上から目尻にかけて塗るよう意識してください。ビューラーでまつげを優しくカールさせると目がよりぱっちりして見えます。

平行二重

平行二重はぱっちりした目元を活かすメイクがおすすめです。アイシャドウはグラデーションよりも単色を使う方が目が映えます。グラデーションにすると目がくぼんで見え、せっかくの二重が映えません。

アイラインは目頭から目尻まで細めの線を引きましょう。太く引くと大きな目が小さく見えてしまうのです。末広二重とは違い、目頭から線を引くのがポイントとなります。マスカラはつけ過ぎないように注意してください。

平行二重は元々目がぱっちりしているので、まつげを思い切り上げてしまうとケバく見えます。ビューラーで根元からまつげを上げたら軽くマスカラをつける程度に抑えましょう。

自分に合う二重でメイクを楽しんで!

末広二重と平行二重にはそれぞれ魅力があります。末広二重は日本人に似合う二重で可愛らしさがあり、ナチュラルメイクを好む人に向いています。平行二重は欧米人に多い二重で華やかさがあるため、メイク次第ではハーフに見せることができるでしょう。

ぱっちりした目を強調したい人やアイメイクをしっかりしたい人に向いています。どちらの二重が似合うかは人それぞれなので、二重の整形を考えている場合は医師に相談することをおすすめします。

自分に合う二重を手に入れられればメイクも楽しくなるでしょう。末広二重は二重幅を意識したメイク方法、平行二重は目元を活かすメイク方法が最適です。メイクの研究をしつつ、自分に合う二重でメイクを楽しんでくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人

石油系界面活性剤や合成防腐剤が入っていない化粧品を選ぶように意識しています。「余計なものは塗らない」がモットーなので、スキンケアもシンプルに。ワセリンが大好きです。 肌本来の働きを維持できるよう、高い基礎化粧品に頼るのではなく質の高い睡眠・バランスのよい食事・適度な運動を心がけています。 健康なお肌と髪を保つためには美容に関する正しい知識を持つことが大切です。間違った情報に振り回されないように、正しい知識を身につけていきましょう。