今更聞けないハイライトの正しい入れ方&使い方!

この記事ではハイライトの正しい入れ方、使い方とおすすめのハイライトを紹介していきます♡ハイライトは気になる部分を隠したり顔の立体感を出すメイクに欠かせないマストアイテムですが、「正しい入れ方がわからない」「おすすめのハイライトが知りたい」こんな人も多いと思います。この記事を参考にして、美肌女子を目指しましょう!

ハイライトはどんな効果があるの?

ハイライトを使用している人もそうでない人も効果がイマイチわからないという人がたくさんいると思うので解説していきます♡

1.透明感、立体感を出す

部分的にハイライトを入れることによって顔に凸凹を作り、立体感のある顔に仕上げることができます。ほかにもシミやそばかすなど隠したい部分を隠すことができるので、透明感のある肌を演出できます。

2.肌が明るく見える

ハイライトは基本的に色が明るいので、肌を明るく見せて印象を変えることができます。明るい部分と暗い部分を分けることで小顔に見せれる効果も!

3.ツヤ、潤い感が増す

クリームタイプのハイライトを使えばみずみずしい潤い感も演出。潤いのあるツヤ肌で清潔感が増します。

ハイライトの種類とタイプ別の特徴

ハイライトは大きく分けて4タイプに分かれます。それぞれ使い道や効果が違うので、ハイライトを入れる時の参考にしてみてください♡

・パウダータイプ

よく使われるオーソドックスなパウダータイプはマット感を出したい時におすすめ。指、もしくはブラシを使用して使います。広範囲に入れることができてふわっと自然に仕上がるので、ハイライト初心者にもおすすめのタイプです。

・クリームタイプ

パウダータイプとは違い、潤いとツヤを出したい時はクリームタイプをおすすめします。固形のものと液体があります。保湿力と肌への密着感がありしっとり肌を演出。化粧の下地に使えるのも魅力です。

・リキッドタイプ

リキッドタイプのハイライトはクリームタイプと似ていてツヤ感を出したい時に使います。液体状でクリームタイプより伸びがいいのが特徴。ファンデーションと混ぜたり化粧の下地にも使える優れもの。下地と混ぜて使えば肌を明るく見せることができますよ。

・スティックタイプ

自然なツヤ、立体感を出したい時はスティックタイプのハイライトで決まりです。内側から透明感のある明るい肌に見せることができます。スティックなので塗りやすく持ち運びも便利。比較的初心者にも優しいハイライトですね。

ハイライトの色選びのポイント

ハイライトは入れる色で印象がガラリと変わってきます。それぞれの色の特徴と仕上がりイメージを理解して、自分の肌に合う色選びをしましょう♡

・ピンク、ベージュ系

血色が悪い時や顔色をよく見せたい時はピンクやベージュ系のハイライトを使います。明るい印象を演出でき、ナチュラル美肌に仕上げることができます。濃いベージュは逆にくすんで見えてしまうので、使用する時は要注意!

・ラベンダー、パープル系

ラベンダー、パープル系の色は目周りのくすみやクマが気になる時に使いましょう。くすみを飛ばして、明るく透明感のある肌を演出してくれますよ。

・ゴールド、パール系

ラメ感が強くゴージャスな印象を与えてくれるゴールド系のハイライトは、結婚式やパーティーなどドレスを着るシーンで活躍。華やかさを出してくれます。地黒や日焼け女子にも相性ピッタリの色ですよ。

・イエロー系

ナチュラルな仕上がりと立体感、顔色をキレイに見せれるのがイエロー系ハイライトの特徴です。日本人の肌色に近く馴染みやすいので初心者向けの色です。赤ニキビを隠したい時にもおすすめできますよ。

・ホワイト系

顔の立体感重視ならホワイト系のハイライトです。凸凹感を増し、小顔に見せる効果があります。どの肌色にも合うのが特徴なので、一番よく使われている色です。

ハイライトを入れる部分は全部で6箇所

ハイライトを入れるべき箇所は全部で6箇所!顔の輪郭によっても変わってきますが、ここでは基本的な入れ方をレクチャーしていきます♡

・おでこ

おでこの真ん中にピンポイントにハイライトを入れます。おでこを高く見せることで顔の立体感を作ります。広範囲に入れてしまうと膨張して立体感がなくなるので注意しながら入れていきましょう。

・目頭

目頭に少しだけハイライトを入れるとキラキラして目元の印象が変わります。また、切れ込みを入れるようにハイライトを仕込むと外人のようなキリっとした目元を演出できます。

・目の下

目の下、頬骨の高い部分にハイライトを入れればふっくらとした明るい目元を演出彫りの深い顔立ちに近づけます。シミやそばかすが多い部分でもあるので、隠すためにも目の下のハイライトは必須ですよ。

・鼻のくぼみ

おでこの下から鼻のくぼみまでのTゾーンは、鼻の頭に向かって細くハイライトを入れることで鼻筋を高くし、より立体的な顔を演出。鼻先まで入れてしまうと鼻が長く見えるので途中で止めることを意識しましょう。

・口元

口元と唇の山にひと手間加えることで、くすみがちな口元を明るく見せることができます。特に唇の山は女子がほしいぷっくりリップを演出してくれますよ。

・あご先

あご先に少し入れるハイライトがかなり重要で、シャープなあごになり小顔を強調おでこを高くしてあごを引き締めることで顔の立体感が演出されます。セットで入れるようにしましょう。

ハイライトを入れる時の3つの注意点

顔の立体感や明るさ、ツヤを出してくれるハイライトですが、使い方や色選びを間違えるとせっかくの効果が台無しに…。理想のメイクに仕上げるために注意点を説明しておきます!

・顔の輪郭で入れ方を変える

ハイライトを入れる部分で少し触れたように、顔の輪郭や凹凸は人それぞれで全ての人に同じやり方が当てはまるわけではありません。自分の顔の輪郭を理解してハイライトを入れていきましょう。

・自分の肌色やシーンに合う色選び

色選びは非常に重要です。自分に肌に合わない色やシーンに適していないと浮いてせっかくの努力が無駄になってしまうことも…。上記で説明した色選びを参考にしてみてください。

・入れるべきポイント以外で使用しない

とにかくハイライトを入れればいい、というわけではありません。入れるポイントを理解して、立体感のある顔を演出します。また、塗り過ぎも顔が不自然になるので絶対にNG!少量から少しずつつ塗っていくことを意識しましょう。

・ハイライトを入れる順番と確認

ハイライトをそのまま使ったり下地として使ったり用途も色々あります。間違った使い方をすると効果を発揮できないので、正しい使い方と順番で使うようにしましょう。また、ハイライトが上手に入ってるか確認する時は、鏡よりも光を集めてくれるスマホのインカメがおすすめですよ。

おすすめハイライト5選

デパコスからプチプラまで、おすすめのハイライトをピックアップしてみました。ハイライト選びの参考にしてみてください♡

・セザンヌ パールグロウハイライト

パールでゴージャス感を引き立てるセザンヌの『パールグロウハイライト』。みずっぽくツヤ感も演出してくれます。ラメ感も強いので、目元に乗せるとくすみやクマを隠して明るい印象を与えます。美容保湿成分も配合されているので肌に優しいのも魅力的です♡

タイプ カラー
パウダー シャンパンベージュ、ロゼベージュ、オーロラミント

・クリオ プリズムエアハイライター

微細パール粒子で上品な肌に仕上げてくれるのがクリオの『プリズムエアハイライター』です。しっとりした塗り心地で肌の密着感も抜群。クリアな透明感を演出してくれます。

タイプ カラー
パウダー ゴールドシアー、フェアリーピンク、ゴールデンタイム、ピンクスパークリンク

・ETUDE (エチュード) フェイスシャインハイライト

ETUDE (エチュード)の『フェイスシャインハイライト』も微細パール粒子を使用したツヤ肌を演出してくれるハイライト。パール感が控えめなのでナチュラルに仕上げたい初心者向けのハイライトです。シェーディングと併用すれば立体感がさらにアップします♡

 

タイプ カラー
パウダー シャイングリマー、スターライト、ビームフラッシュ

・マック ミネラライズ スキンフィニッシュ

かっこいいメイクでお馴染みのマックから販売されている『ミネラライズ スキンフィニッシュ』は自然な立体感を演出し、肌をワントーン明るく見せてくれます。くすみが気になる人やオイリー肌にもおすすめできる優秀なハイライトです♡

タイプ カラー
パウダー ライトスカペード、ソフトアンドジェントル、ゴールドディポジット、スターワンダー、アースシャイン

・ケイト スリムクリエイトパウダー

ケイトの『スリムクリエイトパウダー』は多くのハイライトユーザーが使用している人気ハイライトの1つ。ハイライトとシェーディングがセットになっています。またどんな肌にも合わせられる色なので初心者にかなりおすすめのアイテム。大きめのブラシがセットで付いているのも嬉しいですね♡

タイプ カラー
パウダー ナチュラルタイプ、ミディアムタイプ
ケイト スリムクリエイトパウダーN EX-1(3.8g)【KATE(ケイト)】[ケイト ハイライト シェーディング]

まとめ

今回はハイライトの正しい入れ方使い方や選び方のポイント、おすすめのハイライトをいくつかピックアップして紹介していきました♡いかがでしたか?

普段のメイクにハイライトを加えるだけで顔の印象を変えることができ、ツヤのある小顔を演出することができます。色も様々でシーン別に見せ方を変えることができるのもハイライトの魅力。ハイライトを使ってない人はこの記事を参考にして是非試してみてくださいね♡ハイライトを既に使っている人も、入れ方や色選びのポイントをもう一度おさらいしておきましょう。

別の記事でもハイライトについて詳しく解説しているので、併せて読んでみてください♡

【メイクさんに学ぶ】自然に盛れるベースメイクテクニック&おすすめ商品!【仕込みハイライト編】